3日間のファスティングでマイナス5キロも夢じゃない!正しい断食でスリムボディに

3日間のファスティング

3日間で体重がマイナス5キロ減!こんな夢のような話があるのかと疑ってしまいますよね。

何かの怪しい勧誘のようにも思えます。

しかし、今流行りの「ファスティング」がこの劇的な減量を実現してくれるのです。

とは言っても、3日間のファスティングって何から始めればいいの?という方のために、その方法とファスティングにおける注意点を紹介します!

ファスティングをすることによって得られる効果や、メリット・デメリットにも注目です。

ファスティング法なら3日間で結果が見える!

短期間で体重を大幅に減らしたい!これは誰もが望むことです。

健康的に減量できるに越したことはないですよね。

ダイエットがなかなか長続きしないという方に、ぜひ試していただきたいダイエット法が3日間のファスティングです!

今さら聞けない?ファスティングとは

今さらですが、ファスティングとはいったい何?という方に説明したいと思います。

ファスティングとは、いわゆる断食のことで、もともとは宗教的な文化です。

ある宗教では、水さえも飲んではいけないという断食の文化もあります。

水分も摂れないとなると、健康面での問題が起きそうですが、ここで紹介するファスティング方法はそんな過酷なことはしないのでご安心ください!

超短期間でマイナス5キロも夢じゃない

実際ファスティングをした場合、短期間でどのくらいの減量が可能なのでしょうか?

個人差はありますが、3日間の断食でマイナス5キロも夢ではありません!

3日間固形物を口にしないわけですから、みるみるうちに体重が落ちることが予想されます。

マイナス5キロのファスティングを成功させるためには

やるとなったら絶対に成功させてマイナス5キロを狙いたいですよね!

正しいファスティング方法を学んで実践しましょう。

正しいファスティングの方法知っていますか?

そもそもファスティングを始めるにあたって正しい断食方法を知っていますか?

「ただ食べなければいいんでしょ?」という考えはもってのほかです!

ファスティングには大事な手順があるので、方法を間違えないように気を付けましょう。

スケジュール管理を徹底する

3日間でマイナス5キロを実現するには、スケジュール管理を徹底する必要があります。

そのためには正しいスケジュールを組むことが重要です。

ファスティングに不可欠なのは事前準備

ファスティングをするにあたって一番大事なのは「事前準備」です!

事前準備なしにはファスティングはできないといっても過言ではないです。

前日まで味の濃いものや高カロリーのものを食べていたのに次の日から急に断食をするのは無理がありますよね。

3日間食事を抜くとなったら、準備期間と回復期間を設定する必要があります。

3日間の断食期間を考慮したスケジュール

以下の表をご覧ください。

3日間の断食期間に対して、2日間ずつの準備期間が設定されています。

準備食としては、身体によい健康的な食事を摂るように心がけましょう。

ご飯が食べたいという場合は、白米ではなく玄米を食べるようにしたり、おかゆにしたりと一工夫が必要です。

断食に向けてじわじわと食事メニューから改善していきましょう。

経過 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
期間 準備期間 断食期間(ファスティング期間) 回復期間
発酵飲料
準備食 発酵飲料 準備食
準備食 発酵飲料 準備食

断食1日目

2日間の準備期を経て、いよいよ断食1日目です。

断食1日目はとにかくお腹が空くこと間違いないです。

しかし、ファスティングはあと2日続きます。
ぐっとこらえて乗り越えましょう。

断食2日目

断食2日目です。

2日目からは、食べ物のことしか考えられなくなります。

呼吸をしているだけで食事が恋しくなるでしょう。

気を紛らわせるために、水分をたくさん取ってみたり、軽い運送をすることが好ましいです。

何も食べていない状態なので、過度な運動は禁物ですが、近所を軽く散歩したりすると気が紛れるかもしれません。

外に出る際はおいしそうなレストランやお店から漂う匂いに注意してくださいね。

断食3日目

気が狂いそうになる2日目を乗り越えると、3日目からはもう何も食べないことに慣れてきます。

ここまで来たらファスティングもお手のものです。

このまま一生何も食べなくてもよいのでは?という幻覚にも陥ります。

無事に3日間の断食を終えたら2日間設定している回復期間で、徐々に食生活を戻していきましょう。

反動からいきなり焼肉を食べる!なんでことがないように気を付けてください。

ファスティングによって得られる効果

ファスティングには、短期間で体重を落とすこと以外にも得られる効果がたくさんあります。

後ほどメリット・デメリットでも紹介しますが、以下のような効果があります。

体重は落ち、代謝は上がる!

何も食べないにも関わらず、実は代謝を上げることができるんです!

毎日食事を摂るという方がほとんどだと思います。

三食でなくてもお菓子を食べたりと何かと固形物を口にしていると思います。

そうすると、身体のなかの内臓、消化器官は常に活発に動いていることになりますよね。

特にダイエットをしたいという場合、糖分の摂り過ぎが気になる方もたくさんいるはずです。

私もいつもお菓子ばかり食べているので糖分の多量摂取が気になるところです…。

そこでファスティングをすると、内臓の働きを休ませることができます。

糖分の摂り過ぎ、食べすぎをリセットすることができるのでその分が代謝機能に回ります。

また、脂肪分解にも効果的です!

代謝機能が良くなるということは、便秘解消につながりますね…。

女性には嬉しい効果ばかりです。

ファスティングのメリット・デメリット

ファスティングで得られる効果を前述しましたが、もっと詳しくメリットとデメリットを見ていきましょう。

これを見終わったらもうあなたはファスティングをするしかなくなります。

メリット①老廃物の排出によるアンチエイジング

断食期間を設けて、一切固形物を口にしないことで身体に溜まった老廃物が排出されます。

身体のなかにある毒素が排出されることで内側からの体質改善をすることができます。

最近身体がなかなかスッキリしない…なんて方は毒素や老廃物が溜まり過ぎているのかもしれませんね。

ファスティングをすることによってインナービューティーが期待されます。

メリット②五感が研ぎ澄まされる

続いてのメリットは「五感が研ぎ澄まされる」ということです。

一体どういうことなのでしょうか?

3日間徹底的に食事をしないことにより、味覚が大幅に変化することが考えられます。

そうなると、今までは思う存分食べていたファストフードや、味の濃いものも「ん?」と味に敏感になります。

私も留学中に毎日食べていた大きなクッキーがあったのですが、帰国してしばらく経って食べてみたら、甘すぎて一口も食べられませんでした。

あんなに毎日食べていたのに…と思う反面、凄まじい量の糖分を摂取していたと考えると震えます。

日ごろの慣れは本当に怖いものです。

話はそれましたが、ファスティングも同様食事を断つことで味覚が変わり、嗅覚含め五感が良い方向に変化する可能性が高いです。

デメリット①寝つきが悪くなる?

それでは、ファスティングをする際のデメリットはあるのでしょうか?

第一に挙げられるのは、寝つきが悪くなる可能性があるということです。

確かに急に食べ物を断つことで、空腹になるのは当たり前ですよね。

その空腹を抱えたまま眠りについてもなかなか寝付けないかもしれません。

対策は水にあり

空腹が辛くて寝付けない…という場合は水をたくさん飲んでください!

断食をしていると、何も口にしないことから水分摂取も怠りがちです。

ファスティングでは水分補給が重要なので、空腹で寝るのもままならないという場合は水分をいっぱい取ってみてください。

また、カフェインゼロのルイボスティーもおすすめです。

私もよく飲んでいるのですが、ルイボスティーはビタミンCが豊富な健康機能食品なので、体にも良いです。

夜寝る前に飲んだりすることをおすすめします。

【まとめ】正しいファスティングでマイナス5キロを目指す!

正しいファスティング法を実践することで、短期間でマイナス5キロ減らすことも可能です。

ファスティングに大事なのは準備期間ということを踏まえた上で、なによりもダイエット自体を楽しむことが大事です!

体内環境をよくするためにも、慣れてきたら定期的にファスティングをしてみることをオススメします。

「3日間でマイナス5キロ」を実現して、周りを驚かせましょう!