脱毛するとシミができるの?消えるの?気になる脱毛とシミへの影響

顔脱毛とシミ

脱毛して自身持って肌を出したいけどシミへの影響が気になる、、、。

脱毛の光でシミが増えないのかな?脱毛後シミが消えるってホント?

脱毛のシミへの影響を考えると不安になりますよね、、、。一体どちらが本当なのか徹底検証し、真実を明らかにしましょう!

顔脱毛って効果ある?効果が実感できる回数とメリット・実際に通ってみた体験談

脱毛にシミができる・増える効果はない

脱毛が原因でシミができるわけではありません

脱毛をするときに使用する光には、シミを発生させる物質などは含まれていないのです。

しかし、元々あるシミに脱毛の光が反応して濃くなるケースもあります

シミができる本当の理由

脱毛する際に照射する光でシミを作ることはありません。

使用する医療レーザーは尾葉施術にはシミ取りに使用されるなど、美肌効果はあってもシミを作る効果はないのです。

では、なぜシミができるとウワサされてしまったか原因を探る前に、シミができる原因を明らかにしましょう。

シミができるメカニズム

あたしたちの肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層から形成されています。

シミに深く関わっているのが表皮の部分です。

表皮細胞は新しい細胞と入れ替わるときに何らかの異常で正常に入れ替われないときにシミができてしまうのです。

シミはメラニンが原因

表皮細胞ターンオーバーという新陳代謝によって深部から表面へ新しい皮膚が送り出されていますが、深層部分にはメラノサイトという皮膚を様々な刺激から守る「メラニンを」生成する細胞があります。

メラニンは茶~黒い色素で、シミの素となります。

健康な皮膚はターンおバーでメラニンを外に排出しますが、加齢やホルモンバランスの乱れによりターンオーバーが上手く行えないとメラニンが蓄積され、シミが発生します。

メラニンは刺激で増加

メラニンは皮膚を強くするのために生成されるので、刺激を受けると増加します。

紫外線を浴びたり、肌をこすったり、傷などの炎症などの刺激によって作られ、始めは正常にターンオーバーができていても、長期に渡って色素沈着が重なると色が取れなくなりシミになりなす。

脱毛によってシミができるといわれる理由

シミの原因を解明できたところで、ではなぜ脱毛によってシミができると言われているか疑問に思いませんか?

脱毛に光は紫外線と異なり、光に反応してメラニンが生成されることはありません。

毛かとして、脱毛が原因でシミができることはないのです。

なぜ脱毛でシミができると言われるのか、原因について検証していきましょう。。

ターンオーバーの促進で奥のシミが浮き出た

脱毛によって細胞が活性化されると、ターンオーバーも活発になり、奥に隠れていたシミが表面に押し上げられるため、シミが濃くなったようにかんじることがあります。

しかしこれは一時的な減少でシミは自然に剥がれ落ちます。

そのため心配することはありません。

脱毛の後の炎症を放置した

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は黒い色に反応をするという特徴があり、毛根に含まれるメラニン色素に反応させて毛乳頭に高温のダメージを与え脱毛を行います。

そのため脱毛後の肌は軽い火傷の状態になり、炎症が起きる場合もあリます。

炎症を放置しておくとメラニン色素が大量に発生して色素沈着を起こし、シミに残る可能性が高くなります。

シミではなく肝斑だった

中にはメラニン色素と関係のないシミもあり、「肝斑」といいます。

肝斑は女性ホルモンが原因となりフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の狙撃によって悪化する場合があります。

肝斑は発生すると全て肌の表面に現れるのではなく内部に潜んでいる場合もあるので注意が必要です。

脱毛でシミが消える効果も

脱毛によってシミができる場合もありますが、反対に、シミが薄くなったと感じる人も大勢います。

実際にシミが消えたり薄くなる効果はあります。一体どのような効果でしょうか?

照射の光による美肌、美白効果

光脱毛もレーザー脱毛もシミ消しの効果があります。

脱毛サロンで一般的に使われているIPL脱毛は、IPL(インテルス・パルス・ライト)と呼ばれる光を用いており、薄いシミの改善校効果があります。

さらに他には、そばかすや肌の赤みやハリ、ニキビ跡の改善などの効果も期待できます。

また、医療レーザー脱毛機として使用されているアレキサンドライトレーザーも同様に、シミ取りやニキビ、くすみ、小じわ、肌のハリの改善に高い効果が期待されます。

照射の光で肌活性化

先程、脱毛にシミよりしみができるといわれている理由でもお話しましたが、脱毛の光
によってターンオーバーが活発になり、新陳代謝が良くなります。

そうして奥にあったシミが表面に押し上げられ、最初は目に見えるシミとなりますが、最終的にはシミは垢となって剥がれ落ちていきます。

そのため肌が活性化し、より美肌となります!

脱毛中の肌にシミを作らせない方法

脱毛中も肌にシミを作らせないためには、メラニンができないように注意をしましょう。

そのためには、大切なことが3つあります。

しっかり保湿をすること

保湿された肌は、バリアが働くのでちょっとした刺激には負けません。

保湿が出きていてもカミソリや毛抜などの強い刺激はなるべく避けましょう。

 紫外線対策をすること

メラニンが生成される原因となる紫外線から肌を守ることが大切です。

季節や天候に関わらず、日傘やサングラス、日焼け止めなどの紫外線対策が重要になります。

肌トラブルは早めに対処する

脱毛や日焼けあとなどの乾燥は、放置していると悪化して肌荒れなどの肌トラブルの原因になります。

皮膚が傷ついてしまうとメラニンが急激に増えて一気に色素沈着になります。

正しくケアして美肌を目指そう

脱毛はシミの原因ではありませんが、シミの原因となるメラニンの生成を促進してしまうことも。

メラニンは常にどこかで生成されているためなくすことはできませんが、シミになることを予防することはできます。

そのために、正しい肌のケアを日々行って、脱毛の光を味方にしてツルスベの美肌を手に入れましょう!