ヒゲ女が急増しているその理由とは!対策方法も紹介!

ヒゲ女

近年、ヒゲ女が急増しているのはご存じですか?

毎朝の洗顔やメイク前に自分の顔を鏡でよく見てみると「あれ?ヒゲが濃くなったような…?」と気付いたことはありませんか?

実は、ヒゲは男性だけでなく女性も生えることがあるのです!

ヒゲが濃くなる原因として、体に何か不調や負荷がかかっている可能性も!

その体から出ているサインに向き合わないと今後の健康に大きな影響が出てしまうこともあります。

こちらの記事では、ヒゲ女になる原因と対策についてご紹介!

女性なのにヒゲが濃い・青い理由は?口周りに産毛が生える原因と今すぐできる処理・対策

ヒゲ女が急増している原因とは?

最近、なぜヒゲ女は急に増え始めたのでしょうか。

その原因の一つとして、ホルモンバランスの崩れが最も大きな要因とされています。

ホルモンバランスが崩れると、何故女性のヒゲが濃くなるのでしょうか?

それは、女性ホルモンが何らかの原因で減り、男性ホルモンが活発になるからです。

どのような場合にホルモンバランスが崩れてしまうのでしょうか?

崩れる原因として、下記の理由があります。

  • ストレスが溜まっている
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 仕事のし過ぎ

どれも現代社会の女性にはほとんど当てはまるような内容ですよね。

更に詳しく解説していきます!

ストレスが溜まっている

ストレスにさらされている状態が続くと、健康状態に何らかの影響が出るということはよく聞きますよね。

その中の一つの影響として、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうということがあります。

ストレスの多い現代社会では、仕事や人間関係が大きく関係していています。

「気持ちに余裕がないな…」と感じたら、ストレス発散をすることがとても大事!

人によってストレスの発散方法は異なります。

自分に合ったストレス発散方法を見つけておきましょう!

友達とおしゃべりをする・スポーツをする・好きな音楽を聴くなど何でもいいのです!

ストレス発散する時間を作れない人は、日常生活にちょっとプラスするだけでリラックス効果を得られるものもあります。

例えば、アロマを焚いてみる・入浴剤を入れたお風呂にゆっくり浸かるといった家で手軽にできることでもOKです!

自分の「好きなこと」「癒されること」を見つけてみましょう!

食生活の乱れ

普段の忙しさや面倒くささから、ついつい簡単に食事をとりがちに…

手軽に食べられるものばかり選んでしまい栄養バランスを考えられず、偏った食事になる人も多くいます。

女性ホルモンを正常に分泌するためにはバランスの取れた食事が大事ですが、数多くある栄養素のなかで特に女性に重要とされている栄養素は何でしょうか?

女性ホルモンに似た「大豆イソフラボン」を摂取することで、脱ヒゲ女を目指すことができます!

大豆イソフラボンには女性ホルモンの「エストロゲン」に似た成分が入っているため、女性らしさを保つためのサポートをしてくれます。

更に抜け毛の予防や、バストアップにも効果的!

その他に、ホルモンバランスを整えるビタミンB6・ビタミンE・カルシウムも意識して摂ると尚良い効果が期待できます。

イソフラボンの入っている食材

  • 納豆
  • 豆腐
  • 豆乳

ビタミンB6の入っている食材

  • バナナ
  • 鶏むね肉
  • にんにく
  • カツオ

ビタミンEの入っている食材

  • 唐辛子
  • えだまめ
  • くるみ
  • アーモンド
  • モロヘイヤ

お忙しい方はサプリを利用するのも一つの手

中には、忙しくてなかなか上記の栄養素が入った食材を調理して食べるタイミングがない…

そういった人には、サプリメントもあるので手軽に摂取ができます!

ドラッグストアなどで手軽に手に入れるこができます。

体の資本は食事からです。

あくまでサプリメントは補助的な役割なので、頼り過ぎずバランスの良い食生活を目指しましょう!

睡眠不足

十分な睡眠と、良質な睡眠をとることを心掛けることがとても大事。

日頃の睡眠が足りていないと、女性ホルモンのバランスが崩れ、男性ホルモンの分泌が活発になります。

それにより、女性でもヒゲが生え、ヒゲ女化していくのです…

また、睡眠時間の確保だけではなく、「睡眠の質」もとても大切。

良質な睡眠を大体7~8時間を心掛けるようにしましょう!

では、良質な睡眠はどうしたらとれるのでしょうか?

下記を日頃から心掛けていくことで、睡眠の質も良くなります。

  • 就寝の3時間前までには夕食をすませておく
  • 自分に合った寝具を使用する
  • 夜、カフェインを摂取しない
  • 適度な運動をする
  • 寝る前にスマホやパソコンを使用しないようにする

日常生活のちょっとした心がけで睡眠の質が上げることができるのです。

全部を行うことが厳しい人は、少しずつできる項目を増やしてみてはいかがでしょうか?

仕事のし過ぎ

キャリア形成を目指す女性や、結婚・出産後も仕事をしている女性が増えているのが現状です。

役職に就くことや、責任のあるポジションに就く女性も時代とともに増えているため残業や休日も働く女性が非常に多くなりました。

仕事のし過ぎもストレスと密接しているので、その点でも女性ホルモンに悪影響ではあります。

他にも責任のある業務を任されるなど、他の男性社員に負けじと奮闘しつづけることで副交感神経が優位になり、ホルモンバランスが崩れることも。

男性と同じ環境で競うような環境に身を置いていると、闘争意欲が掻き立てられ男性ホルモンが活発化されやすくなります。

そもそも女性は、本来持って生まれた性質があり、男性と同じような環境で働くことで体に無理が生じることも。

交感神経が優位のまま日々働き続けることで、男性ホルモンが優位になり、働く女性にヒゲが生える現象が増えているのです。

ヒゲ女にならないための対策とは?

ヒゲが生えないように、あるいはヒゲを減らすためには、日頃の生活ではどのようなことに気を付けるべきなのでしょうか。

まずは女性ホルモンを減らすようなことをしないように心がけることが大切ですが、増やすことも大事!

他には、普段から下記のことを気を付ける必要性があります。

  • 体を冷やさない
  • たばこを減らす
  • 適度な運動
  • 恋愛をする

体を冷やさず、温めることを心掛ける

よく「冷えは女性の大敵」と言われますが、様々な点から女性は体を冷やしてはいけないのです。

体が冷えることで、血行が悪くなり、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

冷えを防ぎつつ、温めることもとても大事なのです。

日常生活気でちょっとしたことに気を付けるだけで、血行も良くなります。

例えば、氷を入れず常温の飲み物を選ぶことや、シャワーだけでなく湯舟に浸かることを意識してみてください。

また、夏場は気づかないうちにエアコンで手足や首が冷えます。

ひざ掛けの使用や、一枚羽織るものの用意、エアコンの温度調整をしましょう。

日頃から血行を良くするためには、ストレッチを行うとより効果的です。

仕事の合間や、お風呂上りに行うことで気持ちもスッキリします!

たばこを減らす

そもそもたばこは体に良くないですが、実は女性ホルモンの分泌にも大きく影響します。

喫煙することもそうですが、副流煙を吸う事によって、煙に含まれているニコチンの影響で卵巣の血行不良や血流減少が起こります。

女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」は脳の指令により卵巣から分泌されるものです。

また、たばこに含まれる一酸化炭素が血液中のへグロビンと結びついてしまい、本来結びつくはずだった酸素が全身に運ばれにくくなります。

卵巣に酸素が届かなくなれば卵巣の機能も落ち、結果的に女性ホルモンの分泌量が減ってしまうのです。

適度な運動をする

適度な運動は、健康のためにも取り入れましょう!

運動をすることで、乱れていた自律神経が整い、ホルモンバランスも正常化します。

そもそも自律神経とは、私たちの意思とは関係なく常に動き続けている内臓や体温調整、代謝など生まれてから、死ぬまで機能をコントロールしています。

私たちが生きていくうえでなくてはならない存在ですが、一方でストレスなどが原因となり簡単に乱れてしまう繊細な一面もあります。

正常に機能させるためにも、日常から運動を取り入れることで、自律神経を整えていくことができます。

いざ、運動をしようと思っても何をどのくらいしたらいいのか分からない。あるいは、なかなか時間が取れないという人が多くいると思います。

まずは1日30分ほど歩くだけでもいいので、簡単なことから始めてみてください。

忙しくて1日30分も時間が取れない人は、日常のちょっとしたことに運動要素を取り入れてみる意識をしてみましょう。

例えば、下記のよう普段から行う行動にプラスする方法です。

  • エレベーターを使わずに階段で移動
  • いつもより歩幅を広げ、腕を振って早歩きをする
  • タクシーは使わずに歩いてみる

運動も大事ですが、筋力をつけることも効果的です。

引き締まった体にもなるので、一石二鳥ですよね!

すぐに効果はでませんが、日頃の積み重ねがとても大事です。

恋愛をする

恋愛をすると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が増えます。

更に、ドーパミン・セロトニンの分泌にも活発に!
「恋をすると綺麗になる」とよく言われるが、エストロゲンが活発になることで女性らしいボディラインや、肌の質、若さを保つことができるのです。

恋愛のドキドキ感の全くない生活を続けていると、女性ホルモンの分泌が減り、若々しさや女性らしさが減ってしまいます。

今は恋愛できない、といった人は恋愛の疑似体験をすることも効果的!

例えば、好きなアイドルのポスターを部屋に貼ったり、好きな俳優のドラマを見たりすることで、ドキドキを感じることも効果があるのです。

そうすることで脳内に脳内にPEAが分泌され恋愛しているときと同じようなドキドキ感が生まれるのです。

PEAがは視覚で捉えたものに対して反応するため、実際の恋愛でなくても大丈夫!

また、赤ワインやチョコレートを食べるとPEAの分泌に効果的ともいわれています。

ヒゲが生えてくるのは”オス化”!そのまま男になっちゃう!?

自分にヒゲが生えていても気にせず、毎朝当たり前のように抜いたり、剃ったりしてから出勤。

というような女性も。

ヒゲがあることに違和感や疑問を抱かなくなってしまったら、改善の余地はありませんよね。

自分が男っぽい女性だと思ったことはあるが、特に変えようとはしないなど、根本的な原因を解決しなければ、オス化が進んでしまいます。

ヒゲが生えるのは体に何らかの変化があった証拠。

健康状態に何か異常があるかもしれないため、放置せずに生活の見直しや医療機関の受診をしてみましょう。

ヒゲの適切な処理方法は?

女性に生えたヒゲはどのように処理すべきなのでしょうか?

男性に比べヒゲ処理に不慣れな女性は特に注意をして処理する必要があります。

どんなに急いでいても肌を傷つけないように、細心の注意を払って処理するようにしましょう!

ヒゲ処理の仕方

おすすめのヒゲ処理方法はこちらです。

  1.  洗顔後などの清潔な状態のときに行う
  2.  シェービングクリームを使用する
  3.  剃り残しがないかしっかりと鏡で確認をしながら剃る
  4. 最後は化粧水や乳液で保湿をする

使用するものは、肌を傷つけにくい電気シェーバー・顔用のI字剃刀が使いやすい!

また、肌の敏感な女性は体調や肌の状態に合わせて処理をしましょう!

光脱毛・医療脱毛を使ってみる

全て対策もしたけれど、一向に効果がでない人もいると思います。

自己処理も手間がかかり、肌にも負担がかかるし…

そういった方には毛根からに毛を生えないようにする「光脱毛」と「医療脱毛」という方法もあります。

毎回自己処理をしなくて済むのでラク!

そして肌の負担も少ないのでおすすめです。

光脱毛とは

毛根のメラニン色素に反応する光を当て、根本的に毛を生えないようにする脱毛方です。

光脱毛は定期的にサロンに通うタイプと、自分で脱毛器を購入して使用するものがあります。

脱毛サロンによっては部分脱毛プランもあるので、自分の希望部位に合わせて施術してもらうことも可能です。

医療脱毛とは

医療脱毛はレーザーを使用し、永久的に毛を生えないようにする施術法です。

脱毛サロンとは違い、医療行為とされるため、医療機関で行う必要があります。

脱毛サロンよりも高額で痛みもありますが、施術数は少なく済みます。

どの方法も無理なく自分に合ったものを選べるといいですね!

まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

ヒゲ女が急増した原因は、ホルモンバランスの乱れが大きな要因でしたね…

ホルモンバランスの乱れの原因は、現代の女性が抱える問題が大きく影響していることがわかりました。

一度、自分の生活を振り返って見直すことも大事なことです。

健康問題にも繋がるので自分の「体」のことを考えた、健康的な生活リズムや習慣を心掛けていきましょう!