1週間で6キロ痩せる方法は?運動や食事のポイント・ダイエットを行う際のリスクを紹介

1週間で6キロ痩せる方法

今の体重から6キロ痩せたらと、想像するだけで楽しくなるはずです。きっと、かわいい服も着こなせるでしょう。

しかし、短期間で体重を落とすには、相応の努力が必要です。さらに、日々の習慣を見直し、食事や運動など、普段の自分磨きよりも労力がかかります。

この記事では、1週間で6キロ痩せる方法と、そのリスクを説明します。今より美しくなるために、安全性を考慮したうえでダイエットを行いましょう。

1週間で6キロ痩せるなら有酸素運動でダイエット!おススメの運動は?

体重を落とすには、消費エネルギーを摂取カロリー以上にする必要があります。痩せるために、以下のような運動を取り入れましょう。

ランニング

ダイエットにランニングは最適です。手軽に始められる運動で、消費カロリーも大きく、効率的に体重を落とすことができます。

さらに、筋トレなど無酸素運動を行った後や、空腹時に走ると、ランニングによる減量の効果が高まります。

なぜなら、血中の糖質が少なくなることで、脂肪の燃焼が効率的に行われ、短期間に痩せることが可能になるからです。

また、運動が苦手な人は、ジョギングをするといいでしょう。ゆるやかに走って、過度な運動でストレスを抱えないようにしましょう。

水泳

水泳もダイエットの運動としておススメです。水の中は地上よりも消費カロリーが多いため、短時間で効率よく運動を行えます。

また、泳ぐのが苦手な人は水中で歩きましょう。もちろん、泳ぐ方が運動量が多く、やせやすくなりますが、歩くだけでも消費カロリーは高いのです。

仮に、地上での散歩を1時間行った場合、消費カロリー約150キロカロリーに対して、水中ウォーキング1時間では約360キロカロリーです。

たいていのプールは歩く専用のレーンも用意されているので、泳ぐことに苦手意識を持っていても、安心してダイエットに取り組むことができます。

サイクリング

サイクリングもダイエットとして最適で、通勤や通学を自転車にするだけで、移動とダイエットを同時に行うメリットがあります。

さらに、サイクリングには太ももなど、下半身の筋肉を鍛えるので、脂肪が燃焼しやすくなる効果を得られるでしょう。

自転車をこぐと、下半身を鍛えられ、筋肉量の増加と代謝の向上に繋がります。そして、脂肪を燃焼しやすい体を作ることができるのです。

加えて、足の筋肉を鍛えることで、美脚効果が期待できます。とくに、ダイエットで脚を細くしたい方は、サイクリングを取り入れるメリットは大きいです。

運動で1週間6キロ痩せる高めるポイント

ダイエットで、運動を行う際に、効果的にやせられるポイントを紹介します。

こまめに水分を摂取する

ダイエットは運動だけでなく、毒素や老廃物の排出も大事です。こまめに水分を補給し、代謝効率を上げて、デトックスを行いましょう。

しかし、お茶やコーヒーで水分を補給は控えたいところです。というのも、お茶やコーヒーにはカフェインなどの成分が含まれています。

カフェインには利尿作用があり、老廃物は排出時に、体に必要な水分まで無くなってしまうので、水分不足を引き起こしてしまうのです。

加えて、体の冷えを避けるため、少しずつ常温の水を飲んでください。少量の水を、時間を空けて飲むことで、体内のミネラルバランスを崩すことを避けられます。

痩せやすい時間に運動を行う

じつは、ダイエットで運動をするときには、やせやすい時間があります。それは、人間の自律神経が大きく関係しているのです。

朝起きた後は、自律神経の一種である「交感神経」が活動を始めます。この神経は、運動によって動きやすくなるので、午前中に体を動かしましょう。

そうすると、交感神経の働きが高まり、体温や血圧の調整が始まります。さらに、基礎代謝の上昇させる効果も期待できます。

この交感神経を、うまく動かすことが、ダイエット成功の秘訣です。朝早く起きて、運動をすることで、短期間で痩せることに繋がります。

運動後に行う1週間で6キロ痩せるダイエットを紹介!

ダイエットは、運動後も継続が必要です。以下に、運動後に行うダイエットの方法を紹介します。

半身浴でデトックス

半身浴を行うと、むくみの改善と基礎代謝が向上し、身体の余分な水分を汗として排出して、デトックスの効果を期待できます。

その際に、20分以上は湯船につかる必要があるので、心臓や肺に負担をかけない半身浴を選びましょう。

入浴で身体をほぐすには、20分程度と長い時間使っている必要があるため、全身浴よりも肺や心臓への負担が少ない半身浴を行ってください。

半身浴は、痩せやすい体づくりをしたい人に最適です。また、見た目から痩せたい人や、むくみを改善したい人にもオススメします。

半身浴後に水分補給

半身浴は汗をかくので、その後の水分補給は欠かせません。体から水分がなくなってしまうのを避けましょう。

体のなかの水分が不足すると、いつの間にか脱水症状を起こします。半身浴の前後には、必ず水分を摂る必要があります。

その際に、冷たい水を飲むのではなく、常温の水を飲むようにしてください。冷水は飲んだあとに、体を中から冷やすので、ダイエットの効果が落ちてしまいます。

また、脱水状態が続くことで、排泄量の減少やむくみの原因になってしまいます。健康と美容のために、水分の摂取は必要不可欠です。

ストレッチで代謝を上げる

ストレッチは、運動前の準備体操だけではなく、ダイエットに効果的な運動でもあります。

ストレッチを行うと、体が柔らかくなり、血流をよくして、むくみの改善や基礎代謝の向上に繋がるのです。

朝にストレッチを行うと、血流を促進し、代謝が上がります。そして、日常の運動すべてにおいて、その効果を高めてくれるでしょう。

また、夜寝る前のストレッチは、寝つきをよくし、カロリーを消費しやすくなります。さらにう、睡眠には、ホルモンバランスを整える効果もあります。

入浴後のストレッチは痩せやすい体をつくる

さらに、お風呂に入った後にストレッチを行うことで、痩せやすい体を作ることができます。

入浴後は血行が良くなっているので、体が硬い人でも無理なくストレッチに取り組めて、柔軟な体をつくれるでしょう。

また、一般的にストレッチは、心臓から遠い位置の末端から始めて、血液量を増やさないようにする必要があります。

ですが、入浴後などの体が温まっているときは、心臓に近い位置からストレッチを行うと、ダイエット効果を高めてくれるのです。

1週間で6キロ痩せるには食事を改善してダイエット効果を高めるのがカギ!

以下に、ダイエットの効果を高める、食事の改善について紹介します。

炭水化物を控えた食事を意識する

炭水化物を摂取した後、処理しきれなかったブドウ糖が脂肪に吸収されて、体重が増えてしまうのです。

ただし、摂取量を減らしすぎると、エネルギー不足に陥ります。そのため、1食40g以下を基準に炭水化物を摂取しましょう。

あと、食べ物は良く噛んで食べてください。胃腸の血流が増えて消化活動が活発になって代謝も高まります。

また、食事で満腹を感じる時間は約15分後なので、早食いをしないように、ゆっくりと食事を楽しみましょう。

蒸し料理などヘルシーな食事をとる

ダイエット中は、蒸し料理や焼き料理などの、油の量が少ないヘルシーな料理を食べることで、摂取カロリーを減らせます。

反対に、揚げ物や油を多く使う料理は避けてください。とくに、油と等の組み合わせの食事は、必然とカロリーが高くなります。

どうしても揚げ物を食べたくなったときは、付け合わせで野菜類や海藻類、きのこ類を中心に、食物繊維を多く含む食材を摂取しましょう。

注意点は、食べる順番を最初にすることです。そうすることで、脂質や糖質などの吸収を遅らせることができ、太りにくくなります。

間食を避ける

甘いケーキやクッキーには、多量の小麦粉や砂糖が使用されているので、血糖値を急激に上げてしまう恐れがあります。

血糖値の急上昇により、処理しきれなかったブドウ糖が脂肪に変わってしまうのです。なので、できるだけ間食は避けたほうが無難といえます。

ただし、ナッツ類やドライフルーツは、ダイエットに最適な食材です。食物繊維を多く含み、さらに脂肪燃焼の効果も期待できます。

また、フルーツジュースなどは砂糖を使用していることも多いので、なるべく水を飲むようにして、カロリー摂取を抑えてください。

1週間で6キロ痩せるリスクは?

短期間で体重を落とすことはリスクを伴うので、以下の点に注意しましょう。

リバウンド

短期間で落とした体重は、元に戻りやすい性質をもっているので、痩せたあとも油断してはいけません。

本来、体にはホメオスタシスという機能が備わっています。仮に、ダイエットで急激にやせたとしても、体内の状態を保つようにしているのです。

そのため、ダイエット終了後に、通常と同じ量の食事を摂ってしまうと、痩せた体重が元に戻る可能性もあります。

ダイエットに成功したとしても、継続した運動や食事のバランスを考慮して、リバウンドしないように体型を維持する努力が必要です。

摂食障害

過度なダイエットにより、摂食障害を起こす方もいらっしゃるので、無理をしすぎないように注意しましょう。

摂食障害は、長期間のダイエットでも起こりえる症状ですが、1週間で6キロ痩せた場合などは、急に発症するリスクを伴います。

他には、うつ病になるなど、精神的なダメージを与えてしまい、日常生活が困難になってしまう人もいます。

あくまで、ダイエットは痩せてきれいになるものなので、体や心に無理をさせてまで痩せる必要はないでしょう。

1週間6キロ痩せるためには自己管理が大切!

ダイエットには、運動や食事の管理などが必要で、1週間で6キロ痩せるのは、相当な覚悟が必要です。

また、短期間のダイエットは、自分に負担をかけるリスクを負うので、安全性を考慮してから行ってください。