1週間で10キロ痩せる方法は?食事や運動の改善・ダイエット成功の秘訣!高校生・中学生・小学生も無理なくできる

1週間で10キロ痩せる方法

今の自分が、1週間で10キロも痩せたら、まるで別人のような美しさを手にすることができるはずです。

しかし、短期間に体重を10キロも落とすのは、とても難しいことです。今までの習慣を捨てて、食事や運動に取り組む必要があります。

この記事では、1週間で10キロ痩せたい方に向けて、食事や運動など、ダイエットを成功させるための方法をお伝えします。

食事を改善して1週間で10キロ痩せる

以下に、食事の改善について紹介します。

炭水化物の摂取を控える

ご飯やパン、パスタなどの炭水化物は控えましょう。ごはんやパンを摂取して、体が処理しきれなかった糖が、脂肪に吸収されてしまいます。

炭水化物を摂取すると、インスリンを分泌して血糖値が上昇させます。それにより、体脂肪を蓄積しやすくなり、体重が増加するのです。

ただし、炭水化物の摂取を辞めてしまうと、エネルギー不足を起こし、筋肉量を減らすので注意しましょう。

筋肉は脂肪を燃焼させる効果があり、消費カロリーを増やす役割を持っています。そのため、炭水化物は、適度に減らすことを意識してください。

ヘルシーな調理でカロリーを抑える

揚げ物のように、大量の油が使われた料理を避けてください。カロリーを抑えた調理法を選ぶことが、ダイエットの成功には欠かせません。

例えば、お肉を使った料理でも、鶏肉であれば蒸し鶏に、豚肉ならしゃぶしゃぶといった、ヘルシーな調理がおススメです。

外出先でも、コンビニでサラダチキンなど、ダイエットに適した食材を購入できます。また、外食は高カロリーなので避けてください。

ダイエットには、摂取カロリーが消費カロリーを下回る必要があるので、カロリーを抑えた調理法を選びましょう。

水分補給は水や白湯がおススメ

ダイエット中は水や白湯を中心に飲むようにしましょう。水は体の巡りを良くし、体重が落ちやすくなるので、ダイエットに効果が高いです。

他には、腸内にたまった宿便の排出も必要です。とくに、女性は便秘の人が多く、宿便を排出すると体重の減少に繋がります。

しかし、十分な水分補給は大切ですが、飲みすぎるとむくみの原因にもなるので、飲みすぎには注意が必要です。

また、水だけでなく、白湯を飲むと、腸の活動が活発化します。とくに、朝起きたタイミングに白湯を摂取すると、排便を促す効果を期待できます。

食事で1週間10キロ痩せるポイント

以下に、ダイエットの食事について、注意点を記載します。

胃を16時間休める

胃を16時間休めると、1日の胃の活動時間が8時間になり、食料摂取による血糖値の上昇を防ぐことができます。

血糖値が上がらないことで、体内に脂肪が蓄積しにくい状態を作ります。つまり、痩せやすい体になってくれるのです。

また、胃を休めることにより、食事をした際に胃の働きが活発になり、消化を促進するので、高いダイエット効果を期待できます。

他には、消化を促進するだけでなく、排泄機能も高める効果もあるので、胃を休める時間は、ダイエット成功に必要不可欠です。

夜は炭水化物を摂取しない

夜に炭水化物を摂取してしまうと、寝ている間に脂肪になりやすくなります。そのため、夜の食事はカロリーを抑えたものにしましょう。

反対に、朝や昼に炭水化物を摂取すると、体への負担を下げることができ、短期間でのダイエットを成功させやすくなります。

しかし、朝食を摂る習慣がなく、食欲がわかない人も多いです。その場合は、無理に食べる必要はないので、安心してください。

ただし、朝食が少なくても、昼食はしっかりと摂取したほうがよいです。そして、夜は炭水化物を抜いて、カロリーを抑えた食事にしましょう。

1週間で10キロ痩せたいのにどうしてもお腹がすいてしまう時は?

急な食事制限を行い、空腹が限界に達してしまうこともあるでしょう。以下のような対策で、お腹が空きにくい状態を作れます。

炭酸水を飲む

コップ1杯程度の炭酸水を飲むと胃がふくれて、空腹感をやわらげてくれます。飲むタイミングは、食事前や食事中が最適です。

さらに、炭酸水によって胃が膨れることにより、早食いや食べ過ぎの防止に繋がり、ダイエットの効果を高めます。

ただし、炭酸水は常温で飲みましょう。炭酸水が冷えた状態だと、内臓を冷やし、食欲が増してしまうので注意が必要です。

他にも、炭酸は血管を広げ、血流をよくする働きで代謝を上げます。じつは、炭酸水はダイエットだけでなく、美容の効果も期待できるのです。

温野菜で空腹を満たす

ダイエット中の食事はカロリーを抑えたものが中心なので、温野菜を食べることで、お腹を満たしてください。

温野菜は体を冷やさないので、代謝を落とす心配もありません。さらに、野菜は蒸すことで、生野菜よりも多い量を摂取できます。

注意点としては、温野菜にドレッシングをかけすぎないことです。ドレッシングの中にも、カロリーが高いものが存在します。

なるべく、温野菜は、塩・こしょう、ポン酢などを中心に、ヘルシーな味付けで食べてください。

ナッツやベリーを食べる

どうしても、おやつを食べたいときは、ナッツやベリーを摂りましょう。これらは、ダイエットに効果的な食材なので、安心して食べることができます。

ナッツには代謝を上げて、便秘を解消してくれる食べ物です。一方の、ラズベリーは、脂肪を燃焼する効果を期待できます。

注意点としては、無塩のナッツはを選ぶことです。また、食べすぎに注意が必要なので、食べる前にカロリーを計算して、ダイエットに取り入れましょう。

また、ベリーはヨーグルトと合わせると、整腸効果を高めることができるので、朝食としてもダイエット向きの食材といえます。

1週間で10キロ痩せるのに最適な運動

以下に、ダイエットにおススメな運動を紹介します。

水泳

水の中は地上よりも消費カロリーが多く、運動効率も高いので、水泳はダイエットに最適な運動です。

また、泳ぐのが苦手な方も心配ありません。水中を歩くだけでも運動になり、カロリーを消費できるので、ダイエットの効果は高いです。

さらに、体温よりも低い水に入ると、脂肪燃焼を促進させます。ダイエットによる運動の効率が上がり、やせやすくなるのです。

他にも、水圧がかかることで、血流も改善されます。水泳をすることで、健康な体づくりとダイエットのメリットを、同時に得ることができるでしょう。

ジョギング

ジョギングもダイエット向きの運動です。どこでも始めることができ、消費カロリーも大きいので、ダイエットの効果も安定しています。

また、早歩き程度の早さで走っても、脂肪を燃焼させます。自分のペースで、1~2時間のジョギングを行ってください。

とくに、朝に走ると、ダイエットの効果が高まります。走る前に、水分補給と、適度に糖質を摂取するといいでしょう。

注意点は、水分補給を怠らないことです。脱水症状や低血糖を起こす前に、準備をしてから走ることをおススメします。

1週間で10キロ痩せるためには半身浴やエステを活用するのがカギ

食事や運動だけでなく、入浴やエステもダイエットに効果的です。

半身浴でリラックス

食事や運動に半身浴を組み合わせると、代謝を上げる効果を高め、効率的に脂肪を燃焼させることができます。

さらに、半身浴は心身をリラックスさせ、運動や食事制限によって、負担をかけている肉体や心を休める意味合いもあります。

他には、低い温度のお湯でゆっくりと汗をかけるので、余分な皮脂や老廃物などの毒素を排出する効果もあるのです。

半身浴をする約30分前には、必ず水分を補給を行います。また、入浴中も水分補給を行い、脱水症状を防止しましょう。

痩身エステで部分痩せ

1週間で10キロを痩せるのは、とても難しいことです。ダイエットに取り組んでも、体重が落ちない場合は、痩身エステを利用することをおススメします。

とくに、エステは部分やせに取り組めるので、体重を減らす以外のメリットを得られるでしょう。ダイエットは、減量だけでなく、いかに痩せて見えるかも大切です。

同時に、エステの施術により、老廃物や余分な水分が排出され、むくみの改善にもつながり、ダイエットの効果を高めてくれます。

ただし、エステにはそれなりの費用がかかります。それに、必ず痩せる保証はないので、ダイエットの補助程度に考えておきましょう。

1週間で10キロ痩せるための注意点

以下に、ダイエットで痩せる際の注意点を記載します。

一つの減量方法のみでダイエットを行わない

1週間で10キロ痩せるために、食事の改善だけや、運動量を増やすのみなど、一つだけの方法でダイエットを行わないことです。

また、モチベーションの維持も、ダイエット成功に必要な要素です。自分が頑張れるご褒美や、強い目的などがあると、ダイエットは成功しやすくなります。

無理をしすぎない

ダイエットは、体や心に負担をかけるので、過度なダイエットは危険になります。自分を追い込みすぎてはいけません。

例えば、何も食べない日を続けたり、運動量を増やしすぎたりなど、極端な方法を取らないようにしましょう。

ダイエットを始めて、体調不良を起こした場合は、すぐにダイエットを中止してください。健康が一番大事なので、無理にやせる必要はありません。

1週間で10キロ痩せるのは過酷なダイエット!健康には気をつけて

ダイエットには、カロリーを抑えた食事や、代謝を上げて脂肪の燃焼を効率よくするなど、様々な方法が存在します。

ただし、健康的な体あってこそのダイエットなので、無理のない範囲で減量に取り組むことをおススメします。