ジョモタンは顔・VIOの除毛にも使える?使用の可否・正しいお手入れ方法を解説

ジョモタンは顔・VIOの除毛にも使える?

ムダ毛を取り除きたいと思う部位は、体のどこですか?女性の断トツ人気は、ワキです。薄着になった時に自信を持って腕をあげられる女性は、必ずワキ脱毛をしています。

しかし、それ以外の部位だってムダ毛はあってほしくはありませんよね。

夏になるとよく自己処理しているのは、腕や足など露出しやすいところです。そして、顔やVIOだって除毛できるなら除毛したいと人気の部位です。

問題は、顔やVIOはデリケートな部位として位置づけられている為、体と同じ除毛クリームが使えないことが多いということ。

ジョモタンは顔やVIOにも使える除毛クリームなのでしょうか?

ジョモタンの使用範囲や正しい使用方法を詳しく解説していきます。

ジョモタンは顔・VIOの除毛に使用できる?

体中のムダ毛を一掃できる除毛クリームのジョモタンですが、顔やVIOというデリケートな部位に対して使っても大丈夫なのか、気になりますね。

ムダ毛はあってほしくないから、除毛効果は高いものほど嬉しいです。けれど、除毛効果が高くても肌トラブルを起こしてしまっては意味がありません。

ジョモタンは小さな子供にも使えるはずです。同じようにデリケートな顔やVIOにも使える商品なのでしょうか?

ジョモタンの使用範囲や顔、VIOに使用できる除毛クリームについてまとめました。

ジョモタンで顔とVIOを除毛できる?

結果からお伝えすると、除毛効果が高く肌に優しいといっても、デリケートな顔やVIOに使用することはできません。

顔やVIOのデリケートな部位は、他の部位よりも皮膚が薄く、敏感です。

その為、腕や足に問題が起きない除毛クリームでも、デリケートな部位ではかぶれや炎症を起こしてしまうことが多々あります。

公式サイトやキャンペーンサイト、どこを見ても「顔、VIOには使用できません」という一文は書いてありません。

しかし、書いていないからといって使用しても問題はないということには繋がらないということを覚えておいてください。

使用して肌がひどい状態になってしまっても、それは自己責任です。

デリケートな部位には専用商品を

顔も体も同じ皮膚で繋がっていることから、同じ除毛クリームを使っても大丈夫だろうと安易に考える人がいますが、それは大変危険な行為です。

そもそも顔の肌は他の部位の肌より薄く、外部刺激に強く反応しやすいです。顔の肌の例えとして、濡れたティッシュ1枚分とよく言われます。

破れやすくてとても薄い状態を表すには、ぴったりの例えですね。

そのような繊細な肌を持つ顔やVIOに、他の部位と同じ除毛クリームを使ったらどうなるか。ひどい肌トラブルを自ら引き起こしているようなものです。

どれだけ安心安全の成分でつくられた除毛クリームでも、デリケートゾーンに使用可能と明記していなければ、無理に使用することは絶対に止めましょう。

子供に使って安全なの?

大人のデリケートな顔やVIOに使えないのに、小さな子供に使って大丈夫なのかという問題が浮かび上がりますよね。

子供の肌は成長途中にある為、些細な刺激にとても敏感です。ちょっとしたことで炎症などの症状を引き起こします。

除毛クリームは大人でも刺激が強すぎる商品ですが、ジョモタンは小さな子供にも使ってもよい商品として販売しています。

しかし、誰でも安全に使えるわけではないので、特別肌が敏感であったり、皮膚疾患がある子供への使用は避けた方がいいでしょう。

不安がある場合は、かかりつけの医師に相談してみて、使っても大丈夫かを判断しましょう。

ジョモタンの正しい使用方法

顔やVIOがジョモタンで除毛できれば、1本で全身に使える万能除毛クリームだったのに非常に残念ですね。けれど、正しい使用方法を無視して使うのは危険が伴います。

ムダ毛をなくしたいということは、肌を綺麗にしたいということです。間違った使い方で、肌トラブルを引き起さないように気をつけてムダ毛をなくしましょう。

肌トラブルを回避するには、正しい使用方法をアップデートし続けることです。勘違いや思い込みで、商品の使用方法を間違えることはよくあります。間違って使っていないか、たまに振り返ってみるといいですよ。

ジョモタンの安全で正しい使用方法をまとめました。正しく使って、つるつるの肌をつくっていきましょう。

1.ジョモタンを塗る

ムダ毛を処理したい部分にジョモタンを適量塗ります。適量とは、ムダ毛がクリームで隠れる程度の1~3mmほどの厚さです。

チューブ先端に付いているヘラを使って、均一の厚さになるように塗っていきます。うまくヘラを使えない場合は、手や指で伸ばしても構いません。

2.放置する

ジョモタンを塗った直後では、ムダ毛はすぐに除去できません。塗ってから約5~10分程度の時間を放置し、ジョモタンに含まれるチオグリコール酸カルシウムと薬用炭の成分をムダ毛の毛根にまで浸透させます。

温めたり冷やしたりは必要ありません。何もせず放置します。

3.ムダ毛を拭き取る

規定の放置時間が経過したら、すぐにジョモタンとムダ毛を拭き取ります。

おすすめは、脱脂綿やガーゼのようなムダ毛を絡め取りやすい素材のものです。

肌に当て、優しく拭き取ると最初はジョモタンのクリームがたくさん拭き取れます。

脱脂綿やガーゼを洗うか、新しいものを使用して更に拭き取っていくとムダ毛が綺麗に除去できます。

4.処理した部位を洗う

除毛成分が肌に残ってしまわないように、ジョモタンを塗った部位周辺を洗い流します。

水またはぬるま湯で流すか、濡らした脱脂綿やガーゼで拭いても構いません。

洗い残しがなければ、どちらの方法で仕上げをするかは好みです。

ジョモタン使用時の注意点

ジョモタンの正しい使用方法はいかがでしたか?今ジョモタンを使っているという人は、正しく使うことができていたでしょうか?

間違っていたならば、正しい使用方法を覚えなおすチャンスです。

除毛クリームは正しく使うことも大切ですが、使用中の小さなコツや注意点を押さえておくと、より効果的にムダ毛を除去することができます。

ジョモタンの効果的な使い方とは何か?4つの注意点をご紹介していきます。

パッチテストは必ず行う

どんなに肌が頑強という人でも、何がどう影響を与えるのかやってみないことにはわかりません。パッチテストは、肌に合うかどうかを知る大切な試験です。

パッチテスト代わりに、腕やワキで試してみたという人もいますが、大変危険な行為です。

万が一肌に合わなかったら、ひどい炎症を起こしてしまうかもしれません。

パッチテストは腕の内側などの肌が柔らかい部分に、直径1~2cmの大きさでクリームを塗って試します。

24時間経過しても肌トラブルが起きなければ、安心です。

けれど、使用時の体調には常に気を配っておきましょう。少しでも体調が悪いと感じていたら、具合が良くなるまで使用は控えるなどの配慮も大切です。

強く擦らない

脱脂綿やガーゼは、強く擦ると肌を傷つけてしまいます。

ジョモタンに含まれる除毛成分は、ムダ毛にだけ効くわけではなく、塗っている肌へも影響があるものです。強い刺激は肌荒れや炎症のもととなるので、優しく拭き取るように心掛けてください。

脱脂綿やガーゼ以外のものを使って拭き取ることに問題はありませんが、ボディブラシのような硬い素材のものは肌によくありません。除毛成分で弱った肌を強く傷つける行為にあたります。

長く放置しない

毛量や毛質によっては、ジョモタンを使ってもムダ毛が除去されにくいと感じる場合があります。

その場合でも、ジョモタンを塗ってからの放置時間は必ず守りましょう。

放置時間はムダ毛が除去できる最適の時間というよりも、それ以上は肌の負担になってしまうという意味合いの方が大きく、規定の放置時間よりも長く放置しすぎるほどに、肌はボロボロになってしまう可能性が高まります。

規定時間を過ぎた長すぎる放置は、自分で自分の肌を傷つけるだけなので、絶対にやってはいけません。

効果を見て放置時間を決める

ジョモタンがムダ毛に浸透しているかどうか、放置時間を単純に待つだけではなく、時折一部のクリームを取り除いてみて、ムダ毛が除去できるかどうかを試してみましょう。

すんなりとムダ毛が除去できれば、放置時間が短くてもジョモタンを拭き取って問題はありません。

放置時間は守るべき基準ではありますが、絶対ではありません。自分に合ったベストな時間を見極めるには、その都度ムダ毛への浸透状況を確認してみることです。

顔・VIOの除毛におすすめなジョモタン以外の除毛クリーム

ジョモタンは使ったその場でムダ毛を除去できる素敵な除毛クリームです。

肌を整える保湿効果や引き締め効果もあり、使った後も触っていたくなる肌にしてくれます。

けれど、残念ながら顔やVIOなどのデリケートな部位に対して使うことができませんでしたね。

顔やVIOに使える除毛クリームの大半は、デリケート部位専用として販売されていることが多く、体に使える除毛クリームよりも除毛力を抑えてつくられています。

これは、肌トラブルがあってはいけないという前提のもとですが、できるだけ高い除毛力のある商品を使いたいですよね。

そこで、おすすめの除毛・抑毛クリームをご紹介します。顔、VIOに使える除毛クリームで、全身を綺麗にしていきましょう。

ミュゼプラチナムの薬用ヘアリムーバルクリーム

ミュゼプラチナムの薬用ヘアリムーバルクリーム

天然由来成分87%も配合された肌に優しい除毛クリーム。8種類の保湿成分入りで、除毛後の肌をしっかりと守ってくれます。

@cosmeの口コミランキング「脱毛・除毛部門」で1位を獲得した除毛クリームです。

塗る・拭き取るの両方ができる専用スポンジが付属しています。

専用スポンジの大きさは手のひらの半分ほどもある大きなサイズで、コツのいる塗布作業も簡単に済ませることができます。

拭き取りの為のタオルやティッシュも用意しなくていいので、この除毛クリームを購入するだけで全てが済ませられる便利さです。

残念ながら顔には使えませんが、それ以外の全身に使用できます。

Veetのバスタイム除毛クリーム敏感肌用

VeetMenバスタイム除毛クリーム

ヴィートの除毛クリームは、基本は乾いた肌に使用しますが、商品名の通りバスタイムで使えるように多少の水に塗れても、クリームが落ちにくいようにつくられています。

付属の専用ヘラは裏表で柔らかさに違いを持たせています。柔らかいスポンジ面はクリームを塗り広げる時やデリケートな部位のクリームを拭き取る時に使用します。

裏面ではその他の部位のクリームを拭き取る時に使用します。

敏感肌でも使えるタイプなので、他の除毛クリームが肌に合わなかった人にも使える可能性は大です。

s-fitのリムーバークリーム

s-fit除毛クリーム

いかなる理由でも30日間の返金・返品・交換保障サービスのあるエスフィットのリムーバークリーム。

ダイズ、サクラ葉、アロエなどの植物エキスがふんだんに配合され、除毛以外にも抗炎症作用や美白効果を持たせています。

除毛クリームでは少ないVIO対応であることが大きなポイントです。

専用のヘラが付属していて、緩やかなカーブが塗布と拭き取りのそれぞれに適した形となっています。

VIOというデリケートゾーンには使用できますが、顔には使用不可としています。

それは、顔の肌自体への影響ではなく、目や口に入ってしまう可能性、それに伴うトラブルを防ぐ意味合いで顔への使用は禁止とされています。

mainaの除毛クリーム

maina 除毛クリーム

ニキビケアやエイジングケアのスキンケアラインも販売しているマイナの除毛クリームは、背中、足、腕、お腹はもちろん、VIOも除毛できる日本製の除毛クリームです。

企画から製造まで全てのラインを日本国内工場で行っているので、安全性は確実。大豆、アロエ、クロレラエキスなど6種類の肌荒れ防止成分で、除毛した後の肌をしっかりと守ります。

除毛クリーム独特の臭いはなく、ローズの華やかな香りで癒しの時間を楽しめるようになっているところもポイントです。

コハルトのつるりんと

抑毛ジェル「つるりんと」(コバルト)

顔周りに使える数少ない除毛クリームです。

つるりんとは体毛が生える体の仕組みを利用し、顔のうぶ毛を抑毛していく効果があります。

体毛を濃くする原因は男性ホルモンが多くなることです。そこで女性ホルモンに似た大豆由来のフラボステロンを配合し、女性ホルモンを浸透させることでムダ毛を薄くしていこうという仕組みです。

毎日の朝晩2回、指先サイズくらいの適量を顔に塗るだけ。顔というデリケートな部位に安心して使えるように、保湿し肌を引き締める効果のある成分をふんだんに配合しています。

肌を触ると、ぷるぷるするほどのハリと艶を感じられ、肌が明るくなったと感じる人も多いようです。

ジョモタンの顔・VIO脱毛まとめ

体のムダ毛除去には優秀なジョモタンでも、顔やVIOなどのデリケートな部位に使用することはできませんでした。

綺麗な肌を守る為には、使用上の注意を守る必要があります。ムダ毛がなくなっても肌がボロボロになってしまっては困りますよね。

ジョモタン以外の除毛クリームの中には、顔やVIOにも使用できる商品がありました。

除毛効果の高いジョモタンで体のムダ毛を除去し、デリケート部位専用除毛クリームで顔やVIOも綺麗にしていけば、全身つるつるの美肌も夢ではありません。

肌に合う、使いやすい除毛クリームが見つかるといいですね。