脱毛とニキビの関係とは?脱毛すると治る?悪化する?実際の影響を徹底検証

脱毛とニキビの関係

お店で脱毛するとニキビが治った?いやいや、ニキビが増えた?まったくの正反対の口コミが囁かれている脱毛とニキビの関係性。一体どちらが本当なのでしょうか?

ムダ毛が無くなることで綺麗なお肌になるイメージもありますし、お肌を刺激するからこそ、ニキビをつくりだしてしまうとも考えられます。

わかるようでわからない脱毛とニキビの関係を、そのままにはできませんね。脱毛して綺麗なお肌になる為に、疑問は徹底的に解消していきませんか?

目次

脱毛した後はニキビができやすい?

脱毛施術の数日後あたりから、太ももやVIOライン、背中などの部位に赤いポツポツとした小さなニキビらしきものができたことはありませんか?痛いわけでも痒いわけでもないからこそ気が付きにくく、そこまで大きなニキビでもありません。

そんなニキビらしきものができてしまった場合、原因は脱毛施術だと特定できますか?

脱毛施術の刺激がニキビをつくりだす?

一般的に、大人ニキビはお肌のサイクルが正常ではなくなった時に現れます。乾燥や過度な皮脂分泌、ストレスなど、思い当たる節があるのではないでしょうか。

このニキビがつくられる原因のひとつに、脱毛施術が含まれます。けれど直接的な原因というわけではありません。

脱毛施術で使用する光やレーザーの照射で、お肌は乾燥しやすい状態に陥っています。その状態はお肌のバリア機能が低下している、または低下しやすい状態です。この状態からお肌を正常に回復させるには、適切な保湿ケアが必要になります。

アフターケアを怠ることでお肌のバリア機能の低下を招き、ニキビをつくりだしてしまう原因になっていくのです。

自己処理の失敗が脱毛後のニキビをつくりだす?

自己処理はどれほど気を遣っても、お肌にダメージを残してしまいます。

お店での脱毛施術とは方法が違うのですから仕方のないことではありますが、そのダメージを受けたお肌で脱毛施術を受けることによって、ニキビができてしまうということも少なくはないでしょう。

最も危険な状態は、自己処理で小さな傷をつくってしまった後の脱毛施術です。傷口からは雑菌が入り込みやすく、施術によってお肌も乾燥しやすくなってしまうという、ニキビにとっては嬉しい環境が揃ってしまうことになります。

ニキビではなく毛嚢炎の可能性も?

お肌に赤いポツポツができていたら、ニキビだと思いますか?その思い込みは少々危険かもしれません。

皮膚疾患には似た症状のものがいくつも存在します。ニキビと見た目が似ている症状に、毛嚢炎というものがあります。

毛嚢炎は赤い小さなポツポツができ、痛みや痒みは最初の内にはありません。見た目は小さなニキビとほぼそっくりです。

けれど、この毛嚢炎はニキビとはつくられる仕組みが異なります。

ニキビは、毛穴やお肌に残った汚れをアクネ菌が食べて増殖することによってつくりだされます。

一方、毛嚢炎は毛包部の小さな傷(刺し傷、掻きむしりなど)などから細菌が入り込んで炎症を起こします。原因菌は黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌と呼ばれる細菌です。

見た目は似ていますが、毛嚢炎はひどくなると強い痛みや発熱を伴う症状を引き起こし、切開手術が必要とされる場合もあるほどの皮膚疾患です。

そもそもニキビはなぜ出来るの?原因・理由を紹介

成長期のニキビと違い、大人になってからのニキビは発生する原因が様々です。けれど突き詰めれば、個人的に解決できる簡単な原因ばかりだと知っていますか?

ニキビがつくりだされる原因が簡単なものなら、普段の生活の中でニキビができないように予防することも簡単です。

ニキビの発生にはどのような原因があるのか、ニキビができやすいと言われる主な原因を探してまとめました。ニキビ対策の参考にしてみてはいかがでしょうか。

毛穴に汚れが詰まる

毛穴は絶好の汚れ詰まりポイントだということは、女性ならば誰しもが感じているでしょう。

毎日のメイクの落とし残しや過剰に分泌された皮脂がお肌にあるなと感じる時は、お肌にザラつきを感じているはずです。

そんな時こそ、毛穴に汚れが詰まりはじめています。

毛の根元やムダ毛の多い部分では、汚れや皮脂が溜まりやすく、落としにくい環境です。丁寧に汚れを洗い落さないと、雑菌が繁殖しやすい環境を提供しているようなものです。

また、汚れが詰まってしまった毛穴は開いた状態のまま、更に汚れを取り込んで拡大していくという悪循環も生まれます。

お肌バリアが正常に機能していない

過度な乾燥や皮脂の分泌、ターンオーバーの乱れを感じる人は、お肌のバリアが正常に機能していないと思われる状態です。この状態もニキビがつくられやすい環境です。

お肌のバリア機能はターンオーバーが正常であれば、ある程度の雑菌がお顔についても皮膚疾患が引き起こされることはほぼありません。

そして、普段の食事やスキンケアによるお肌を整える行為が正常に働いていれば、ターンオーバーは問題無く行われているはず。

しかし、ストレスや睡眠不足、食事の偏りによってお肌は簡単に正常な機能を失います。

自己処理のダメージ

見落とされがちなニキビ原因は、自己処理によるお肌へのダメージです。

カミソリであっても電気シェーバーであっても、お肌への負担は免れません。ダメージを受けたお肌から雑菌が入り込み、炎症を起こすようなひどいニキビになることはよくあります。

お肌へのダメージを軽減する為に、常に清潔道具のを使用したり、お肌に負担のかかりにくいものを使用したり、自己処理の回数を減らしたりすることで、ニキビがつくられる原因を減らしていくことは可能です。

脱毛した後はニキビができにくいという人もいる?

脱毛施術後にニキビができた人の原因を探りましたが、逆にニキビができにくくなった・できなかったという人もいましたね。

単純に元からお肌が強いというわけではないはずです。もしそれだけが理由ならば、お店は脱毛施術前にパッチテストを行い、お肌の強弱を調べてから施術を行うようにしていなければおかしいとは思いませんか?

脱毛後にニキビがなぜできにくかったのか、なぜできなかったのか。その人達には、ニキビができてしまった人との違いはあったのでしょうか?

まずは、脱毛でニキビができない・できにくいという理由から探っていきましょう。

脱毛でお肌が引き締められた?

脱毛でムダ毛が無くなると、陶器に触れたような滑らかなお肌を感じられる人は多いですよね。このお肌の状態こそ、毛穴が引き締まり、さらりと滑らかになった理想的なお肌です。

ムダ毛が生えていることで、毛穴はムダ毛のスペース分だけ開いています。そこに汚れや皮脂が詰まり、ザラついたお肌をつくります。

つまり、脱毛によってムダ毛が無くなったことで毛穴が引き締められ、汚れの詰まりやすい部分が減ることでニキビになりにくいお肌になったということです。

自己処理回数の減少がニキビができない秘訣?

どうしてもやらなければならない自己処理も、回数が増えてしまうとお肌へのダメージはかなりのものになってしまいます。

お肌のキメを壊すだけではなく、小さなひっかき傷をつくってはニキビの原因を増やします。

脱毛によって自己処理の回数自体が減っていく、もしくはゼロになれば、お肌はダメージを受ける回数が格段に減ります。

そうすると、お肌のバリア機能も常に正常に働き、ニキビだけではなく、炎症や色素沈着といった様々なお肌トラブルからも開放されます。

アフターケアが念入りになったお陰?

脱毛をする前としはじめた後で変わったことはありませんか?それは、全身のケアではないでしょうか。

美を意識する多くの女性が、毎日お風呂上りや朝のスキンケア時に、全身のお肌状態をくまなくチェックしているでしょう。

しかし、時には手を抜く日が続いたり、見向きもしない時がありますよね。

脱毛をしていると、アフターケアには特に念入りになります。普段は見向きもしなかった部位に真剣に向き合い、お肌に異常が現れれば放置せずに対処してきたはず。

お肌はそういった毎日のケアの積み重ねで綺麗になっていきます。脱毛をキッカケに、お肌を整えるというケアが根付いた結果が、ニキビができにくい生活環境とも言えますね。

ニキビの発生を抑える方法・ポイント

ニキビとは思春期からのお付き合いです。付き合いが長くなってくると、ふとした時にお肌の上にいても、放置は危険だとわかりながらも、ひどくない内は気にしないようになってしまいますよね。

当たり前に存在するニキビも、ちょっとした生活習慣を整えることでニキビができにくいお肌にすることが可能です。

では、実際に何を整えるといいのでしょうか?ニキビができにくいお肌になる為の基本的な生活習慣を解説します。

適切なスキンケア

ニキビは油分が大好物です。過剰に分泌された皮脂や浸透しきれなかったオイルなど、お肌に残った油分を食べて、アクネ菌は増殖します。

そうと知っている人ほど、油分を取り去ろうと化粧水のあとに乳液や保湿クリームを付けずに、スキンケアを終了させてしまいがちですが、これは間違いです。

ニキビケアに大切なのは、水分と油分がバランスよくお肌に存在することです。

自分に合ったアイテムを見つけることも大切ですが、それ以上にそのアイテムを正しく使用するということを忘れてはいけません。

整った睡眠サイクルとバランスの良い食生活

睡眠と食事は体をつくる上で最も大切なものです。

質の良い睡眠では、細胞が再生され、脳がリセットされます。起きた時にはスッキリとした爽快感さえ感じられるほどです。

寝起きのお肌がぷるるんとした艶に包まれるのは、質の良い睡眠あってこそです。

そして、体を再生させる為には栄養の摂取が欠かせませんが、摂取の仕方に問題があると、栄養素は体に吸収されることなく排出されてしまうことを知っていますか?

ニキビケアに良いとされるビタミンですが、ビタミンの吸収率は一度に多く摂取するほど低くなります。また、体内のビタミン量が多ければ、新たなビタミンの吸収量は下がるということもわかっています。

ニキビケアになるからと、あるだけ飲んでしまおう、食べてしまおうでは何の解決にもならないことがわかりますね。

汗を放置しない

お顔や背中など、広い範囲にできるニキビですが、できやすい部位に共通点があることがわかります。それは、皮脂分泌が盛んな部位であるということです。

そういった部位は汗もかきやすいですよね。もちろん汗もニキビを悪化させる原因になります。

夏だけでなく、一年を通して汗をかいたら清潔なタオルで押さえるようにして拭き取るか、シャワーで洗い流すことがニキビケアには最適です。

かいた汗を手で拭ったり、シャワーを浴びて自然乾燥させたりする行為はニキビをつくりだす手伝いをしているのと同じ行為です。同じタオルを洗わずに使い回すことも危険です。

汗を適切に拭き取ってスキンケアをしてお肌を保護するだけで、ニキビがつくりだされる原因を減らせます。

脱毛をするとニキビが増える?減る?実際はどちらが正しいの?

脱毛でニキビはできやすくなるのか、できにくくなるのか。結局はどちらが正しいのでしょうか?

それぞれの理由と原因を探りましたが、どちらの理由と原因もきちんと証明されたものばかり。どちらも正しいように思えて矛盾が生じてしまいましたね。

そうなると脱毛自体が問題なのか、それとも脱毛施術が問題なのか。はたまたお店側ではなく、自分の生活習慣が問題なのか。この問題をあなたはどう考えますか?

脱毛後はニキビができやすい?できにくい?

どちらも正解であり不正解と言えるでしょう。

脱毛施術自体にもニキビをつくりだす間接的な原因はありましたが、それだけでニキビが必ずできるというわけではないのは、ニキビができない人もいたことから証明されていますね。

では、脱毛後にできたニキビの原因とは何だったのでしょうか?

それは、「ニキビができやすい状態で脱毛施術を受けた」これが正しい原因なのだと思われます。

ニキビができやすい状態というものが何を指すのか、具体例を次の2つに絞り込みました。過去の経験や思い当たる節はありますか?

施術前の自己処理に失敗していない?

脱毛施術の前々日~前日には、必ず施術前の自己処理を行っています。その時に既にニキビの原因は発生しているのかもしれません。

  • 使い古しのカミソリを使っていませんか?
  • 刃の折れたシェーバーを使っていませんか?
  • 自己処理道具は使用の度に掃除していますか?
  • 自己処理後に保湿ケアをしていますか?
  • ケアアイテムはあなたのお肌に最適なものですか?

これらの項目に当てはまるものがひとつでもあれば、自己処理の時にニキビ原因をつくりだしている可能性が非常に高いといえます。

術後のアフターケアを疎かにしていない?

脱毛後はアフターケアをするように、お店側から熱心に指導を受けるのは最初の内だけではないでしょうか。

段々と施術に慣れてくるにつれ、お店側も問題が起きていないお客様には軽いひと言で指導するだけに留まる場合もあります。

そんな時、あなたは家でのアフターケアを万全に行っていますか?

アフターケアは保湿ローションやクリームをただ塗るだけではありません。お肌に異常が無いかをチェックし、熱を持っていれば冷やすなどの応急処置を行う必要があります。

お肌トラブルは発見が早いほど、治りも早いものです。いつものスキンケア以上に、脱毛部位をしっかりとチェックし、適切なアフターケアを行えているでしょうか?

ニキビ付近の脱毛はできる?

脱毛施術でニキビがどうできるのか、そしてできにくくなるのかがわかったところで、既にできてしまっているニキビへの対処も知っておきましょう。

ニキビはお肌が炎症している状態です。炎症となると、通常ならば脱毛施術を受けることができませんね。

けれど、広い背中のたった一箇所にあるだけで脱毛施術を受けることができなくなるのは悲しいです。どうにか脱毛することはできないのでしょうか?

ニキビができてしまった時に脱毛施術を受けられるか否か、その境界線をまとめました。

ニキビの状態の違い

まずはニキビの状態の違いを知っておきましょう。

ニキビは毛穴が詰まり、皮脂を餌としたアクネ菌が増殖した結果につくりだされます。このニキビの状態にはいくつか種類があり、見た目によって判別できます。

毛穴に皮脂が詰まり、ポツっと山が出来た状態は白ニキビと呼ばれますが、色はほとんどありません。見落とすくらい小さな点ですが、触るとわかります。

次の段階に行くと、詰まりの先端が酸化して黒く変色した状態になります。これが黒ニキビです。

ここからは炎症を起こした状態に入ります。

炎症したニキビが赤くなり、見た目にも一目瞭然です。これが赤ニキビです。毛穴の中ではアクネ菌が増殖しています。

更に悪化すると膿を含んで大きくなり、黄ニキビとなります。赤く炎症した中心に黄色の膿が溜まっているのがわかります。

施術を避けられるニキビとは?

ニキビがどのような状態になっているのか、ここが重要なポイントです。

ひどい炎症を起こしていなければ、基本的には大丈夫というお店が多いですが、炎症具合は様々です。

見た目はひどくなさそうに見えても、お店側がNGと判断する可能性はゼロではありません。

では、施術を避けられるニキビとはどのような状態のニキビなのでしょうか?それは赤い炎症、黄色く膿んでいる、黒や紫に変色しているなど、見た目の異常がひどいもの程、施術不可とされるようです。

また、それほど炎症を起こしていないニキビでも広範囲にある場合も、避けようがない為に脱毛施術不可とされるニキビです。

脱毛中のニキビケアはどうすれば良い?

乾燥肌や敏感肌な人ほど、脱毛施術後にニキビを生み出しやすいと言えるかもしれません。脱毛施術の度にニキビに悩まされていては、肝心の脱毛が進まなくなってしまいますね。

脱毛中のニキビケアは、何をどうするのが一番良い方法なのか。ニキビの原因を作らない、ニキビが軽症の内に治してしまおうという観点から、脱毛中のニキビケアをまとめました。

ニキビをやっつけて、脱毛ライフを満喫させましょう。

ニキビケアは正しい保湿から

ニキビケアに大切なことは、正しくお肌のバリア機能がつくられているかということです。

水分と油分はバランスよくお肌に吸収させ、日々のお肌の揺らぎに対応してバランスを変えていきます。

毎日が同じスキンケアではいけません。その日のお肌状態によって、何をどう付けるかを選ぶことが大切です。

油分が多いとニキビになりやすいからといって、保湿しないスキンケアは避けましょう。

保湿クリームやオイルの種類や量を変えるなどの工夫をして、「油分を付けない」というスキンケアにならないようにしましょう。

専用スキンケアを使うと良い

いつも使っているスキンケアは、何を基準に選んでいますか?お肌を白くしたいなら美白を、ハリが欲しいならエイジングケアをという風に、専用アイテムを選んでいるでしょう。

ならば、ニキビケアにもニキビ専用のスキンケアをフルラインで揃えるのがベストな選択です。

化粧水だけや美容液だけという使い方よりも、化粧水・乳液・保湿クリームなど全てを同じメーカーで揃えた方が効果的です。

また、スキンケアは即日の効果はありません。2週間~1か月は様子を見て、自分のお肌に合う合わないを見極めましょう。

お肌の状態を正常に保とう

ニキビは不衛生と過剰な皮脂でつくりだされます。ニキビができはじめた時がまさにその状態になっているということです。

ニキビのできはじめこそ、お肌を正常に戻す為に生活習慣全体を見直しましょう。

まずは食事です。バランスよく食べるとは言われますが、何をどう食べたらいいのかわからない人は多いでしょう。ニキビケアとして考えるべき食べ物の基準は、ビタミンを多く含む物を摂り、油分が多い物を避けることです。

豆腐、緑黄色野菜、納豆、魚などはビタミンを多く含みます。積極的に食事に摂り入れたいですね。

避けるべき食品は、チョコレートや洋菓子、ナッツ系や揚げ物です。油分や糖分を多く含んでいる為、ニキビを悪化させる原因のひとつになりやすいです。食べるにしても、適切な量を守った方がいいでしょう。

脱毛後にニキビができた際の対処法

いくらケアしていても、ニキビができてしまう時はできてしまうものです。脱毛施術後にニキビができてしまったなら、あなたはどうしますか?

ニキビケア用のスキンケアに変えたり、市販薬を塗ってみたり、生活習慣を改めてみたりするでしょうか。それでも治らなかったら?

脱毛施術後にできてしまったニキビへの対処法を考えてみましょう。いざという時の為の知識は、いくらでもあって困ることはありません。

本当にニキビか確認しよう

脱毛施術後のニキビは、単にニキビと侮っては危険です。ニキビのように見えて別のお肌トラブルかもしれないからです。

よく似ている症状のひとつに毛嚢炎という皮膚疾患があります。見た目がとてもよく似ていて、赤ニキビ、黄ニキビにそっくりです。

ぱっと見ただけではニキビだと勘違いしやすいですが、毛嚢炎はニキビとは原因が異なります。

見分け方は中心に芯があるかどうかでわかります。ニキビには中心に芯があるのが外側から見てわかりますが、毛嚢炎にはそのような芯はありません。

ただし、毛嚢炎も膿んでしまうと悪化したニキビと大差ない見た目をしてしまう為、正確な判断は難しいかもしれません。

お店に相談すると早期解決できるかも?

ニキビか毛嚢炎か、それとも別の疾患かを判断するのが難しいですね。そんな時はお店や皮膚科に行って相談するのもひとつの手段です。

痛みがあるなどの急を要するほどの症状でなければ、まずはお店に相談することで提携の専門医を紹介してもらえることもあります。

脱毛施術が原因の毛嚢炎とみなされた場合には、毛嚢炎の治療費をお店側から返還される可能性があります。

お店の方針や契約内容によって異なるので、お店とよく話し合って行動することをおすすめします。

ニキビがひどい時は急いで皮膚科へ!

自分ひとりでは何をしてもニキビが治らない時は、個人でどうにかできる範囲を超えている時です。そんな時は皮膚科を受診し、薬の力でニキビを治しましょう。

「その内、治るかもしれない」と長期間放置すると、ニキビは悪化し続けて、ニキビ自体が治っても痕が残ってしまう可能性もあります。そうなれば、脱毛施術にも影響が出てしまいますね。

自然に治癒するニキビはもちろんありますが、なかなか治らない場合や不安がある場合は専門医に診てもらうことが一番です。早期であるほど、薬の量や治療期間は少なく済みます。