最近脱毛に行けてない…忙しくスケジュールが埋まってる時も解約せずにお金を払わず契約を続ける方法はある?

脱毛に行けてない

忙しいタイミングというのは、突然やってきたりしませんか?

ある日突然、昇進した。休日がことごとく友人との約束で埋まってしまった。歯医者、皮膚科、銀行など、やらなければならない予定は脱毛ばかりではありません。

なぜか忙しく、休日にまとまった時間も取れなくなってしまったら、脱毛契約ってどうなるのでしょうか?

一定期間を過ぎると自動解約なんてことは、さすがにありえません。けれど、お店に行けてない期間がどんどん積み重なってしまっても、問題はないのでしょうか?

お店から「脱毛契約を解除しなさい」なんて最後通告がくることは決してないのでしょうか?

それらの不安にお答えします!脱毛しに行けてないけれど、脱毛契約を続けられるのか?お金を無駄にしない方法はあるのか?疑問点を詳しくまとめました。

仕事やプライベートな予定があって脱毛に行けてない人は多い

季節が変わるごとに忙しさも変わってきます。

「これが終われば!」そう思って頑張っていても、気が付いたら次の忙しさの波が襲い掛かってくることも多いのではないでしょうか。

現代に生きる女性達は、本当に忙しい日々を送っています。

そんな中でも脱毛して綺麗なお肌を手に入れたいと思い、少ない空き時間で脱毛するべく頑張っている人達がいます。

けれど、反対にどうにも頑張れずに脱毛に行けてないという人もこっそり隠れているのです。

脱毛に行けてない本当の理由って、忙しさだけなのでしょうか?

脱毛に行けてない本当の理由は疲れてるから?予定を無理やり空けたのに足が進まない…

一番多い脱毛に行けてない理由は、「仕事が忙しい」です。仕事の予定ばかりはどうしようもありませんよね。繁忙期ともなれば、休日出

勤や遅くまでの残業に明け暮れる日々が続きます。その中で脱毛にまで割く時間はないでしょう。

次に多いのは、「面倒になってしまった」というもの。せっかく予定を立てていたのに、いざ直前になると家を出るのも億劫になってしまい、施術はキャンセルという結果に。

これは普段から忙しく、疲れている人に多い理由です。お店に行けばいいだけなのに、その気力さえ湧いてこない時もあるようです。

こうして見ると、真面目に脱毛しに行くことは意外と大変なことなのでは?と思ってしまいますね。それだけ現代の女性達はお疲れのようです。

脱毛にいけない場合は当日キャンセルでなければ問題はない

お店側としては、当日キャンセルでない限り、お客様がしばらく来店されていなくても問題はありません。

脱毛の進み具合が遅くなるということ以外、特に心配はいらないのです。

ただし、忙しい合間をぬって施術予約とキャンセルを繰り返されることだけは、お店と他のお客様への迷惑行為にあたるので、気を付けたいですね。

キャンセルではなく予約が空いてしまった場合に店舗への連絡は不要

忙しくなって脱毛しに行けてない日が続くと、お店に行けないという連絡をした方がいいのでは?と考える人もいますね。

心配ありません。お店に行けてない期間がしばらくあっても、基本的に連絡不要です。

施術日の予約は、基本的にお客様の時間の都合次第です。

お店側から忠告が入るとすれば、脱毛効果を得る為の適切な施術間隔だけ。少しの間くらいお店に行けなくても問題はありません。

長期間脱毛に行けない場合は解約が必要?ポイントまとめ

新規プロジェクトへの参加、繁忙期の始まり、資格などの試験勉強など、誰にでも時間のとれないほど忙しい時期というものは突然やってきます。

そんな時、脱毛施術の予定は狂い、何か月もお店に行けなくなってしまったら、違約金はあるのでしょうか?解約手続きが発生するのでしょうか?

他に頭を使う余裕すらもないのに、そんな事まで考えなくてはいけないのかとパニックになりそうですが、忙しいからこそ、ひとつずつ問題を片付けていきましょう。

長期間脱毛に行けなくなった場合、最初にやるべきこと、どう対処すべきなのかをまとめました。

解約しなくても平気?契約書を見直そう

忙しくて行けなくなってしまい、お店に迷惑をかけてしまうかもと思っても、すぐに解約手続きに入る必要はないかもしれません。

まずは、自分がどんな条件で脱毛プランを契約しているのかを調べましょう。

契約書には脱毛プランと契約金以外にも、解約・返金についての諸条件などが詳しく記載されています。

その中で確認するべき項目は、契約有効期限、違約金について。

契約有効期限が記載されていれば、それまでの間は行けなくても問題ありません。

あまりに有効期限間近まで行けなくなる場合は、お店に相談した方がいいですね。

違約金についても同じです。お店に行けてない期間が長くなった場合、違約金が発生するかどうかを確認します。

基本的に違約金とは、解約や規約に反するような自体が起きない限り発生することはありません。

契約内容でどんな条件が付けられているのか、今一度確認してみましょう。

契約有効期限の有無を確認する

脱毛プランによっては、契約日から数年間のサービス有効期限、または返金有効期限が儲けられていますが、無期限という契約内容も存在しています。

無期限の脱毛契約なら、忙しくて行けなくなったからといって脱毛契約を解約する必要はありません。

サービス有効期限が無いので、時間がとれた時に再び行きましょう。

サービス有効期限とは、契約期間のこと。契約日を起算日として脱毛施術を受けられる期間です。

回数パックプランによく用いられる条件ですが、これはあまりに間隔を空けすぎて、本来の脱毛効果を得られなくなってしまわないようにとの理由などから3~5年間の期間が設定されています。

月額制で契約している場合は早めに店舗への相談が必要

月額制はサービス有効期限が無期限である場合が多く、お店に行けてない期間があっても契約上は問題ありません。問題があるのは料金の方です。

月額制にはお店に行けてない月でも料金が発生するというデメリットがあります。

お店にとってのデメリットは何ひとつありませんが、利用する側としてはお金を無駄に支払っている状況となるので、一時的に支払いを止められるか、その後に再契約は可能かどうかをお店に相談しましょう。

お店に相談せずにとりあえず解約手続きをしてしまうと、再契約時に以前と同じ料金での契約ができなかったり、再契約を断られてしまったりする事が考えられます。

脱毛しに行けないという自分の状況と要望を説明する為にも、お店には必ず相談してから手続きを進めます。

解約にも手数料がかかる!安易な解約はやめておこう

サービス有効期限があって、しばらく脱毛に行けなくても大丈夫とわかっても、在席しているだけではお店に迷惑がかかるかもと思い、やはり一度解約を!と思い立つ人もいます。それはちょっと待ってください。

返金も解約もお客様側からの希望ですので、お店側は拒否しません。

一度解約して落ち着いてからまた契約すればいいと安易に考えるのは、小さくはない金額を失うことに繋がります。

解約には返金と同じく手数料がかかります。サービス有効期限が十分あるにも関わらず、一度解約してしまうのはもったいないと思いませんか?

お店に行けなくても契約を継続できる休止などのサービスは無いか、そのまま行けずにいても大丈夫かなど、不安な事はお店に相談を。必ず良い方法を教えてもらえるはずです。

どんな理由なら返金・契約継続を認めてもらえる?

仕事や学業が忙しくて行けてないという理由は受け入れてもらえそうですが、遊びの予定で忙しい場合でも返金を希望してもいいのか、理由としては少々ワガママが過ぎるような気もしますね。

では、予定が合わないだけではなく、施術に不満がある、接客に不満があるなどの理由はワガママな理由になるのでしょうか?

どんな理由ならば返金を求めて応じてもらえるのか、返金に関する疑問をまとめました。

原則どんな理由でも返金してもらうことは出来る

お店から高額な脱毛契約料を返金してもらうには、相応の理由がなければいけないイメージがありますが、実はどんな理由でも返金を拒まれることは基本的にはありません。

お客様が契約期間内・返金期間内であれば、契約時の条件に則り、利用分を差し引いた残金が返金されます。

しかし、何らかの理由により返金した後にも同じお店を利用したいなら、ある程度の嘘はついておいた方がいいかもしれません。

あまりに身勝手な返金理由だった場合、再契約を断られてしまうかもしれないからです。

「遊びで忙しい」ではなく「仕事で忙しい」という理由の方が、お店のブラックリストに載らずに済みそうですね。

返金してもらった後に期間を空けて再契約することはできる?

契約中の脱毛プランを解除して返金してもらった後に他の脱毛契約をしてお店を利用したいという人は、解約ではなく契約変更手続きになります。

お店側の対応は様々ですが、多くの場合は現在残っている脱毛プランの残金を、次に申し込むプランへ充当することが多いようです。

もしくは、契約中のプランを返金処理し、新しく契約したい分は通常とおりに追加契約を行うという流れになる場合もあります。

細かなお金の話になるので、お店の言い分が100%正しいと信じるのではなく、自分でも計算し直してみて間違いがないか、その金額で納得できるかをよく考えましょう。たった1円の誤差でも、見逃さないように。

返金額は残額がまるまる返ってくるとは限らない

自分が契約した脱毛プランの残金を返してもらうのだから、利用回数分を差し引いた金額丸ごと返ってくると思っていませんか?それは間違いです。

使わなかった分を返してもらうだけとはいえ、お店側には返金に対する処理が発生します。

人を動かすということはお金が動くということ。手数料はかかるものと覚悟しておきましょう。

契約内容によっては返金手数料を取らないとしているお店もありますが、返金手数料は返金額の10%としているお店が多いようです。

返金処理の前には、必ず返金金額とそれに関わるお金の全てが書面で通知されます。その内容に間違いがないか、わからない点は全て確認しましょう。

返金されたお金は約2~3週間後に銀行口座へ振り込まれる

返金希望の書類を書いてもすぐに返金されないのは、事務的な処理がいくつも待ち受けているからです。

店頭での書類受け取り後にその場でお金が返されるということは無いので、返金されるまではしばらく待つ必要があります。

そして、お金を手渡しで受け取ることはまずありえません。大切なお金の動きは、正確な記録が必ず残る処理が行われます。

受け取りには、銀行口座か郵便貯金のいずれかに振り込みという形で返金されます。

有効期限内なら何もしなくても契約は継続される

しばらく予定が空かずにお店に行けなくなった場合でも、契約継続してもらえるのか不安になりますが、サービス有効期限内であれば、お店にしばらく行けない理由を説明する必要もありません。

次回施術時に「間隔が空きましたね。何かありましたか?」といった質問を受けるくらいです。予定が空かずに忙しかったなら、それをそのまま伝えても問題にはなりません。

気を付けたいのは、有効期限が切れる・有効期限間近の場合です。

そのまま施術を受けずにいると、サービス有効期限が切れてしまう可能性がある場合は、早めにお店に相談しましょう。

自分が脱毛に行きたいタイミングで予約を取るコツ

脱毛はタイミングが重要です。毛周期を見極め、ベストなタイミングで施術を受け続けることで、どんどん毛が抜け落ちていきますよね。

だからこそ、行きたいタイミングで脱毛したいはず!

忙しい人ほど時間に余裕はありません。そんな時でも、自分の行きたいタイミングで施術予約を取るにはどうしたらいいでしょうか?

上手に予約を取るコツを3つご紹介します。

脱毛施術日を予定の中心においてスケジュールを組む

忙しい人ほど脱毛施術の希望日を決めるのは、早い時期がいいですよ。

予定がどれだけ立て込んでいっても、先に入れておいた予定を調整するのではなく、既にある予定を避けることが多いのではないでしょうか。

必ずこの日に脱毛しに行く!と決めておけば、忙しい時期でも脱毛予約を先送りにすることが減りますよ。

予約日は、施術日から2~3か月は前が望ましいでしょう。忙しい人ほどもっと早くに脱毛施術日を決めてもいいですね。

なんとなくいつ頃に脱毛しようかなと考えていると、仕事や他の予定に押し出されてどんどん先送りになってしまいがちです。それを回避

するには、最優先の予定として先に日付を決め、他の予定に押し出されてしまわないように先手を打ちましょう。

当日・前日の飛び込み予約を狙っていく

忙しすぎて予約する暇さえない人でも安心してください。今は施術予約が当日になっても、受け付けてくれるお店がほとんどです。

突然ぱっと予定が空いてしまった休日に脱毛施術に行くのも、リフレッシュできそうで良いと思いませんか?

事前に予定を決めて予約を取るという時間を費やさなくても、空いた時でも十分です。

ただし、この方法は脱毛が盛んになる春~夏には向きません。お店の予約が立て込んでいる為、当日予約が難しくなります。

営業時間の長い店なら相対的に予約が取りやすい

同じ脱毛サロンでも、店舗によって営業時間が異なっていることが多いです。それは、その地域の人達の活動時間に合わせているから。

都市部の駅近店舗の方が、他の店舗よりも1~2時間ほど遅い時間まで営業していることが多いようです。

仕事や予定が終わってからの来店を狙うなら、遅い時間帯で予約の空きを探してみましょう

。忙しい合間でも、意外とすんなりお店に通い続けられるかもしれません。