脱毛をすると不妊症になって子どもの障害の有無に影響する?噂の真相を徹底調査

脱毛と不妊・子供の障害の関係

医療用レーザー脱毛やエステの光脱毛は、お肌を綺麗にしながらムダ毛をゼロにしてくれます。

毛根まで届くから、再びムダ毛が生えてくる心配もかなり低い脱毛方法です。

けれど、それって体に強い影響があるということなのでしょうか?

脱毛施術は体に悪い影響を与える?それで不妊症になってしまったり、妊娠中だった場合には子供に障害が現れてしまったりする可能性がある?という噂を耳にします。

確かに体に影響を与える光やレーザーを照射し、ムダ毛を脱毛していきますが、それって本当は体によくないことなのでしょうか?妊娠は?お腹の子供への影響は?

噂の真相を徹底調査し、脱毛が安全なのか危険なのかをはっきりさせました。

妊娠中・授乳中にも脱毛はできる?産後はどれくらい期間を空ければ良い?

脱毛の光・レーザーが不妊・子どもの障害に影響があるという報告はまだない

脱毛する時期は人によって様々ですが、何かの目標があって始める人は多いですよね。

旅行や結婚式などのイベント、そして妊娠、出産もそのひとつです。

妊娠中の脱毛はお店側が禁止している為、妊娠する前に脱毛完了を目指しますが、もしも、妊娠を前にした大切な体に脱毛が悪影響とわかったら、あなたならどうしますか?

VIO脱毛が子宮に悪影響を及ぼす、脱毛を繰り返すと不妊症になる、妊娠していると知らずに脱毛してお腹の子供に障害が出るかもしれないなど、妊娠と脱毛に関する不穏な噂がいくつもあります。

それらの噂は本当なのでしょうか?

施術の光、レーザー、冷却ジェルの影響範囲とは?

毛を抜いてみると、皮膚表面に出ている部分よりも想像以上に長さがあることがわかります。つまり、脱毛施術では想像以上に深い位置にある毛根へと届くほどの光やレーザーを照射しています。

これは、体にとって悪影響なのでしょうか?

意外に根が深い体毛ですが、深いといっても毛根は皮膚表面から数ミリです。

脱毛施術で使用する脱毛マシンの光、レーザーや冷却ジェルは、毛根の深さ程度である体表から数ミリの範囲にしか影響はありません。

体に影響を及ぼしているといえば、確かに脱毛できているわけですから影響があるといえますが、施術に使用する脱毛マシンは、レントゲンのように体を透過するようなものではありません。

体内に悪影響を与えるほど深い範囲には届いていないことがわかります。

誤って妊娠中と知らずに脱毛施術を一度受けた程度では、すぐさまお腹の子供に悪影響があるとは考えにくいとされています。

脱毛をすると不妊になりやすい?

VIOやお腹周りなど、子宮に近い部位の脱毛施術は深くまで届くレーザーだと不妊症になりやすいという噂は、何の根も葉も根拠もない噂です。

レーザーと聞くと、体の奥深くまで届く波長をイメージしませんか?そう考えると、体の表面だけではなく、さらにその奥にまで影響を及ぼす可能性があるような気になりますね。

けれど、そんなことはありません。

脱毛施術に使用する光やレーザーが届く範囲は体表から数ミリ程度です。更に体の奥深くまで到達するものではありませんし、まして子宮に悪影響があるという医学的な根拠はありません。

妊娠中や出産直後の脱毛施術が禁止されているのは、ホルモンバランスが変化することで、脱毛効果が得にくくなったり、お肌トラブルなどのリスクが上昇するからです。不妊とは何の関係もありません。

妊娠中の脱毛でお腹の子供に障害が残る?

脱毛したら不妊になるという不安と同じくらい、お腹にいる子供への影響を心配される声があります。

妊娠する前に脱毛を終わらせる予定だったはずが、脱毛中に気付かぬ内に妊娠していたという人もいますね。

そんな時に不安になるのは、妊娠していると気が付かないで脱毛施術を受けてしまった時です。

脱毛施術の何かしらがお腹の子供に悪影響が出る、それが障害として現れるのではないかと。

障害児が生まれる原因は未だ不明なことが多いですが、妊娠中のウイルス感染、薬やサプリメントの過剰摂取、高齢出産が主な原因とされており、脱毛によって障害が現れたという報告はありません。

脱毛施術が直接お腹の子供への悪影響にはならないので、安心してください。

脱毛が不妊や子どもの障害に影響すると勘違いしやすい理由

脱毛自体に問題はないとわかっても、不安を完全に打ち消すのは難しいものです。一度想像してしまった悪いイメージは、なかなか覆すことができません。

そもそもどうして脱毛施術が不妊や子供の発育に悪い影響を及ぼすかもしれないと考えられたのでしょうか。

お店が行う脱毛施術には安全規格があり、お客様の体に大きな危険が及ぶことのないように配慮されています。それなのに、不妊や子供の発育に関する悪影響が噂されるのはどうしてでしょうか?

そこには、悪影響をイメージしやすい理由がありました。

子宮付近にレーザーを当てているから

体の内部を通過していくイメージの強いレーザーは、VIOやお腹辺りを照射している時に子宮にまで届いてしまうのではないかという不安があるようです。

脱毛マシンの出力を強めると、それがより強まるのではないかと、想像してしまうのでしょう。

VラインやIラインは、確かに部位としては子宮に近いですが、脱毛施術のレーザーが届く範囲は、あくまでも体表から数ミリ程度です。

子宮には、レーザーも光も到達しません。

この機会に、正しい情報とイメージで知識を上書きしておきましょう。

妊娠中の脱毛が禁止されているから

悪い影響が何かしらあるからこそ、妊娠中の脱毛が禁止されているのでは?と考える人もいます。

確かに妊娠中の脱毛施術はお店側から禁止されています。それがなぜなのか、その理由を知ることで本当の理由を理解できるはずです。

妊娠中の脱毛禁止される理由はただひとつ、母体への過度なストレスと脱毛時リスクが大きくなるからです。

脱毛施術中は無理な姿勢を維持することもあります。IラインやOラインなど顕著ですね。

長時間無理な姿勢を維持しつづけることは、ストレス厳禁の母体にはかなり危険な行為であることがわかります。

また、妊娠中の母体は妊娠していない時の体とは全く別物です。少しの刺激を強く感じたり、簡単に体調を崩します。

これはお腹の中にいる子供を育てることを肉体が優先している為、外部からの刺激にとても弱くなっているからです。

妊娠すると免疫力が落ちるから

妊娠すると、母体の免疫力が低下します。これは、お腹の子供を異物として攻撃しないようにする為の体の仕組みです。

低下した免疫力では、普段なら何の問題もない刺激にも強く反応してしまいます。

いつもならば問題ない脱毛施術でも、もしかしたらお腹の子供に影響を及ぼしてしまったかもしれないとイメージしてしまいますよね。

脱毛にもリスクがあります。過度の乾燥はお肌トラブルを引き起こし、そこから感染症になってしまう可能性はゼロではありません。

そういった危険を回避する為に、妊娠中の脱毛施術は受けないようにとされています。

直接お腹の子供に即影響があるということではありません。

妊娠中のムダ毛処理には注意が必要

これまで解説してきたとおり、脱毛施術では不妊になることもなければ、お腹の中にいる子供に影響を与えるようなこともありませんでした。

けれど、妊娠中の母体にはリスクがありましたね。

妊娠中の脱毛施術は通常時の脱毛と違い、大変危険な行為になります。ちょっとしたお肌の乾燥を単なるお肌トラブルと考えていると、気が付いた時には感染症にかかってしまっていることもあります。

妊娠する前に脱毛完了しておくことが理想ですが、妊娠中でも気を付けて処理を行えば、いくつかの脱毛方法ならば脱毛しても大丈夫です。

妊娠中のムダ毛処理に欠かせない注意点や決してやってはいけないことをまとめました。

お店での脱毛は絶対ダメ!

せっかく契約した脱毛プラン。回数を残して脱毛ストップは心残りですよね。

お腹が目立たない妊娠初期だと、妊娠したという自覚が薄いこともあり、あと数回だけ脱毛へ、なんていけない考えが頭をよぎります。

脱毛施術は体の奥深くまでに影響を及ぼしませんが、妊娠中はホルモンバランスの変化により、体毛が濃くなる・増える、お肌が敏感になる・気分が悪くなりやすいなど体の変化があり、脱毛には適していません。

直接的にお腹の子供への問題はなくても、母体への影響は計り知れないからです。

万が一、お肌トラブルが起きた時でも、飲める薬はほとんどありません。危険な体である上に、対処の方法も限られているということを自覚し、お店での脱毛は中止しましょう。

妊娠中の脱毛は絶対セルフ!電気シェーバーやヒートカッターで優しくおこなう

妊娠したからといって、脱毛という行為が完全に禁じられているわけではありません。

感染症などの確率を減らすなら、妊娠期間中だけでも脱毛しない方がいいというだけのこと。

清潔に気を付け、ケガや無理をしなければ、セルフ脱毛くらいは行っても大丈夫です。

セルフ脱毛をする場合、お肌に負担の強い脱毛方法は避けます。

除毛クリームやカミソリ、毛抜き、ブラジリアンワックスによる脱毛は、お肌だけではなく母体へのストレスと刺激が大きすぎます。

直接お肌に触れないヒートカッターや刺激の少ない電気シェーバーを使い、ささっと短時間で処理しましょう。

処理する時は、道具類やタオルが清潔であるように心掛け、保湿も丁寧に行います。

体を捻るような無理な姿勢は長時間続けないように気を付けていれば、問題ありません。

体勢が苦しい、脱毛途中で気分が悪くなった時には、すぐに中止してもいいくらいの気持ちで行いましょう。

セルフ脱毛後もお肌の状態に気を付けてアフターケアをしよう

安全に清潔に気を付けてセルフ脱毛した後も、まだまだ気を抜くには早いですよ。

アフターケアを怠ると、お肌はすぐに乾燥やかゆみなどのトラブルを呼び込みます。

妊娠中の体には、そういった小さなトラブルが大きくなりやすいという点がある為、セルフ脱毛後も気を付けていきましょう。

数日の間は、アフターケアの時に鏡を見て脱毛部位を観察します。小さな傷が大きな病気になるとも限りません。

妊娠中という通常とは違う体になっていることを忘れないようにしてください。

恐れる必要はありませんが、普段以上に衛生的な気配りを行いましょう。

VIO脱毛は不妊治療の前に実施しよう

妊娠前・妊娠中の脱毛について解説してきましたが、不妊治療中の脱毛は可能なのか、気になりますね。

妊娠前の体と捉えるならば、脱毛することに何ら問題はありません。けれど、妊娠する為に様々な治療や検診を受けている状態です。

もちろん妊娠がわかった時点で脱毛は中止となりますが、それまでは受けてもいいのか悪いのか、判断がつけづらいですね。

特にVIO脱毛は妊娠・出産前に済ませておいた方がいいという話を聞きます。不妊治療と同時進行は可能かどうか、調べてみました。

脱毛と不妊治療の同時進行は避けた方がいい

脱毛中に不妊治療は、正確には禁止されていません。脱毛するお店と不妊治療する病院双方の許可があれば、脱毛施術を受けることは可能です。

しかし、それが不適切だというには理由があります。

不妊治療は過度のストレスに晒されることが多い為、脱毛効果が得にくくなってしまいます。

また、ホルモン剤の投与などによって、一時的に脱毛できない期間が数か月できたり、突然の妊娠の可能性があったりすることで、安全な脱毛施術を行えないとされるからです。

特にVIO脱毛はデリケートゾーンなだけに感染症リスクが高いです。今まさに妊娠しようとしている体に、感染症のリスクは避けたいですね。

VIO脱毛は不妊治療前がいい?後がいい?

脱毛と不妊治療の同時進行はおすすめできないものでした、ならば不妊治療が始まる前にVIOだけでも脱毛を済ませておくべきでしょうか?それとも治療後の方がいいのでしょうか?

おすすめは不妊治療前です。

なぜなら、不妊治療後はそのまま妊娠・出産へと慌ただしくなり、そもそも脱毛できない期間に突入してしまいます。

子供が生まれた後へと先送りにしてしまうと、今度は自分の時間が取れません。

ゆっくりと時間を取ることができる不妊治療前にVIO脱毛を済ませておく方が、脱毛に専念できます。

VIO脱毛していると検査の時も恥ずかしくない

子宮がん検診の時のように、不妊治療の時にもデリケートゾーンを診てもらうことがあります。

その時に恥ずかしい思いをしないのは、お手入れされたVIOラインですよね。

不妊治療が始まって、あからさまにアンダーヘアがお手入れされていく様を診てもらうのは、なんだか恥ずかしいものです。

かといって、まったくお手入れしていない状態を診てもらうのも躊躇われませんか?

はじめから綺麗なVIOラインであれば、急な診察の時にも恥ずかしいと思うことはありません。

ストレスのため過ぎは母体に悪影響!出来る範囲で美容を楽しもう!

妊娠中から出産までの時期、女性の体は大きな変化の中にいます。

日々変わっていく体調に戸惑いながらも、自分を磨こうとするのは、リフレッシュにもなっていいかもしれませんね。

ただし、適度ならばです。

妊娠中や出産直後の脱毛は、あまりおすすめされるものではありません。お店はもちろん、セルフ脱毛も本来ならば避けるべき時期があります。

それを踏まえた上で、ストレスにならない適度な脱毛のポイントを3つにまとめました。

脱毛はリラックスできる時・忙しくない時に実施するのがベスト

毛根を破壊するお店での脱毛施術と違い、セルフ脱毛は再び毛が生えてくること前提で行います。

だから毛周期なんて気にせず、脱毛したい時にして構いません。

ただし、気を付けたいのはリラックスできる時に行うということです。

妊娠中は気持ちの浮き沈みが激しく、思い通りに動けずにイライラすることがよくあります。そんな時にセルフ脱毛なんてしたら、手元が狂ってお肌を傷つけてしまうかもしれません。

大切なお肌、大切な体を守る為にも、気持ちが落ち着かない時の脱毛は止めましょう。

妊娠後期の脱毛はサロンもセルフも絶対に避けよう

お腹も大きくなってくる妊娠後期になると、出産の為にVIO脱毛しておけば良かったと思う妊婦さんが多いようです。

出産時やその後の悪露と呼ばれる生理のような出血が続く時期があります。この頃、デリケートゾーンが不衛生になりやすいのです。

それに備えてVIOをハイジニーナにする人も多いとか。VIOが無毛だと、雑菌の繁殖が抑えられ、衛生的に保ちやすくなります。

けれど、妊娠後期に差し掛かってからのVIO脱毛は、セルフでも大変危険です。

無理な姿勢はお腹を圧迫しますし、小さな傷でも感染症を引き起こしてしまうかもしれません。ここまできたら、脱毛はせず、無事に出産することに専念してください。

VIOラインは妊娠前に脱毛するのが一番!

一番ストレスの無いVIO脱毛といえば、やはりプロの技で綺麗にしてもらうことです。

妊娠とわかる前、そして妊娠の可能性をつくる前に、VIO脱毛を済ませておきましょう。

VIOが無毛になっていれば、出産前の定期検診や出産時に臭いや見た目を気にする必要がなくなります。出産後も悪露が出ても蒸れにくく、デリケートゾーンを清潔に保てるので、自分の体のメンテナンスが楽になります。

自分が楽になって余裕ができれば、生まれてきた子供に意識を集中しやすいですね。