香水の期限を知らないと危険?香りを劣化させない保管方法や活用術を公開

香水の期限

香水は、ファッションや気分を上げるために使われ、女性だけでなく男性からも人気があります。

外出前にお気に入りの香水を付ける、そんな習慣が付いている人も多く、無意識で行っているいるかもしれません。

しかし、香水には使用期限が設けられており、長く使っていることで、自分に被害を及ぼすことに繋がります。

そこで、この記事は、香水の期限について解説し、劣化させない保管方法や、体にかける以外の活用術を紹介します。

香水の期限を把握すると、いい香りをまとった自分で、気分よくお出かけできるので、ぜひ参考にしてください。

開封済みの香水と未開封の香水の使用期限について

香水には使用期限があり、開封済みと未開封では、使える期間が異なるので注意が必要です。

以下に、香水の使用期限について紹介します。

開封済みの香水は1年の使用期限

開封済みの香水は、約1年間の使用が可能といわれていて、時間が経つごとに劣化してしまいます。

日光や空気にさらされ、さらに、雑菌・皮膚からの皮脂などが入り込むことで、劣化の原因になるのです。

しかし、香水を保管する際の環境によっては、1年の使用期限よりも前に状態が悪くなってしまうでしょう。

また、香水は1度に使用する量が少ないので、1年以内に使い終えるものを選ぶと、本来の香りを楽しめるようになります。

なお、香水の保管状態がよく、香りや色に問題がないと判断できるのであれば、そのまま使い続けてもかまいません。

未開封の香水は3年の使用期限

未開封の香水は、3年の使用期限が設けられており、それはメーカーが品質を保障する期間でもあります。

ですが、その保障期間は製造年月日からの3年間であり、商品を買った日からの日にちではないのです。

実は、ほとんどの化粧品には使用期限の記載がなく、実際に製造された日がわからないまま販売されています。

その理由は、医薬品医療機器等法(旧薬事法)により、製造後3年以内に変質しない化粧品は、使用期限の表示が義務化されていないからです。

とくに、古い香水は箱に製造年月日の記載がないものも多く、フリマアプリや転売されたものは注意しましょう。

製造年月日を調べる際は、香水の箱に記載してある数字を参考に、公式サイトや製造元から情報を割り出す必要があります。

香水の原料

香水は、主に香料とエタノールを原料に作られており、基本的に自然由来のものが多いので、食品と同じように香水も痛んでしまいます。

逆に、成分が変化しない香水は、合成の成分を使用している恐れもあり、体に悪影響を及ぼす危険も高いです。

香水を劣化させる3つの原因

香水を劣化させる主な原因は、温度の変化や、紫外線を含む光、さらに空気(酸素)も該当します。

以下に、それぞれの原因について解説します。

温度の変化

そもそも物質は、温度の変化により膨張や収縮が起こり、物質の内部で科学反応が発生するものです。

温度変化がくり返されると、物質の内部が分子レベルで混ざり、香りのバランスが崩れる原因になります。

なので、香水を保管する際は、温度の変化が少ない環境を選び、品質の劣化を防ぎましょう。

紫外線を含む光

太陽光などに含まれる紫外線は、食品や香料を変質させ、さらに劣化を引き起こしてしまいます。

加えて、紫外線は太陽の光だけでなく、蛍光灯の光に含まれていることにも、注意してください。

その紫外線の量は、人間にとって害はないものですが、食品や香料の劣化を招くので、光を直接当てない場所で香水を保管してください。

空気(酸素)

空気は、窒素(78%)、酸素(21%)、その他二酸化炭素などの物質で構成されています。

人間に酸素は必要不可欠で、摂取した食物を分解して、エネルギーを取り出す役割をもちます。

しかし、この中で危険なのは酸素で、地球上の物質を変質させてしまうので、本来は危険なものといえます。

それゆえ、香水は酸素に触れると、香りの劣化や品質を落取すことに繋がるので、なるべく空気に触れさせない環境が必要です。

香水の劣化を判断するには

以下に、香水の劣化を判断する方法を記載します。

香りに変化を感じる

劣化が進んだ香水は、雑菌などが原因で、古くなった油のような、においに変化することがあります。

この状態の香水を付けてしまうと、肌から不快なにおいを放つ原因になるので、注意が必要です。

香水のアルコールが揮発し、雑菌が繁殖しやすい状態になるので、成分が変化している恐れがあります。

他にも、香りが薄くなった香水も使わない方がよく、とにかく香りの変化を感じたら、使用を控えてください。

色の変色を確認

香水の色は、時間が経つと変化するものなので、瓶のまま明るい場所に持っていき、確認してみましょう。

その時に、透明だった香水の色が、にごって黄色くなるなどの変化を感じたら、使用を控えてください。

香水の容器の内側に、カビや雑菌が発生したり、ゴミが液体に浮いている可能性もあります。

また、色がついている瓶は、捨てていい白い布や使い捨てマスクなどに香水を吹きかけて、色の変化を確かめることも必要です。

その際に、時間をおいて変色する場合もあるので、ある程度の時間が経ってから、香水の色を判断します。

10年前の香水は危険?

極端な例ですが、10年前の香水を使用するとしたら、まずは上記2つの方法で、香りと色のチェックが必要です。

大きな変化がなくても、劣化が進んでいる可能性も高いので、いらない紙や布に吹きかけて、時間経過で香りの変化を確認しましょう。

長い間使っていない香水を使うことで、肌が荒れたり、シミの原因になったりするので、使用しないほうが無難です。

どうしても、古い香水を使いたい場合は、使わなくなった布やハンカチに数滴たらし、香りを持ち歩くといいでしょう。

香水を劣化させない保管方法

以下に、香水を劣化させない保管方法を紹介します。

温度変化が少ない場所にしまうこと

香水の保存は、高温多湿な場所を避けたいですが、だからといって、冷蔵庫に入れてはいけません。

なぜなら、香水は温度の変化に弱く、冷蔵庫から取り出す過程で、極端な温度の変化が起こるからです。

香水の保存に適した温度は15~25℃なので、香水を保管する際は、クローゼットなどの温度変化が少ない場所を選んでください。

また、香料は紫外線に弱いものが多いため、直射日光が当たる場所では保管を避け、香水の変色や劣化を予防しましょう。

直射日光に当たらない場所に保管する

香水の香りを守るためには、太陽光などの紫外線を受けないように、暗所に置く必要があります。

さらに、より光を防ぐために必要なのは、密閉が可能な容器に入れることで、香水の箱などに保管すると紫外線の影響はなくなります。

フタをきちんと閉めて液体の揮発・酸化を防ぐ

香水のフタを閉めずに、スプレーキャップのまま保管している場合も、香りの劣化を招く原因になります。

それに、香水の主原料はアルコールなので、フタが開いていたら揮発して中身が減ることは避けられません。

また、空気中に触れると香水が酸化し、香りや色が変化をしてしまうので、フタの閉め忘れには注意しましょう。

香水の活用方法

もしも、香水を使用期限中に使いきれない場合でも、以下の方法で有効に活用できます。

掃除や洗濯に使用する

香水にはアルコールが含まれているので、布やコットンなどに数滴つけるだけで、フローリングなどの拭き掃除に使えます。

また、香水を掃除機の紙パックにかけると、排出口から良い香りがして、気分をかえて掃除を楽しめるでしょう。

他にも、洗濯時のすすぎにも使えて、香水を少量垂らす事で、衣類からほのかな香りがします。

加湿器や部屋の芳香剤にする

香水を水で薄めて、スプレー式の容器に入れたり、ビンに入れたりすると、芳香剤としても利用可能です。

また、トイレットペーパーの芯に香水をつけると、トイレットペーパーを回すたびに、いい香りになります。

他には、アロマ式加湿器に香水を数滴落として使うと、リラックス効果が高まるのでおススメです。

クローゼットやタンスの消臭&芳香剤になる

使わなくなったタオルなどに香水を振り掛けて、クローゼットやタンスに置くことで、臭い防止や衣服からいい香りがするのを楽しめます。

練り香水にする

液体の香水を使って、お手軽に練り香水を作れるので、液体よりも持ち運びが便利になります。

練り香水の作り方はかんたんで、ワセリンを容器に入れて、香水を適量かけ、混ぜるだけで完成です。

液体の香水と比べて、練香水は香りが広がりにくく、さらにワセリンの保湿効果も得られるでしょう。

石けんやキャンドルに混ぜる

練香水と同じく、石けんやキャンドルに混ぜることで、自分だけのオリジナル香水を楽しめます。

とくにキャンドルは、炎を見つめることのリラックス効果もあり、香り以外のメリットを感じるはずです。

香水の使用は期限を確認してから!保管の方法や他の活用法もチェック

香水を使える期間は決まっていて、とくに注意したいのは、購入日が使用期限の始まりではないことです。

今、使っている香水の期限が不安な方は、香りや色の変化を確認した後に、使用することをおススメします。

香水の保管する方法や状況によって、劣化する原因を招くので、温度の変化や紫外線などには注意してください。

また、香水を使用期限までに使いきれない場合、掃除や芳香剤としても使用することもできます。

他にも、香水には幅広い活用方法があるので、期限を守って使用することで、今よりも楽しみが増えるかもしれません。