脱毛サロンはやっぱり痛い?痛みがなく効果も高いサロンはある?

脱毛サロンは痛い?

脱毛のことを調べると、必ず行き当たるのは「脱毛時の痛み」についてです。どれだけ痛みを感じるのかを調べるほどに、「すごく痛かった!」や「耐え切れない!」などの口コミが目につきます。

脱毛施術をする前から、恐怖だけが先行してしまう口コミに、脱毛自体を止めようかなんて考えるのは早計ですよ。

脱毛時の痛みには、かなりの個人差があります。痛くない人は、ほぼ痛みを感じません。では、なぜそれほどの違いが現れるのか気になるところですよね。

痛みの程度の差や、どんな痛みを感じるのか。そして痛くならない為の対処法などをご紹介します。

できる限り痛みの少ない脱毛施術で、つるつるの綺麗なお肌を目指しませんか?

全身脱毛におすすめの脱毛サロン比較ランキング!利用者の口コミから選ぶ決定版

痛みが少ない脱毛サロンを厳選紹介

脱毛サロンの使っているマシンが旧式であるほど、利用者は痛みを感じてしまいやすくなります。

逆に、最新の脱毛方式を採用している場合は、痛みを感じにくく、敏感肌でも簡単に利用することができます。

ここからは、痛みを感じにくいと評判の脱毛サロンを3つ厳選紹介していきます。

ミュゼ

ミュゼの基本情報

料金(全身脱毛) 月額8,400円から
対象部位 全身21箇所(顔・VIOを含まない)
美肌ケア あり
予約の取りやすさ △ 平日昼に通える人がおすすめ
  • 脱毛業界でトップクラスの規模
  • 多くのモデル・有名人と同じお手入れが出来る
  • 不定期で実施される激安キャンペーンがお得

ミュゼは従来は痛いと言われることも多かったのですが、最新の脱毛方式を導入してから痛みがおさまり、また脱毛のスパンも短くなっています。

初回の利用者には激安キャンペーンを実施してもいるので、かなりお得にツルツルになることができますよ。
ミュゼの口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

ストラッシュ

ストラッシュの基本情報

ストラッシュ
料金(全身脱毛) 顔やVIO脱毛を含む61箇所
対象部位 全身53箇所(顔・VIOを含む)
美肌ケア オプション
予約の取りやすさ ×平日でもなかなか取れない
  • 痛みの少ないSHR脱毛
  • 施術にかかる時間が短くてスピーディ
  • 料金体系がわかりやすくて安心

ストラッシュはSSC脱毛の先駆け的サロンです。

日焼けをしている方ならストラッシュ、というのを聞いたことも多いのではないでしょうか?

ストラッシュには通い放題プランもあり、剛毛にコンプレックスを持つ方でも安心して通い続けられるのがおおきなメリットです。
ストラッシュの脱毛の口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

脱毛ラボ

脱毛ラボの基本情報

料金(全身脱毛) 月額1,490円から
対象部位 最大で全身54箇所(顔・VIOを含む)
美肌ケア あり
予約の取りやすさ
  • 月額制だから幅広い人が通いやすい
  • 痛みが少なく効果の高いS.S.C.方式
  • 脱毛しながら美肌効果も期待できる

脱毛ラボも、肌に優しい光を採用しているサロンです。

月額が業界の中でも圧倒的に安く、学生やフリーターなどおサイフに不安を覚える方にもおすすめです。

ただ、月額が安いからと言って総額が安い訳では決してないので注意が必要です。
脱毛ラボの口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

【結論】痛みが0の脱毛サロンはない!

想像してみてください。今、しっかりと皮膚の奥から生えているムダ毛を抜いたとしたら、痛みを感じますよね?

脱毛時の痛みを最小限に抑えるべく、様々な脱毛方法がありますが、まったく痛みが無いという脱毛方法は、現在のところありません。

どんなに痛みに弱い人でも、脱毛時の痛みは我慢するしかないのが厳しい現状です。

けれど、どんな痛みを感じるのか。それを知っていたら少しは心の準備ができますね。脱毛時にはどんな痛みを感じているのでしょうか?

輪ゴムで弾かれる痛みから燃えるような痛みまで様々

痛み方やその痛みの感じ方は本当に幅広く、「この脱毛方法・脱毛部位は必ず痛い!」というものではありません。

輪ゴムで弾かれるような痛み、熱湯に触れたような痛み、針で刺されたような痛みなど、人によって感じ方は様々ですが、共通しているのはどれも一瞬だということです。

ですが、痛いのは怖い!辛い!という人にとって、脱毛時の痛みは耐え難いという人がいるのも間違いではありません。痛みに対する心の準備はしておいた方がいいかもしれませんね。

脱毛の方法でも痛みの感じ方は違う

脱毛時に感じる痛みは、脱毛方法によっても大きく異なります。

光脱毛、レーザー脱毛は一瞬の熱さを感じるような痛みや、ぴりっと静電気が走ったような痛みが照射部位に走るように感じることが多いようです。針で刺されたようにチクっと痛むのはニードル脱毛です。

痛みの大小は人によって違いますが、どれも飛び起きるほどの痛みではないことがほとんどです。けれど、中にはやはり「かなり痛かった」という感じ方をされる人もいるようです。

様々な感じ方の違いがある脱毛時の痛みですが、一体どの脱毛方法が一番痛いか知っていますか?

脱毛クリニックのレーザー脱毛はサロンより痛く感じがち

脱毛クリニックのレーザー脱毛は、脱毛サロンとは違って痛みを感じやすいと言われています。それはなぜでしょうか?

まず、脱毛クリニックについてご説明します。

「クリニック=診療所」の言葉が意味するとおり、脱毛クリニックとは脱毛施術を行う病院のことです。

病院は高度な医療機器を持つことが許されていますよね。脱毛機械も同じく、脱毛サロンよりも出力の高いものが取り入れられています。

出力の高さは痛みの強さにも比例します。脱毛サロンよりも痛みを感じやすいと言われるのはこの為です。

最も痛いのはニードル脱毛!針で毛根を1本ずつ破壊

数ある脱毛方法の中で、どの方法が一番痛いか知っていますか?その痛みの強さは、痛みに弱い人は、できればこの脱毛方法は選ばない方が良いと思えるほどです。

一番痛みを感じやすいのは、ニードル脱毛です。

ニードル脱毛は、毛穴に細い針を刺し込み、微弱な電気を流すことでムダ毛を除去していく脱毛方法です。

まず、毛穴に針を刺す行為で痛みを感じやすく、そして微弱ながらも電気を流す時にも痛みを感じます。ダブルで痛いので、痛みに強い人でさえも「いやだな」と思うレベルです。

けれど、ムダ毛1本ずつに対して脱毛するので、確実にムダ毛が減っていきます。

再生率も低いので、永久脱毛を目指す為ならば多少の痛みに耐えるという選択をする人もいます。

脱毛部位によっても痛みの感じ方は違う

痛みの感じ方は、脱毛する部位によっても異なります。自分が脱毛する部位が痛みを感じやすいのかどうか、それを知っておくだけでも心の準備ができます。

では、どこの部位が一番痛みを感じやすいのでしょうか?やはり皮膚の薄いお顔?それともデリケートなvio?それとも?

そして、部位ごとにどんな痛み方をするのでしょうか。刺すような痛みに熱さを感じるような痛みなど、痛みといっても種類は様々。何も知らないで施術を受けたら、びっくりして思わず声を出してしまうかもしれませんね。

脇脱毛は痛いが本数が少ないので我慢できる

脇は他の部位の体毛が薄い人でも、割と濃い毛になりやすい部位です。黒い色素に反応する光やレーザー脱毛では、やはり毛が濃いと痛みを感じやすくなります。

また、脇という部分で見ても、柔らかいお肌なので痛みをより感じやすいということもありますね。

痛みの程度は、ちょっとした静電気に触れるくらいのものや、細い輪ゴムで弾かれたような痛みだったと感じる人もいます。

痛みこそありますが、脇は毛の濃さの割には本数が少な目で、腕や脚に比べて範囲が狭いので、少しの痛みならば余裕で我慢できます。

顔脱毛は痛い人・平気な人に分かれる

お顔のお肌はとても繊細!だからこそ痛いのでは?と想像するところですが、不思議と痛かった人と平気だった人とに、きっぱり意見が分かれます。

皮膚自体が薄く、骨にも近い部位が多いので痛みを感じやすいお顔。痛いと感じた人は、骨に近い眉間や鼻下で痛みを感じるようです。

痛みの程度は、チクっとした静電気のような感じや小さな輪ゴムで弾かれたような感じが多いですね。

平気だった人は、パチっと何かが触れた程度の感触だとか。羨ましいですね。

vio脱毛は9割以上の方が痛みを感じる

体の中で一番のデリケートな部位であるvioは、やはり痛みと無縁ではいられません。この部位だけは、多くの人が痛みを感じ、しかも痛みの程度も大きいようです。

デリケートゾーンがなぜ痛みを感じやすいのか?それはもちろんデリケートな部位であることもありますが、もうひとつ毛自体に違いがあります。

デリケートゾーンの毛は性毛と呼び、思春期以降に生えてくる体毛です。この性毛は性ホルモンの影響を受けるので、濃くて太い毛になりやすいのが特徴。

そして、この性毛に当てはまるのが、デリケートゾーンや脇といった毛が濃く太くなりやすい部位なのです。

部位自体がデリケートということもありますが、骨にも近く、下着などの摩擦によって色素沈着が起きているから痛みを感じやすいという理由も影響しています。

ほとんどの人が感じる痛みは、太い輪ゴムで弾かれたような痛みです。輪ゴムは輪ゴムでも、太い輪ゴムで弾かれたら痛みに強い人でも無反応ではいられません。

意外?膝の脱毛が一番痛かったという声も

元々露出している、露出しやすい部位なら多少の痛みくらい我慢できる!という強気な人もいますね。主に腕や脚のことですが、実はこの部位のある一部分がとても痛みを感じやすいのです。

その部位とは、膝です。脱毛時に痛みを感じやすい条件は憶えていますか?色素沈着を起こしている、皮膚が薄い、デリケートな部位の他に、骨に近いという条件がありましたね。

膝はまさに骨がすぐ近く!

飛び上がるほどの痛みではありませんが、思わず脚が動いてしまうような痛みを瞬間的に感じやすいです。

「痛いほうが効果がある」って本当?

痛みとは切り離せない脱毛ですが、痛みはどのくらいまで我慢するのが正しいのでしょうか?噂では「痛いほうが効果がある」なんて話を聞くこともあります。

効果が高まるなら、痛いのを我慢するべき?なんて悩んでしまいそうな噂ですよね。

脱毛時の痛みは、どこまで我慢しなければならないのでしょうか。どんな時に痛みを感じやすいのか、どうやったら痛みを軽減できるのかなど、脱毛時の痛みに関係する噂を集めました。

ただの噂に惑わされる前に、事実を確かめておきましょう。

マシンのパワーを上げると痛みが強くなるのは事実

脱毛時の痛みはどうしてあるのか?その原因のひとつは脱毛機械のパワーに関係しています。

基本的に人体に影響のない出力しか出しませんが、痛みを感じにくい人や毛の薄い部位に対しては、脱毛効果を上げる為に出力を上げることもあります。

パワー自体が上がるので、痛みを感じやすくなるという仕組みです。

脱毛効果は上昇しますが痛みが伴ってくるので、我慢ばかりを選択するのは問題ですね。痛みがひどい時は出力を下げてもらうことも可能です。

その分、脱毛効果も下がってしまいますが、下がった脱毛効果は回数を増やすことで対応できます。

出力を下げるか維持するか、どちらを選ぶかは痛みの強さ次第ですね。

強い光を当てると肌の負担も増えてしまう

痛いのは嫌だけれど、脱毛効果を下げるのは嫌!と思う人は多いですよね。脱毛施術にかかる時間はとても短いもの。

その間くらい我慢するから、早く脱毛を終わらせたいと願いがちですが、痛いだけでは済まないこともあるので要注意です。

脱毛機械の出力を上げることで脱毛効果は確かに上昇します。しかし、それはお肌への負担も増しているということに気が付いていますか?

強い出力で光を照射することで、お肌をより乾燥させやすくなり、ひどい時には炎症などのお肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

1回の脱毛効果の為に、痛みとお肌への負担を天秤にかけるべきでしょうか?

痛くないサロンでも保湿・回数に気をつければ効果は出る

ここまでで「脱毛施術=多少痛い」という考えが定着してしまったかもしれませんね。けれど、必ずしも痛みがある施術ばかりではありません。

最新の脱毛サロンの脱毛機械は、痛みをより感じにくい仕様になっているものもあります。相当敏感な人でなければ、ほとんど痛みは感じないほどです。

かといって脱毛効果が特に低いという事もありません。脱毛効果をしっかり保ちつつ、機械技術の進歩で痛みやお肌への負担だけが少なくなっています。

とは言え、医療用レーザーなど痛みを強く感じやすい脱毛方法に比べれば、脱毛サロンの光脱毛は脱毛効果がやや劣るのは事実。

ですが、痛みの少ない光脱毛でも、しっかりと脱毛効果は出ることが実証されています。それには、しっかりとしたスキンケアや脱毛計画があってこそ。

脱毛した後だけに限らず、毎日清潔を保ち、しっかりと保湿してあげることで脱毛効果を得やすいお肌状態にすることが大切です。

そして、早く脱毛効果を得たいが為に、短期間で何度も施術を受けるのはおすすめできない行為です。

脱毛には適した時期(毛周期)がありますが、わざわざ期間を空けているのは、施術によって負担がかかってしまったお肌の回復期間でもあるのです。

無理に短期間で施術を詰め込んでも、綺麗なお肌から自ら遠ざかっていくというもの。正しく脱毛効果を得るならば、しっかりとしたスキンケアと適度な間隔を空けての施術が一番です。

脱毛が痛くても我慢したほうがいい?

痛みと脱毛効果が比例するなら、やはり我慢した方がいいのかな?と考えてしまいますね。けれど痛いのが嫌なのは誰もが同じ。どこまで痛みを我慢するべきなのか?

みんなはどこまで痛みを我慢しているのか、気になりますね。

脱毛施術時に痛いと感じたら、まずやるべき事をご紹介します。

痛みは体に負担がかかっている時や異常があるサインです。無理に我慢してやり過ごすのではなく、できる限り痛みを会回避できる方法を考えてみましょう。

痛みという負担がかかると、お店に通うのが嫌になってしまい、長期間脱毛施術を受けなければ、せっかくはじめた施術の効果を失ってしまいます。

そんなもったいない事をしない為にも、できる事はやっておきたいですね。

あまりにも痛い時はスタッフに声がけを

痛みに程度の差はありますが、やはり「痛すぎて我慢できない!」というところまで我慢する必要はまったくありません。

強い痛みを感じた時は、お肌に非常に強い負担をかけている状態です。お肌トラブルになってしまう前に、スタッフさん達に声をかけて痛みの程度や状況確認をしてもらいましょう。

あまりに強い痛みの場合には、すでに炎症ややけどなどのお肌トラブルになってしまっている事もあるので、無茶な我慢はしてはいけません。

スタッフさん達も、痛くないかどうか確認しながら施術を行っています。自分がどう感じているか、遠慮なく伝えると施術がスムーズに進みますよ。

脱毛方法が根本的に肌質と合わない可能性も

人によって体質は様々ですね。脱毛サロンやクリニックによって脱毛方法が異なるのは、体質的に合わない・効果が出ない脱毛方法があるから。だからこそ様々な脱毛方法が研究され続けています。

痛みが強すぎる場合、お肌トラブルを引き起こす可能性を考慮し、機械の出力を落とさなくてはなりません。そうなると脱毛効果は低下してしまいます。脱毛効果を上げる為に出力を上げればお肌だけではなく、体に負担がかかるのは必至です。

無理に出力を上げるよりも、他の脱毛方法を選択する方がお肌にも体にも優しいはず。お肌にも体にも合わない脱毛施術をいつまでも受け続けるのは、とても危険です。

根本的に合わないものは存在するので、早めに見切りをつけて、自分に合ったお店を選びましょう。

脱毛の痛みが我慢できない時の対処法

敏感なお肌に対して、輪ゴムで弾かれる程度でも痛いのは嫌だし、怖いものです。どうにかして痛みを軽減できる術があるなら、試せるものは試しておきたいですよね。

ここでは、自分でできる簡単な対処法と対応可能なお店に限定されるけれど、安全な痛み回避法との2つをご紹介します。

我慢できないほどの痛みの時は、お肌へも負担が強いということがあるので、無理に我慢し続けない方がベスト。

まずはスタッフさん達に声をかけて、どのくらい痛いかを伝えましょう。事前相談があれば、対応可能範囲でスタッフさん達は応えてくれます。

相談して施術前に痛み止めを飲む

痛みを抑える痛み止めは、医師に処方してもらう処方薬だけではなく、市販薬としても販売され、手軽に入手できますね。どうしても脱毛時の痛みに耐え難い場合は、痛み止めを飲んでから施術を受けたら、少しは痛みを感じにくくなるのでは?と考えるもの。

けれど、決して自己判断だけで飲んではいけません。

脱毛施術前は、基本的に服薬中の人をお断りしています。それは光線過敏症などのお肌トラブルを引き起こす可能性や、体調を悪くさせてしまう可能性があるからです。

健康を損なう恐れがある状態の人を、施術することは何があってもできません。

もし、どうしても痛みを我慢できなくて痛み止めを飲みたいというならば、事前に相談しておきましょう。

脱毛サロンは医療機関ではない為、薬を飲むのであればお断りするしかないでしょう。

しかし、通っているお店が医療クリニックならば、医療機関です。飲もうとしている薬が脱毛施術に影響があるかどうか、服薬しても大丈夫かどうかを判断することができます。

勝手な自己判断では、どんな悪影響を体に及ぼすかわかりません。必ず専門家に相談し、大丈夫かどうか判断してもらいましょう。

医療クリニックなら麻酔を使うこともある

痛み止めを飲むよりも安全な、痛みへの対処法を知っていますか?それは、麻酔です。医療クリニックでの脱毛施術には麻酔を使える場合があります。

脱毛サロンでは麻酔を使うことはありません。しかし医療機関でもある医療クリニックでは、ジェル状の麻酔などを使い、施術時の痛みを軽減してくれます。

麻酔の使用に関しては本人の希望があった時のみや、有料オプションである場合があります。まずは施術時の痛みに対して相談し、麻酔があるかどうか、使えるのかどうかを聞いてみましょう。

痛みが心配な方はサロンより医療クリニックがおすすめ!

脱毛時の痛みについて、痛みの感じ方や部位などによる違いなどは理解できましたか?個人差もあって、必ず痛い・痛くないと言い切れるものではありませんが、普段からお肌が敏感な体質の人は、やはり痛みを感じやすいでしょう。

痛みに弱い・痛いのが怖いという人には、麻酔を使える医療クリニックでの施術がおすすめです。脱毛サロンよりも多少お値段はしますが、その分痛みは確実に軽減されます。

医療機関である為、薬や麻酔によるお肌トラブルなどが起こりにくいというメリットも、なかなか魅力的ですね。

お店の数も増え、美容専門の脱毛サロンや医療も行える医療クリニックなど、私達には選択肢がたくさんあります。その中で、何が自分に一番合っているのかをじっくりと考えてみてください。