ミュゼは永久脱毛じゃない?効果の持続性と注意点

ミュゼの脱毛をしたいと思っているけど、脱毛って完了したら毛が生えて来ないんだよね?と疑問に思っていたりしませんか?

今は光脱毛やレーザー脱毛など様々な脱毛方法がありますよね。

しかし、結論から言わせていただくと「永久脱毛=毛が生涯生えて来なくなる」ということではありません。

光脱毛より、医療機関でしか行えないレーザー脱毛でさえも毛が一本も生えなくなる状況を作ることは難しいのです。

まずは、永久脱毛の定義とはどういったものなのかをしっかりと把握することからはじめましょう。

永久脱毛の定義を理解したところで、ミュゼの永久脱毛の持続力や毛の再生率はどういったものになっているのかを見ていくことにしましょう。

ミュゼの口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

【注意】ミュゼは永久脱毛ではない!

まず、初めにしておいて欲しいのが「ミュゼでは永久脱毛は行えない」ということです。

ミュゼに限らず医療機関でない脱毛サロンによる光脱毛では永久脱毛は認められていません。

光脱毛は医療脱毛よりもパワーが弱く、毛の栄養を与える毛乳頭などを破壊することが難しいのです。

もし、あなたが今「永久脱毛がしたいんだ!」という場合は、脱毛サロンではなく、医療脱毛が行える医療機関に行ってみるのもいいかもしれません。

しかし、医療脱毛が出来る医療機関ではミュゼや他、脱毛サロンのように格安キャンペーンを行っていないのでそれなりの金額が取られてしまうことを理解しておきましょう。

永久脱毛=永遠にツルツルという意味ではない

永久脱毛をしたら、一生毛が生えて来なくなると勘違いしてしまう方が多いです。

「永久脱毛」なんて名前を見てしまえば、そう勘違いしてしまうのも無理はありませんよね。

しかし、医療機関で永久脱毛を行ったからといって、生涯ツルツルのお肌が手に入るということではありません。

永久脱毛には電気脱毛協会が発表した「永久脱毛の定義」というものがあり、その永久脱毛の定義を目安に永久脱毛が完了したかどうかを判断しています。

ちなみに電気脱毛協会が発表した永久脱毛の定義とは「脱毛の施術から1か月後の時点で毛の再生率が20%以下であること」を定義としています。

反対に言えば「20%残っていたとしても、それは永久脱毛なんですよ」ということ。

今現在の脱毛技術では、毛を一本も生えて来させないようにするのは難しいのです。永久脱毛を受ける前には、これだけでもしっかりと理解しておくことが大切です。

永久脱毛を受けても1か月に1回の自己処理は必要

永久脱毛は多くて脱毛部分の20%の毛の再生が考えられます。

脱毛を行っていない時よりも断然、毛が目立ちませんし、生える本数も少ないですが、月に1回は自己処理が必要になっていきます。

ですが月に1回程度でいいので、お手入れが本当に楽になりますし、お泊り旅行の時なども、いちいち毛のことを気にせず旅行を楽しめることがメリットとなっています。

完全なツルツルは無理だとしても、やはり脱毛の施術を受けることには女性にとってメリットの方が多いようです。

本当の”永久”脱毛「ニードル脱毛」がおすすめできない理由

さて、永久脱毛の定義がわかってきました。

この永久脱毛に定義に当てはまる脱毛方法はいまのところ「レーザー脱毛」か「ニードル脱毛」しか認められていません。

脱毛サロンで行われている光脱毛は基本的に永久脱毛は不可能で、毛が再生してくる可能性は極めて高くなってしまいます。

また、永久脱毛が認められている「ニードル脱毛」なのですが、レーザー脱毛よりもおすすめし難い部分があります。その理由をご紹介していきましょう。

とにかく痛くて熱い!

永久脱毛が可能となっている「ニードル脱毛」ですが、とにかく痛くて熱いです。

ニードル脱毛の脱毛方法は、毛に一本一本にハリを刺すような形で電気を流し脱毛の施術を行います。

それだけパワーが強く毛に栄養を与える毛乳頭や毛包を破壊してくれる強さがあります。毛に一本一本にハリで電気を流していくわけですから、時間もかかります。

また、施術を行うスタッフによっても痛みの度合いが変わっていきます。経験がまだ浅いスタッフであれば手際が悪くなってしまい、更に痛みが強くなってしまうことも。

痛みに弱い方や、肌が弱い方には尚更おすすめできない脱毛方法です。

費用が高額!全身にニードル脱毛をするなら料金は100万円以上に

痛みや熱さが不評のニードル脱毛。ですが、ニードル脱毛は、永久脱毛を実現できる脱毛方法なので結果は満足いく脱毛方法です。

そんなニードル脱毛。料金も高額になっていきます。

全身をニードル脱毛で施術した場合は、費用が100万円以上になってしまうのです。

脇だけのニードル脱毛をおこなっても10万~20万はかかります。クリニックなどの医療機関でしか行えない脱毛方法なので、もちろん脱毛サロンのようにキャンペーンや割引などはほとんどおこなっていません。

ミュゼの脱毛「SSC方式」は痛み・肌荒れを最低限に抑えられる

そんな、痛みの強いニードル脱毛に比べ、ミュゼのSSC方式の脱毛はパワーこそ弱いですが、痛みや肌荒れなどのトラブルを最低限に抑えることができるんです。

では、どうしてSSC方式の脱毛は、痛みや肌荒れをおさえるこができるのでしょうか。その理由をご紹介していきます。

ジェルを肌に塗った上からライトを当てていく

SSC方式の脱毛方法は、到来の光脱毛とは違い、まずは専用のジェルを脱毛する部分に塗ります。そして、そのジェルに含まれている成分とメラニンに光を反応させます。

そして、その成分が毛穴に浸透し、1~3週間後に自然と毛が抜けるのを待って脱毛をしていく方法になります。

施術後は、肌荒れ防止のためにトリートメントなどを塗り肌への負担を少なくします。

この工程を毎回繰り返していくことによって毛の再生率を低くしていきます。時間はかかりますが、痛みが少なく肌への負担がとても少ない脱毛方法です。

ミュゼの脱毛効果を感じるには12~18回の施術が必要

そんなミュゼのSSC方式を使った脱毛方法。

時間をかけてゆっくり脱毛を行っていきますが実際に通わなくてはいけない脱毛回数は12~18回になります。

ワキの脱毛を到来の光脱毛を行う場合は10回以内で脱毛は完了していましたが、SSC方式は少なくとも12回は通わなくてはいけないということです。

早めに効果を実感したい!と思っている方にはおすすめできませんが、ゆっくりと肌荒れせずに脱毛を行っていきたい方にはミュゼのSSC方式は断然おすすめできる脱毛方法です。

施術は出来るだけコンスタントに受けるのがおすすめ

そんな時間のかかってしまうミュゼのSSC方式ですが、施術はしっかりと感覚を一定にしてうけることをおすすめしています。

SSC方式も、到来の光脱毛とおなじく、成長期の毛にしか脱毛効果はありません。

毛の周期は部位によって変わっていきますが成長期、退行期、休止期がひとつのサイクルとなっています。一回の施術で脱毛効果のある毛は脱毛箇所全体の20%~30%しかありません。

他の毛は退行期か休止期です。1回目の施術が終わったら次は休止期の毛穴から生える毛が成長期になっている必要があります。

なので、脱毛の適した期間は2~3か月に1回が適しているといわれています。

ミュゼは予約が取りにくいと言われがちですがミュゼのアプリ「ミュゼパスポート」の空き通知を使って予約を取っていくのがおすすめです。

予約がなかなか思うように取れない場合でも、急なキャンセルが多いのもミュゼの特徴。行きたいと思っている日が予約いっぱいでも前日にいきなりキャンセルが出る場合もあります。

空き通知を設定しておくとアプリから通知が来て予約を取ることが可能になります。

そうやってうまくアプリを使いこなせば定期的な施術が実現できるので脱毛を効果的におこなうことができますよ♪

ミュゼの施術を18回以上受けてもムダ毛が生える可能性はある

ミュゼの脱毛方法は回数や時間がかかってしまいます。

それには、パワーの少なさが原因です。さきほどもお話ししたように永久脱毛を行っても完璧な状態にすることは難しいです。

そして永久脱毛の定義が認められている脱毛方法は「レーザー脱毛」か「ニードル脱毛」のみになります。

そう考えると、レーザー脱毛やニードル脱毛よりもパワーが弱い光脱毛は、たとえ回数を重ねたとしても毛の再生率は高くなってしまい、ムダ毛が生えてきてしまうことがあります。

しかし、脱毛を行っていない状態よりもあきらかにお手入れが楽になるので光脱毛であってもムダになってしまうということはありません。

妊娠・出産でホルモンバランスが変化すると生えやすい

また、脱毛を行っても、妊娠や出産をした場合、ホルモンのバランスの影響で毛が生えやすくなってしまうこともあります。

妊娠をすると女性のからだは赤ちゃんをお腹で育てるためエストロゲンとプロゲステロンを多く分泌します。

女性の体や体質は急激に変化し、赤ちゃんを守るためにお腹周りの毛が濃くなるのです。

反対に、産後も急激な女性ホルモンの低下で、抜け毛などが起こるのです。

脱毛後に毛が生えるかどうかは人によって様々

また、脱毛後の毛の再生率は、「絶対こうなる!」という確かなものはありません。

人間はひとりひとり体質が違います。体質が違えば毛の生え方なども違います。

元々毛が濃い、多い、薄い、少ない。という体質や遺伝によっても脱毛後の毛の再生率は変わっていきます。

永久脱毛に近い効果を得る2つの方法

それでも、どうしてもツルツルの完璧な状態に近づけたい!!という場合、どのように脱毛を行っていけばいいのか、対策はあるのかなどを見ていきましょう。

期限を設けずサロンに通い続ける

ひとつめの方法は、回数を決めずに脱毛サロンに通い続けることです。

脱毛サロンは毛の再生率が高くなってしまうのは仕方がありません。なので、期間を決めずに一定の間隔を開けながら脱毛サロンに通い続けると、ムダ毛の処理もその

都度脱毛ができるのです。

キレイモ・シースリーには全身脱毛の通い放題プランがある

また、脱毛サロンのキレイモやシースリーのは全身脱毛の通い放題プランがあります。

いつまで通ってもOK。追加料金なしなど良心的なプランになっています。

お値段は350000円と少し張りますが、期間が決められていない。脱毛箇所は全身の33か所OKというのであれば、そのくらいのお値段は妥当なのかな。と思います。

永久脱毛が実現できない脱毛サロンだからこそ、このような良心的な通い放題プランなどを利用して、つるつるのお肌を維持するのも良い考えですよね。

クリニックで質の高い医療脱毛を受ける

もうひとつは、やはり、光脱毛ではなく脱毛パワーが強い「レーザー脱毛」などの質のいい脱毛を受けることですね。

レーザー脱毛は、パワーも強い分お肌の負担が増えてしまうことが考えられます。

しかし、クリニックなどで施術をうけるため、万が一肌トラブルがあった場合でもすぐに応急処置をその場で行ってもらえることがメリットでもあり、安心して通える理由です。

湘南美容クリニックは低価格で通えておすすめ

湘南美容クリニック

しかし、レーザー脱毛などの医療脱毛は、脱毛サロンにくらべ料金が高いです。

そんな医療脱毛の中でも比較的低価格で医療脱毛をうけることが出来るのが「湘南美容クリニック」です。

湘南美容外科では、キャンペーンなどで、通常よりもお得に脱毛ができるなどクリニックとしては非常に良心的です。

全身脱毛のパーフェクトコースであれば350,000円弱で6回施術をうけることが出来ます。また人気のワキ脱毛も、6回3,800円で意外と低価格です。

脱毛サロンは100円などで施術を受けることができるので、感覚が鈍ってしまいますが、しっかりと根元から脱毛を成功させたいという方であればパワーの強い医療脱毛が断然効果を実感できるのではないでしょうか。

ミュゼの効果は限定的!最初にしっかり理解しておこう

ミュゼの脱毛は「永久脱毛ではない」ということをしっかり理解しておきましょう。

永久脱毛をすることはできませんが、ミュゼのみならず脱毛サロンで行っている光脱毛をすれば今まで毎日行っていた毛のお手入れなどが少なくなります。

脱毛サロンを通ってもまた生えて来るならムダ。ではなく、日ごろの煩わしいお手入れを楽にしてくれるひとつの手段として光脱毛を取り入れてみるといいかもしれません。