産毛は医療脱毛(レーザー脱毛)で抜けない?産毛と相性の良い脱毛方法とは?

産毛のレーザー脱毛は可能?

産毛を脱毛したい時に悩むのが、脱毛サロンに通うかクリニックに通うかでしょう。

サロンは光脱毛、クリニックはレーザー脱毛という方法を使うので、施術の質が異なります。

産毛の脱毛で相性が良いのはどちらでしょうか。最適な産毛の脱毛方法を紹介していきます。

【2019年最新】産毛脱毛におすすめのサロンランキング!人気サロンの口コミ・評判を比較

医療脱毛(レーザー脱毛)で産毛が抜けない訳ではない

医療脱毛では、産毛は抜けにくいと言われています。

理由としては、レーザーは毛の黒いメラニン色素に反応して照射されるからです。産毛のような細くて薄い毛はメラニン濃度が低いので、レーザーが上手く作用しないと言われています。

しかし、これは脱毛サロンでも同じことです。サロンで用いられる産毛脱毛もメラニン色素に反応するので、産毛への効果はどうしても低くなってしまいます。

反応しにくいのは確かですが、産毛が抜けない訳ではありません。

産毛に効果のあるレーザーもある

また、脱毛に用いられるレーザーが全て産毛に効果がない訳ではありません。

医療レーザーには主に4種類あり、産毛脱毛に適したものも存在します。

・アレキサンドライトレーザー ×
・ヤグレーザー ×
・ダイオードレーザー(SHR方式) ◎
・ダイオードレーザー(HR方式) 〇

最近よく宣伝されているアレキサンドライトレーザーは美肌効果が高く女性に人気ですが、産毛に対する効果は低いです。

ヤグレーザーはメンズのヒゲ脱毛で用いられることが多い、太く濃い毛に効果の高いレーザーです。
こちらも産毛の脱毛効果は低いので注意しましょう。

産毛脱毛に効果が高いのが、ダイオードレーザーという蓄熱式の脱毛マシンです。

照射されたレーザーが皮膚の上面を通過し毛母細胞にダメージを与える仕組みで、毛根の見つけにくい産毛への効果も高いです。

脱毛サロン、クリニックを選ぶ際は、脱毛方式もしっかりチェックをしておきましょう。

ダイオードレーザーを照射できる脱毛器

ダイオードレーザーを照射できる主な脱毛器は、こちらの3点です。

  • ライトシェアデュエット
  • メディオスター
  • ソプラノアイス

ライトシュアデュエットは皮膚を吸引しながら脱毛をおこなうタイプのマシンです。

皮膚の奥深くへ確実に照射でき、産毛や細い毛にも高い効果を期待できます。

メディオスター・ソプラノアイスは蓄熱式の脱毛器で、じんわりとした熱を肌に照射していきます。

アリシアクリニックやリゼクリニックなどがライトシェアデュエットやとメディオスター、レジーナクリニックなどがソプラノアイスを利用しています。

産毛をまとめて脱毛するプランはないので注意

産毛をまとめて脱毛するプランというのはありません。

産毛というのは、どちらかというと毛の種類になります。

サロンやクリニックで脱毛を依頼する場合は部位別にプランを組むので、産毛とそれ以外の毛をまとめて脱毛するようになります。

全身の毛が気になる方は、全身脱毛をすれば産毛を満遍なく処理することができます。

お金がもったいない、ピンポイントにお手入れしたい方は、産毛の生えやすい以下のような部位を指定するのも一つの手です。

  • 背中
  • お腹
  • お尻
  • 手の甲・指
  • 足の甲・指

産毛脱毛の際は増毛化・硬毛化のリスクに注意

産毛を脱毛する際に最もリスクなのが、増毛化・硬毛化です。

光やレーザーを照射することで、産毛が逆に太くなったり、濃くなったりする恐れがあるのです。

なぜ脱毛をしているのに毛が太く濃くなってしまうのかですが、そのメカニズムは完璧に分かっている訳ではありません。

つまり、増毛化・硬毛化を100%防止する手立てはないのです。

増毛化・硬毛化保証のあるサロンやクリニックを選ぶ

サロンやクリニックの中には、増毛化や硬毛化が万が一起こった時のために、保証を用意しているところもあります。

つまり、増毛・硬毛してしまった毛の処理に関しては店舗側が負担してくれるということです。

もしこの保証がない場合、予定していたよりも多くお店に通わないといけなくなるので、料金や時間はより多くかかってきます。

増毛化・硬毛化が起きると通っているお店のせいだと思い、突発的に解約してしまう方も多いです。

ただ、毛が太く濃くなった状態で他サロンに通い始めるのは大きなリスクでもあります。

必ず増毛化・硬毛化保証が付いているかを確認した上で契約する、万が一毛が変化してしまった時の責任を取ってもらうことが大切です。

産毛脱毛ならSHR方式の医療クリニックが最もおすすめ

医療脱毛は産毛と相性が悪いというのが定説でしたが、サロン脱毛と医療脱毛を比較すれば、永久脱毛や、それに近い効果を得られるのは医療脱毛だけです。

ただ、従来採用しているレーザーが産毛と相性が悪いというのがネックでしたが、現在では産毛への効果が高いSHR方式の脱毛マシンを採用しているクリニックも増えてきました。

サロン脱毛よりは、こうしたSHR方式医療脱毛のほうがずっと高い効果を見込めるでしょう。
クリニックがどんな脱毛方式を採用しているかに関しては、公式サイトに掲載されている場合もありますし、無料カウンセリングで確認をしなければ分からない場合もあります。

かならず契約前に確認をおこない、産毛に適した脱毛方式なのかをチェックしましょう。

医療脱毛で産毛がなくなる期間・回数

レーザーを利用して産毛脱毛をおこなう場合、一度の施術で全て毛が抜ける訳ではありません。

何回か通わなければ、産毛を丸ごと処理することはできないのです。

一般的には、太い通常の毛は先に抜け、産毛はその後に抜けるようになります。

また、産毛は生えている部位によって、脱毛にかかる期間と回数が異なってきます。

部位 産毛脱毛が完了するまでの回数
全身 10回以上
10回以上
ワキ 6回以上
Vライン 6回以上
I・Oライン 10回以上
腕・足 6回以上

例えば全身脱毛を依頼する場合、10回に差し掛かる前に全身の毛がだいぶ薄くなり、産毛がうっすら生えている状態になります。

こうなれば、外から見ても毛がびっしり生えているという印象を受けませんが、産毛まで完璧に処理したいと思うのであれば、そこからもう一歩長い時間通う必要があります。

メラニン色素の少ない産毛はレーザー脱毛でも時間がかかる

SHR方式の脱毛ならメラニン色素の少ない産毛でも問題なく対応することができますが、それでもやはり産毛ほど色素が薄くなると、どうしても時間がかかってきます。

ただ、脱毛サロンに比べると時間はスピーディです。回数も時間もだいたい半分ほどで完了させることができます。

いざ産毛の脱毛を目指す方は、スケジュールの計画をしっかりしておく必要があります。

産毛のレーザー脱毛(医療脱毛)におすすめのクリニック3選

産毛をレーザー脱毛したいと思ったら、どちらに依頼するのがおすすめなのでしょうか?

今回は、産毛の医療脱毛におすすめなクリニックを3つ紹介していきます。

 レジーナクリニック

レジーナクリニック

脱毛の範囲 全身可能
料金(全身26か所5回) 6,300円(税抜)から
保湿ケアの有無 あり

リゼクリニック

リゼクリニック

脱毛の範囲 全身可能
料金(全身脱毛3回) 3,000円(税抜)から
保湿ケアの有無 あり

アリシアクリニック

アリシアクリニック

料金(全身脱毛5回) 4,200円(税抜)から
脱毛の範囲 全身可能
保湿ケア HPに記載なし

 

産毛のレーザー脱毛(医療脱毛)を成功させるコツ

レーザー脱毛は、どんな方にも一定の効果がみられる訳ではありません。
肌質や毛の質によって効果が変わることもありますし、全く効果を実感できない方も少なくありません。

産毛脱毛を成功させるためには、一体何に注意をすれば良いのでしょうか?

プランの回数を多めに設定する

レーザー脱毛は即効性のあるものではなく、何回か通っていく上で効果を実感していきます。

プランを組む際も、回数が多ければ多いほど、その効力は高くなります。

確実に産毛を脱毛したい方は、多めの回数でプランを設定しましょう。

剛毛が悩むという方は、目安として平均回数+3回ほどを見込んでおくと良いですよ。

効果を気長に待つ

前述の通り、脱毛効果は時間をかけないと実感できないものです。

しかし、中には通ってから数回で「全然効き目がない!」と怒り、解約をしてしまう方もいます。

これではお金のムダですし、また通い直すことにもなりかねません。

効果の大小はあれ、誰しも必ず効果は出るので、まずは気長に待ちましょう。

産毛の処理にも医療脱毛(レーザー脱毛)は効果的

産毛脱毛は医療脱毛と相性が悪いというのをよく聞かれたかと思います。

ただ、結論から言えば、産毛の処理にも医療脱毛はかなり効果的です。

しかし、医療脱毛の中でも産毛に効果のあるタイプとないタイプがあるので、十分注意をしてクリニック選びをするようにしましょう。