医師監修の脱毛器CLEAR/SP BiiToの口コミや評判・実際の効果を徹底解説!

CLEAR SP BiiTo

BiiToは医師と大手エステサロンが監修して作られた家庭用脱毛器です。

小学生の子供にも使用でき、さらに脱毛だけでなくエステに通うのと同じ美肌効果が得られると話題なんです。

しかしBiiToの製品は店舗では販売しておらず、現在通販や公式サイトのみでしか購入できないので、実際BiiToを使っている人が少なくネットでもあまり情報がありませんでした。

詳しくBiiToについて調べてみると、「親子で使えて便利」「サロンより効果があった」などの良い口コミはもちろん、「照射口が狭くて使いづらい」「照射スピードが遅い」など良くない口コミもありました…。

そこで今回はBiiToの家庭用脱毛器の評判は実際良いのか?製品の特徴から脱毛効果、使い方まで詳しく解説していきます!

家庭用脱毛器のおすすめ人気ランキング!脱毛器の種類や注意点も紹介

目次

実際の評判が気になる!CLEAR/SP BiiToの口コミまとめ

家庭用脱毛器は1台で数万円する製品のため、気軽に購入することは難しいですよね。

誰しもこうした製品を購入する時は「絶対に失敗したくない…」と慎重になってしまいます。

お店で試すこともなかなかできない家庭用脱毛器を選ぶ時に何が参考になるのか?

それは「口コミ」です!実際にBiiToを使用した人のさまざまな口コミを集めてみました。

良い口コミも悪い口コミも参考にしてくださいね。

口コミ①小学生の娘と一緒に使ってます

40代 女性 ★★★☆☆

私はもともと毛深い体質なのですが、遺伝なのか小学生の娘も毛深いです。

本人はコンプレックスに思っているようで、かわいそうですが親としては肌へのダメージが心配なのでカミソリでの自己処理はしてほしくなく悩んでいました。

肌への負担もなく安心して使える家庭用脱毛器はないかと探していたところ、この医師監修というBiiToの脱毛器を見つけました。

さらに親子でシェアできるとのことで、これだ!と思い即決で購入しました。

使い方も簡単で今では親子で一緒に脱毛しています。なぜかパパも使っています(笑)

照射レベルを最大にするのはまだ心配なので一番低いレベルで使っていますが、それでも小学生の娘にとっては効果があり本人も喜んでいます。

医師監修なので娘の肌にも安心して使えますし、照射レベルを上げれば大人の私でも満足して使えるのでとても良い脱毛器だと思います!

口コミ②照射時間が長くて全身脱毛には向いてない

20代 女性 ★★☆☆☆

本当はエステやクリニックに通って脱毛がしたいけど、金銭的にも時間的にも余裕がなかったので家で処理できる家庭用脱毛器にしました。

BiiToは他の製品に比べて値段もそこまで高くないし、エステ効果もあるらしいので一石二鳥かなと思い購入を決めました。

使ってみた感想としては、照射までの時間がもう少し早いとスムーズにできるなぁと思いました。

連続照射ができないので、このスピードだと全身脱毛はそうとう時間がかかりそうです。

スキンケア用のカートリッジも欲しかったのですが別購入だとは思いませんでした…私が全部付属されていると思いこんでいたのも良くないですが、少し損した気分になってしまいました…。

ただ脱毛効果自体は、毛がかなり抜けるのでそこは満足です!使い勝手の悪さは気になりますが、この値段でこれだけ効果があるなら良い製品だとは思います。

口コミ③サロンに通うより効果がある

30代 女性 ★★★★★

私は脱毛サロンに通っていますがまだまだ毛が無くなる様子がなかったので、今回こちらを購入しました。

サロンで足りない部分をセルフ脱毛でカバーしするつもりだったのに、普通にエステ脱毛より効果があって驚きました(笑)

1回使うごとにどんどん毛が減っていき、3回目くらいでほぼ気にならないほどになりました。

照射レベルマックスで濃い毛に照射するとかなり痛いですが、効果はあるので痛みに強い方はおすすめです!

しかもカートリッジが脱毛以外にスキンケアやニキビケアもあるので、全部揃えたらサロンに通わなくてもいいんじゃないかなと思います。

自分でお手入れする手間はあるけど、ちょうどサロンに通うのも面倒だと思っていたので良い商品に出会えました!

口コミ④照射面積が狭くて全身に使いづらい

20代 ★☆☆☆☆

家で全身脱毛ができたらいいな〜と思って購入したけど、とにかく使いづらいです!

照射口が小さくて両足の脱毛が完了するまで1時間もかかりました。このペースであと背中や腕もしないといけないなんて気が遠くなります…。これって部分脱毛用だったんでしょうか?

打ち漏れがないように重ねながら照射しているのもなんだかムダに使っている感じもします。

これでちまちま時間をかけて全身に使うくらいなら、脱毛サロンで一気に処理してもらった方が良いのでは?と思います。

脇やVラインには使いやすいけど、これで背中を処理するなんて無理ですね。

しかも連続照射ができないのも不便すぎ!時間がかかりすぎてイライラします…。

脱毛×エステ効果?CLEAR/SP BiiTo脱毛器の効果から使い方まで詳しく紹介

最近では気軽に脱毛できるアイテムが増えているのか、低価格で粗悪な製品も市場に多く出ています。

自宅で簡単にケアできることも重要ですが、肌に直接使うものだからこそ安全に使用したいですよね。

そんな数多くある脱毛アイテムの中で、BiiToは医師と大手エステサロンが監修して作られた家庭用脱毛器です。

これ1台でムダ毛ケアしながら美肌ケアもできるという、とても便利なアイテムなんです。

BiiToの脱毛器はどんな商品?

商品名 CLEAR/SP BiiTo(ビート)
価格 43,400円
用途 脱毛、フォトフェイシャル、ニキビ
対応温度 0度〜45度
ショット数 285,000ショット
ショット単価 0.15円
カートリッジ 脱毛、美顔、ニキビ(ニキビカートリッジはオプション)
ランプ寿命 9万5,000ショット
照射レベル 5段階

BiiToは脱毛からフォトフェイシャルまでさまざまな用途があります。

ここで注目してもらいたいのは、ランプ寿命です。

ランプ寿命とはいわゆる照射ができる回数のことですが、照射回数9.5万回と聞くと永遠に無くならないんじゃないかと思いますよね。

しかしBiiToは照射面積が狭いため全身など広範囲に照射すれば、照射回数も想像以上にぐっと多くなります。

また家庭用脱毛器の1ショットあたりの平均は約0.2円なのに対し、BiiToは約0.4円と他の家庭用脱毛器に比べ高いのです。

つまり必然的に照射回数が多くなるのに1ショットの単価が高いため、初期費用が安くてもコスパが良いとは言えません。

BiiToには脱毛・スキンケア・ニキビケア3つの効果がある

BiiToは脱毛効果はもちろん、大手エステサロンが監修しているということもあり、フォトフェイシャルやニキビケアの効果もある脱毛器なんです。

それぞれに「脱毛専用カートリッジ」「スキンケア専用カートリッジ」「ニキビケア専用カートリッジ」があり、お肌の状態や用途に応じて使い分けることが可能です。

脱毛しながら美肌ケアもできるので脱毛サロンとエステに通っているのと同じ効果が自宅で得られます。

それでは、それぞれどのような効果があるのでしょうか?

BiiToの脱毛

BiiToの家庭用脱毛器はIPL脱毛という方法でムダ毛を処理をします。

IPL脱毛とは毛の黒部分であるメラニンに反応する光を照射することで、毛根にダメージを与え毛の生成を抑制します。

また、BiiToの家庭用脱毛器はレーザー脱毛に比べて痛みを感じにくいのが特徴です。

家庭用脱毛器ということもありレーザーに比べて照射出力が弱いので毛を薄くするまの期間に個人差がありますが、その反面肌への負担が少なく1〜2年継続して使用することで、ツルツルのお肌が持続できます。

IPL脱毛には脱毛以外にも美肌効果が得られるというメリットもあります。

BiiToのスキンケア

家庭用脱毛器BiiToには脱毛以外にスキンケア専用のカートリッジがあり、毛穴の引き締めやくすみ、お肌のシミにも効果が期待できます。

さらにIPL脱毛は皮膚のコラーゲンを生成する役割もあるため、光を照射することでお肌にハリが生まれプルプルになります。

脱毛サロンやエステサロンに通うにはそれぞれお金も時間も必要ですが、このBiiToが一つあるだけでまとめて「脱毛」も「美肌」のお手入れが可能です。

※スキンケア用カートリッジは別売りです。

BiiToのニキビケア

家庭用脱毛器BiiToはニキビやニキビ跡の改善に効果がある、ニキビケア専用のカートリッジもあります。

ニキビの炎症などによってお肌がダメージを受けてしまうと、血流が増えてしまい肌表面に赤みが目立ってしまいます。

そこでBiiToのニキビケア専用カートリッジを定期的に使用することで、お肌のターンオーバーを促しキレイな肌へと生まれ変わります。

脱毛だけでなく、日々のお肌の状態に合わせて用途を変えることが出来るのも、BiiToの家庭用脱毛器ならではです。

BiiToの効果的な正しい使い方

一人で操作できるか不安な方でも大丈夫。BiiToの家庭用脱毛器は誰でも簡単に使用できます。

使い方は以下の手順の通りです。

  1. ケアしたいカートリッジを選ぶ
  2. 照射面を消毒する
  3. アダプターを取り付けて電源オン
  4. 付属のサングラスは必ず付けよう
  5. 照射レベルを決めて照射開始
  6. 脱毛後の肌はしっかり冷やそう

それでは手順ごとに内容をみていきましょう。

①ケアしたいカートリッジを選ぶ

BiiToの家庭用脱毛器にはそれぞれ「脱毛」「スキンケア」「ニキビケア」専用のカートリッジがあります。

お肌の状態や悩みに合わせて、自分がケアしたいカートリッジを選びましょう。

②照射面を消毒する

使用する前に照射面を消毒します。

肌に直接当たるところなので、綿棒などで清潔に消毒しましょう。

③アダプターを取り付けて電源オン

本体に付属のアダプターを取り付けて電源を入れます。

電源はボタンを長押しで付くので簡単!

④付属のサングラスは必ず付けよう

BiiToは光脱毛で照射の際フラッシュが光ります。

裸眼の状態で使用するとフラッシュの光で目がダメージを受けるので、照射する際は必ずサングラスを着用しましょう。

専用のサングラスは脱毛器本体に付属で付いています。

⑤照射レベルを決めて照射開始

照射レベルは5段階で出力パワーが選べます。

初めて使用する際はまず一番弱い照射レベルから試しましょう。

レベル4〜レベル5はかなり痛いといった口コミが多くあったので、無理せず使える範囲で照射レベルを選んでください。

照射レベルを選んだら実際に肌に照射口を当てて照射を始めます。

⑥脱毛後の肌はしっかり冷やそう

フラッシュが毛に反応し、毛根にダメージを与える光脱毛を行った肌は熱を帯びています。

照射が終わったら肌を冷やして整えましょう。

冷たいタオルなどを照射した肌に当ててクールダウンさせます。

BiiToの使用ペース

BiiToには「脱毛」「スキンケア」「ニキビケア」それぞれお肌に負担がないように使用ペースが決められています。

脱毛

脱毛は毛質から毛量まで個人差があり、脱毛箇所や満足度によっても使用回数は異なりますが、10回〜20回くらいを目安に使用することをおすすめします。

最初の5回〜10回の照射は3週間おきに行い、後半の10回〜20回の照射は1ヶ月半から2ヶ月おきに行いましょう。

スキンケア

スキンケアはキレイなお肌の状態を保つためにも、10日に1回のお手入れを定期的に行いましょう。

定期的なお手入れでより効果が感じられます。

回数を増やせば良いというわけでなく、毎回お肌の状態を確認し無理のない範囲で続けることが大切です。

ニキビケア

ニキビの発症を防ぐために、ニキビケアも10日に1回のお手入れを定期的に行いましょう。

ただしニキビが炎症している場合の使用は控えてください。

ニキビの炎症の様子を見ながら、赤みが引いてきたら炎症していた部分は避けて使用します。

BiiToはVIOにも使える脱毛器!

BiiToの家庭用脱毛器ならビキニラインの使用も可能です。

デリケートゾーンの脱毛は自分でお手入れするのが難しく、かといって脱毛サロンで施術してもらうのは抵抗がありますよね。

ただ注意が必要なのは、いわゆるVIOのなかでもBiiToを使った脱毛はVラインのみをおすすめします。

粘膜に近いIラインOラインへの脱毛は肌へのダメージの危険があるので使用は控えましょう。

BiiToの脱毛器は持ちやすく照射口が狭いので、Vラインなどのピンポイントの脱毛に最適です。

CLEAR/SP BiiToの良くない評判とは

  • 照射スピードが遅くて照射間隔は長い
  • 照射面積が小さく全身には使いづらい
  • 子供も使えるから照射パワーが弱い
  • 脱毛以外の専用カートリッジはオプション

照射スピードが遅くて照射間隔は長い

BiiToには連続照射ができず時間がかかってしまうといったネックがあります。

ボタンを押して照射してから、また次の照射ができるまでのチャージに4秒ほどかかってしまうのが理由です。

そのため脱毛範囲が広くなるほど、照射にかかる時間が長くなります。

実際使用した方のなかには、膝から太ももまでの照射で片足30分もの時間がかかったようです。

照射面積が小さく全身には使いづらい

BiiToの家庭用脱毛器の照射面積は3.1cmと平均よりやや小さの照射口です。

脇やVIOなどのお手入れには使いやすいですが、脚や背中など広範囲の部分に使うとなるとかなりの照射回数が必要になります。

加えて照射時間が長いというのもあり、BiiToだけで全身脱毛をするには相当時間がかかってしまうでしょう。

照射面積が狭いと回数が増えたり時間がかかるだけでなく、照射の打ち漏れもしやすくなります。

まんべんなく全体に照射することができず、処理できている部分とそうでない部分ができてしまいます。

広範囲の脱毛はサロンで処理し、BiiToは自己処理がしやすい部位に使うなど、用途によって使い分けるのがおすすめです。

子供も使えるから照射パワーが弱い

BiiToの光脱毛は医療脱毛で使われているレーザー脱毛よりパワーが弱いため、痛みが感じにくくなっています。

7歳以上であれば子供でも使うことが出来るので、親子でシェアできる脱毛器です。

そのため子供でも安全に使えるよう、一般的な家庭用脱毛器よりもさらに出力パワーが弱く作られています。

敏感肌の方や脱毛初心者の方には使いやすい製品ですが、脱毛経験者の方には満足しにくい脱毛器かもしれません。

照射レベルは5段階ありますが、マックスレベルでも全然効果の実感が無いといった口コミもありました。

BiiToには脱毛以外にスキンケアやニキビケアの専用カートリッジもあるので、目的によって違った使い方もできます。

脱毛以外の専用カートリッジはオプション

BiiToの家庭用脱毛器は脱毛以外に、スキンケアとニキビケア専用のカートリッジがあります。

脱毛だけでなくエステのように自宅でスキンケアができ、ニキビ予防もできると人気なのですが、ニキビケアのお手入れに必要なカートリッジは別で購入しなければいけません。

脱毛だけでなくニキビケアのお手入れもしたいという方は、別売りの6,000円する専用カートリッジを購入する必要があります。

CLEAR/SP BiiToはこんな人にオススメ!

BiiToはこんな人におすすめの家庭用脱毛器です。

  • 子供の脱毛にも使いたい
  • 肌が弱い、敏感肌の人
  • ピンポイントの部分に脱毛したい
  • なるべく安い家庭用脱毛器が欲しい
  • ニキビ跡を薄くしたい

子供の脱毛にも使いたい

BiiToは親子でシェアできる脱毛器なので、子供の肌にも安心して使用できます。

照射レベルも5段階から選べるので、お母さんはレベル5。お子様はレベル2と使い分けもできますね。

子供と大人それぞれに満足できるようになっています。

肌が弱い、敏感肌の人

子供の肌にも安心して使用できるということは、肌の弱い方はもちろん敏感肌の方にも使用できます。

医師が監修している脱毛器なので、なるべく肌に負担がないよう安全に作られています。

最初は念のため一番低い照射レベルでテスト照射を行い、様子を見ながら使用してくださいね。

ピンポイントの部分に脱毛したい

BiiToの脱毛器は照射口が比較的狭く作られているので、脇や指の毛などのピンポイントな脱毛には最適です。

軽くてコンパクトなので片手で持ちやすいので、女性や子供でも使いやすい脱毛器です。

しかしその分背中など広範囲な部分に使用するとなると、照射口が狭くて大変なので全身脱毛には向かないでしょう。

なるべく安い家庭用脱毛器が欲しい

家庭用脱毛器の相場は3万〜7万円と決して安いものではありません。

そのなかでもBiiToの脱毛器は43,400円と比較的お得に購入できます。

43,400円といえど脱毛カートリッジが2個、スキンケアカートリッジが1個付いているので、1台で十分満足できるほどのお手入れができます。

ニキビ跡を薄くしたい

BiiToは脱毛だけでなくニキビケアもできるため、ニキビの予防からニキビ跡の改善にも大変効果があります。

定期的にお手入れすることでニキビ跡がどんどん薄くなり、3ヶ月するとツルツルとしたお肌が期待できます。

自宅で脱毛と一緒にニキビケアができるのは、サロンに通うより便利ですよね。

CLEAR/SP BiiToは肌ケアもできるけど脱毛効果は物足りない

BiiToは脱毛だけでなくスキンケアやニキビケアなど、1台で3役もお手入れができる家庭用脱毛器です。

医師監修なので子供でも安全に使用できるように作られており、また大手エステサロン監修によりスキンケアなどの効果も同時に期待できます。

家庭で安全に使える脱毛器として小学生の子供や男性でも使えるので、親子でシェアできて家庭に1台あるだけで便利です。

値段も家庭用脱毛器の中では安いので、脱毛初心者でもチャレンジしやすいですよ!

しかし脱毛経験者の方にとっては効果は物足りないようで、本体もコンパクトなので全身脱毛にはあまり適しません。

脱毛サロンと併用して自宅での部分脱毛として使用するにはかなり便利ではないでしょうか。

用途もスキンケアやニキビケアなど使い方はさまざまなので、あなたのお肌の悩みに合わせて使ってみてくださいね。