世界の脱毛事情は国によって考え方が違う!日本と海外のVIOや全身脱毛の認識の違いとは?

世界の脱毛事情

日本は身だしなみをきちんと整え見た目に費用をかける割合が高く、脱毛についても意識している方は多いでしょう。

その証拠に日本には数多くの脱毛サロンやクリニック、脱毛クリームや家庭用脱毛器など脱毛に関する情報がとにかくたくさんあります。

人からどう見られるのかを重要視し、真面目で決めたことはきちんとこなす日本では、脱毛であっても一部分だけでなく全身しっかり処理します。

しかし他の国と比べるとどうでしょうか?

どうやら世界の脱毛事情は日本と常識や考え方が全く異なり、脱毛部位や脱毛方法まで違ったんです。

このページではそんな世界の脱毛は国民性とどう関係するのか、日本との違いを詳しく解説していきます!

世界の脱毛事情は見た目ではなくエチケットとしてお手入れする

毎日カミソリで剃ったり、脱毛サロンに通ったり、女性はなにかと大変なムダ毛処理ですが、みなさんはどんな理由で脱毛しますか?

「ノースリーブを着た時に脇毛が目立つ」「口周りの産毛が気になる」「スネ毛があるとスカートが履けない」など…

おそらく日本人女性の多くが“人から見られる”ことを意識して脱毛するのではないでしょうか。

逆に着込む冬になるとムダ毛処理を怠るなんて女性あるあるですよね。

一方で世界の脱毛事情は日本と比べてどうでしょうか?

調べてみると世界の女性は腕や脇など、いわゆる人から見られる部位ほどムダ毛を気にしないことが分かりました。

どうやら日本とは違って“人から見えない部位”こそこだわって脱毛しているようです。

ではなぜ見えない部位ほどしっかり脱毛するのか。

それは見た目ではなくエチケットのためという概念があるからです。

なぜエチケットのために脱毛をするのか?脱毛で人気の部位はどこなのか?そんな日本とは違う世界の脱毛事情についてみていきましょう。

世界の脱毛事情は日本とここが違う!

脱毛について日本は人から見られるから脱毛する、世界ではエチケットとして脱毛する、と大まかな違いをお伝えしましたが、具体的に脱毛とエチケットはどう関係しているのでしょうか。

日本は人にムダ毛を見られるのを恥ずかしいと多い、海外では自分のムダ毛で人を不快にさせないように脱毛します。

どちらも対人を意識しているという意味では同じエチケットと思われますが、日本と海外で脱毛部位は全く異なります。

日本の脱毛は不特定多数の人から見られやすい脇や腕を中心的に脱毛し、海外は特定の人に向けたアンダーヘアを主に脱毛します。

逆に日本はアンダーヘアの処理をしていない人は多いのに、海外では脇毛がフサフサの人が多いのです。

はたして海外でアンダーヘアの脱毛が人気なのはなぜなのか、そしてどんな方法で処理しているのか日本と比べてみてみましょう!

また女性だけでなく男性の脱毛事情についても調べました!

世界で好まれる脱毛部位はVIOが圧倒的に人気!

日本で脱毛部位の人気上位に上がるのは、脇や脚など人の目につきやすい部位です。

しかし世界では脇や脚よりも圧倒的に人気なのがアンダーヘアとも呼ばれる“VIO”の脱毛です。

人気というよりはもはやVIO脱毛をしているのが当たり前とされています。

特に欧米諸国では女性ではほぼ100%がアンダーヘアのムダ毛処理を行っているほど浸透しています。

近年日本でもVIO脱毛をしている人は増えてはいますが、海外と違うのはアンダーヘアの毛をツルツルにしているかどうかです。

アンダーヘアいわゆるVIOの毛をすべて無くしてツルツルにしている状態の“ハイジニーナ”が海外では主流なのです。

ハイジニーナとは衛生という意味があり、デリケートゾーンを清潔に保つために脱毛します。

アンダーヘアに関しては日本人女性の約60%は何かしらの処理をしているようですが、ツルツルのハイジーナ状態の人は1割未満です。

アンダーヘアをツルツルにするのが恥ずかしいという方も少なくありません。

海外ではアンダーヘアの脱毛に関しては衛生面はもちろん、性病予防やパートナーへのエチケットとして、VIO(ハイジーナ)脱毛が常識化しています。

最近では海外セレブや有名人がハイジニーナ脱毛をしていると公言したことで、じわじわと日本でもハイジニーナ脱毛の需要が増えつつあるようです。

世界の女性は脇毛が生えていても気にしない?

日本の脱毛に関するCMや広告をみてみると、脇毛が気になって電車のつり革を掴めないといった

やはり人から「剛毛だと思われたくない…」「ムダ毛が生えてると引かれそう…」などムダ毛についてネガティブなイメージしかありません。

しかし海外では日本人女性ほど見えている部分に対するムダ毛の意識は高くなく、わざわざ脱毛してまで脇や腕の毛を無くすという文化はありません。

日本の人気脱毛部位No.1の脇に関しては海外の女性からすると「生えて当たり前」とされ、フサフサな人も多いくらいです。

特に欧米やヨーロッパでは性別関係なく「身体の毛は皮膚を守るもの」という考えが多く、アンダーヘアとは違って脇や腕に毛が生えていることが衛生面には関係しないので、逆に肌へのダメージを防いでくれる毛を無くす必要はないとされています。

海外の方で女性でも脇に毛が生えっぱなしでTシャツやノースリーブを着ている人を見かけたことはありませんか?

海外では脇毛が生えていることは恥ずかしいことではないのです。

一方日本では脇など普段の生活で人目につきやすい部位は完璧に処理していても、アンダーヘアは未処理という方は少なくありません。

衛生的に気になる部位をエチケットとして脱毛するのか、人から見られる部位を脱毛するのかが世界と日本の大きな違いです。

世界で主流の脱毛方法は毛質で異なる!

世界と日本の脱毛部位が違うことは分かりましたが、海外ではどのような方法で脱毛するのでしょうか。

海外の脱毛方法は“ワックス脱毛”が主流とされています。

日本で主流とされる肌に光を当てるフラッシュ脱毛だとワックス脱毛とが違い脱毛できる毛質に条件があります。

フラッシュ脱毛は毛の黒い部分(メラニン)に反応する光を当てることで毛根にダメージを与え、ムダ毛の生成を抑制するというシステムです。

毛の色が薄いとフラッシュの光が反応せず、ムダ毛にダメージを与えにくく脱毛効果が得られないのです。

またフラッシュ脱毛は濃い色に反応しやすいので、肌色が濃い人だと火傷の恐れがありフラッシュ脱毛自体が危険です。

そのため海外では毛質を選ぶフラッシュ脱毛ではなく、ワックス脱毛が一般的に用いられています。

ワック脱毛の中でも欧米やヨーロッパではブラジリアンワックスがオーソドックスな脱毛方法のようです。

カミソリやフラッシュやレーザーを使わず、アンダーヘアでも安全に処理できるという点から、若いうちからこの方法で脱毛を始めることが多いです。

世界ではメンズでもVIO脱毛が当たり前!

日本の場合、脱毛といえば女性がするものというイメージが強く、最近でこそメンズエステという言葉をよく聞くようになりましたが、「毛深いことが男らしさの象徴」「男たるもの脱毛なんてありえない」なんて考え方が根付いているのか、日本では男性の脱毛に偏見がある人も多いでしょう。

ですが海外の男性は日本とは違い積極的に脱毛しています。

海外女性がエチケットとしてVIO脱毛は常識とお伝えしましたが、同じように海外男性の脱毛もエチケットという考えから脱毛します。

女性と違って毛が多くて濃い男性の毛は、女性を不快にさせないよう脱毛する人が多いようです。

日本では考えられないかもしれませんが、欧米の男性はほぼ100%がアンダーヘアをツルツルにしています。

アンダーヘアを処理していない状態で病院に行くと、「アンダーヘアを処理してください」と指摘されることもあるんだとか。

日本だとよく無精髭はだらしないとされていますが、それと同じように海外では男性でもアンダーヘアを脱毛していないと、だらしなく不潔といった印象を持たれます。

海外ではアンダーヘアの毛が無いことが恥ずかしいのではなく、毛があることの方が恥ずかしいのです。

男らしさや女らしさではない、アンダーヘアの脱毛はエチケットということですね。

世界の脱毛事情には国民性が関係している!ムダ毛に対する意識の違いとは

世界と比べると日本とは脱毛部位や脱毛方法に違いがあることが分かりました。

しかしそんな脱毛にもお国柄があるようで、欧米やヨーロッパ、中東、アジアなど国によって脱毛する理由や考え方はさまざまです。

どんな部分が共通しているのか、どこが国によって違うのか、世界各国の脱毛事情やムダ毛い対する考え方をまとめました。

日本は人から見られる部分だけ脱毛する

日本は近年、メンズエステやブラジリアンワックス、ハイジニーナ脱毛など、海外の影響を受けている部分もありますが、

まだまだ「女性はムダ毛がないのが当たり前」「男性は普通脱毛しない」など、昔からある価値観が強く根付いています。

日本人女性は人から見える部分はしっかり脱毛するのに対し、海外では常識のVIO脱毛には無頓着なのが日本の脱毛事情です。

VIOの脱毛が主流となっても、海外のようにツルツルにするハイジニーナには抵抗があるようです。

歴史や伝統を大切にする日本だからこそ、新しい文化はなかなか浸透しづらいでしょう。

女性にムダ毛が生えていると幻滅する男性が多かったり、男性が脱毛していると男らしくなかったり、女性らしさや男性らしさが重要視されているのも、世界から見ても日本は強い傾向にあります。

アメリカは100%VIO脱毛している

アメリカはアンダーヘアに関する脱毛の意識が特に高く、アンダーヘアの通称VIOを脱毛するのがエチケットとされています。

そしてアンダーヘアがツルツルの状態、ハイジニーナにするのが一般的です。

男性女性ともにほぼ100%がアンダーヘアの処理をしているほど、アンダーヘアの脱毛は常識とされています。

一方でアンダーヘア以外のムダ毛は特に気にしない傾向にあり、女性でも脇毛がふさふさな人は多いです。

衛生的に気になるアンダーヘアはツルツルにするけど、衛生的に問題ないパーツは脱毛する必要が無いということですね。

アメリカはもともと移民の多い国なのでそれだけ価値観もさまざまですし、世界中から人が集まるアメリカらしく脱毛でも人目を気にしない文化があります。

例え脇や腕のムダ毛が目立っていてもアメリカでは恥ずかしいことではないのです。

また日本とは違いタトゥーを入れている人も多く、その部分に毛があると邪魔になってしまうという理由もあるようです。

ドイツは潔癖な国民性だからムダ毛は許せない

ドイツの国民性は真面目で潔癖な傾向が強く、ムダ毛が生えていることは不潔というイメージを持たれます。

特にアンダーヘアを処理していないことは男女ともに×です。

アメリカと違うのはドイツは脇毛もムダ毛という扱いなので、VIOと一緒に脇毛もしっかり処理します。

毛質は柔らかく細いため脱毛方法はワックス脱毛が主流で、男性の場合はシャワーの際にササッと剃ってしまいます。

スペインは毛が生えてる方がセクシー?

ヨーロッパは広いのでそれだけいろんな価値観があり、体毛を気にして脱毛する人と、気にせずそのまま放置している人に分かれます。

しかし陽気な気候で情熱の国とも呼ばれるスペインは、他の国と同じくアンダーヘアのケアには気を配ります。

一方でアンダーヘア以外のムダ毛にはノータッチな人も多く、毛が生えている方がセクシーな印象を持たれることもあるようです。

ワックス脱毛もありますが、スペインはフランス人同様に毛質が柔らかくチクチクしないので、ハサミで短くカットする程度で良いんだとか。

フランスはムダ毛処理よりはニオイケアに敏感

オシャレで洗練されたイメージのあるフランスでは、デリケートゾーンケアへの関心は高いものの、少し毛が生えてるくらいがセクシーとされています。

ヨーロッパ自体が個人主義の傾向に強いので、ツルツルのハイジニーナにする人や、少し整える程度、自然に生えっぱなしの状態を好む人までさまざまですが、がっつり脱毛するというよりはナチュラルな処理を好むようです。

フランスは白人が多く色素も体毛も薄いので、ムダ毛を処理していなくても目立ちにくいというのもあります。

ただニオイに関しては敏感で、デオドラントや拭き取りシートなどデリケートゾーンをケアするアイテムは、他の国より充実しています。

もともとあるものは活かしつつ、衛生的なエチケットは重要視しています。

ブラジルはブラジリアンワックスの発祥の地

ブラジルをはじめとした南米地域は、アンダーヘアを処理する意識が高く、ワックス脱毛によってツルツルにします。

最近日本でもよく聞くブラジリアンワックスはブラジル発祥の脱毛方法です。

ブラジルの女性が身に着けるショーツは面積が小さいものが主流で、ブラジリアンワックスそのアンダーヘアを処理するために生まれたといわれています。

大きなお尻が美の象徴とされるブラジルでは、アンダーヘアをツルツルにして、Tバックなどお尻を強調したセクシーな服を身に着けます。

美意識が高く自分磨きにお金も時間も惜しまないブラジルの女性は、衛生面だけでなく美しさも重要視して脱毛するのです。

オーストラリアは海に行くから脱毛する

オーストラリアは白人系からアジア系の人まで移民が多い国なので、脱毛の個人差はとても大きいです。

白人系の人はアンダーヘアをツルツルに、アジア系の人は毛を少し残す傾向にありますが、オーストラリアでは多くの人がよくビーチに行くので、アンダーヘアの処理は当たり前とされています。

ビーチに行く=水着を着るという理由でアンダーヘアを処理します。

そのためオーストラリアでは脱毛サロンやブラジリアンワックスのお店が多いんです。

ただデリケートゾーンのケア自体はエチケットとしても重要視しているものの、アンダーヘアについては交際相手に合わせる人も少なくありません。

イスラム圏は宗教上の理由で脱毛する

イスラム圏の国々では進行する宗教の教えで清潔さを大切にしています。

そのためアンダーヘアだけでなく脇など体毛のムダ毛処理にとても熱心です。

特にイスラム教は「爪を切ること・陰毛を剃ること・脇毛を抜くこと・口ヒゲを揃えること」と定められているため、男女ともにしっかり脱毛しています。

イスラム教徒の女性は基本的に衣類や布で身体を隠すので、一見脱毛は必要ないようにも思えますが、人目やエチケットというようりは宗教上の理由で脱毛をするということです。

韓国は美容大国らしく脱毛も美容目的

韓国は整形大国でもあるように美意識の高い女性が多く、整形はもちろん化粧品なども多くの美容アイテムが存在します。

そして脱毛はアンダーヘアだけでなく全身の処理を徹底しています。

美容の一環で脱毛もするということですね。

サロンは脱毛だけでなくお肌をキレイにする目的で通うようです。

この美意識による脱毛は女性だけでなく男性も同じで、韓国では男性も化粧をするのが普通なように脱毛も珍しいものではありません。

中国はムダ毛を処理する文化がない

逆に中国に関してはムダ毛を処理するという文化がほとんどありません。

中国は国土が広く人口も多いので一概にはいえませんが、ムダ毛処理によって肌にダメージを与えるよりは美肌を保つために処理しない方が良いという考えです。

そのため中国には脱毛サロンがほとんど無く、脇や腕などのムダ毛が生えっぱしの女性も多いです。

同じアジア圏でも韓国と中国では、脱毛や美肌に関する意識が大きく違います。

脱毛するなら高性能な日本のサロンがおすすめ!

アンダーヘアの脱毛に関しては海外の方が意識は強いですが、全身脱毛の需要は世界から見ても日本はトップクラスです。

日本の脱毛サロンで使用されている脱毛器は非常に高性能で、肌へのダメージを考慮しつつも強いパワーでしっかり脱毛効果が得られます。

また脱毛だけでなく美容効果も兼ね備えているのも魅力です。

サロンに通うだけでなく、自宅でもサロン同様の効果が得られる家庭用脱毛器の種類も豊富にあります。

海外では日本のような機械を使った脱毛ではなくワックス脱毛が人気です。

ワックス脱毛以外の脱毛方法は海外では馴染みはなく、逆にワックス脱毛は日本だとあまり知られていません。

ワックス脱毛はワックスを皮膚に塗り、毛とワックスが接着したら一気に引き剥がしてムダ毛を毛根から取り除きます。

そのため敏感肌や乾燥肌など比較的肌が弱い日本人にはあまり向いていません。

日本の脱毛方法で最も主流のフラッシュ脱毛は毛に直接アプローチをかけることで肌へのダメージを防ぐので、日本の多くのサロンが取り入れている脱毛方法なのです。

またアンダーヘアだけでなく全身ケアするならワックス脱毛よりフラッシュ脱毛の方が効率的です。

しかもフラッシュ脱毛は対応できる肌色や毛質に条件があるので、世界的にみるとあまり浸透していないのが理由です。

例え海外でフラッシュ脱毛ができるサロンがあったとしても、日本のように技術が優れていなかったり、施術前後のケアが十分に受けられなかったりなど、満足のいく施術ではない可能性があるので要注意です。

もしこれから海外い行く予定のある方は、今のうちに比較的安価に全身脱毛ができる日本のサロンで脱毛を始めることをオススメします。

脱毛サロンには全身はもちろん、VIOのみの脱毛やVIO+脇など、コースの種類も豊富ですよ。

世界の脱毛事情は日本と真逆!脱毛には国民性が大きく影響していた

日本と海外では脱毛部位から脱毛方法、ムダ毛に対する考え方まで全く異なることがわかりました。

世界は広いのでもちろん国によって違いますし、個人によっても考え方は違います。

しかし大まかに比べると日本との脱毛への違いはこのような結果となりました。

日本:人から見られる部位はしっかり脱毛するが、アンダーヘアは無頓着。男女でムダ毛への先入観がある。
海外:男女ともにアンダーヘアはしっかり脱毛するが、人から見られる部位のムダ毛は気にしない。

人目を気にしやすい日本人らしさが良くも悪くも脱毛にも表れていますね。

海外では見た目や性別関係なく、特定のパートナーに向けてアンダーヘアの脱毛が当たり前になっています。

女性だから脇毛が生えている、男性だから脱毛しているなどの先入観や偏見は日本に比べて少ないです。

日本の良い文化は大切にしながらも、日本でも性別に縛られず多様性がもっと受け入れられるようになると良いですね。

海外は基本的にお付き合いのマナーとして相手を思って脱毛します。

もし海外の方と親しい関係になることがあれば、思い切ってアンダーヘアをツルツルにするハイジニーナ脱毛がオススメです。