ミュゼの脱毛は痛い?ワキ・vioが特に痛いという口コミ多数

ミュゼに通ってみようと思っているのだけどミュゼの脱毛は痛いってどこかからの噂で聞いて心配になっている。なんて悩んでいませんか?

結果から言うとミュゼに限らず痛くない脱毛はまず、ありません。

しかし、その中でもミュゼの脱毛の痛みは強いのかが気になるところです。

今回は、ミュゼ脱毛の痛みの真相や口コミ。痛みに弱いあなたに少しでも痛みを軽減できる方法。

また、ミュゼ以外でも痛みが弱いとされている脱毛サロンをご紹介していきたいと思います。

ミュゼの口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

ミュゼの脱毛方式「S.S.C.方式」は痛いの?

まずは、ミュゼで行われている脱毛方法を見ていきましょう。

ミュゼでは、S.S.C方式という方法で施術を行っています。

S.S.C方式というのは、今までの毛穴の中にある毛に栄養を与える毛乳頭などを光の力で破壊して脱毛していく方法とは違い、専用のジェルを塗り、そのジェルに光を当てることのよって、徐々に毛を細くしていき時間をかけて脱毛をしていく方法になります。

従来のレーザー脱毛より痛みは少ない

S.S.C方式の脱毛方法は、到来のレーザー脱毛より痛みは少ないとされています。

時間をかけて脱毛をしていく方法なので、肌への負担も少ないのです。またレーザー脱毛は医療機関でしか行えない脱毛方法です。

医師、またはそれに準ずる看護師のみしか施術は行えません。

その分、根深い毛穴までレーザーのパワーが届くので、その分痛みも強いものになります。

輪ゴムでパチンとはじかれるような痛み

具体的にミュゼのS.S.C方式の脱毛の痛さというのは、輪ゴムを伸ばして腕にパチンと当てた痛みと思ってください。

痛みに強い方なら、この程度の痛みは我慢できるかもしれませんが、痛みに弱い方は、輪ゴムの痛みでさえ怖いものです。

しかし、どんな痛みかわからない状態でいくよりも痛みの感覚を知って置くことで心の準備が出来るはずです。

ワキ・vio脱毛は痛かったという口コミが多い

ミュゼで「痛みがあった」と言っている方の中で一番多い部位は、ワキとVIOの痛みと言われています。

脱毛と言えばワキから始める方がほとんどですので、施術を受ける方が多いその分、痛いという口コミがどうしても多くなってしまいます。

VIOは、デリケートゾーンです。VIOは、敏感な部分であり普段痛みになれていない部分でもあります。

そのような理由から、痛みがと他の部位よりも感じてしまうことがあります。

毛量が多いと痛みは大きい

また体質によっても痛みの度合いは異なっていきます。やはり、毛が少ない人よりも毛が多い人の方が、その分毛穴も多いということになるので痛みが強くなってしまうことが考えられます。

しかし、毛が多い人の方が脱毛の効果が実感でしやすい。というメリットもあるのです。

ワキ脱毛が痛かったという口コミ

・私はワキの毛の量が多いからか、光を当てるごとにバチンバチンと痛かったです。ですが、回数を重ねると痛みに慣れてきて痛みに慣れてきた感じはしました。

・痛みに弱く、びくびくしていたのですが、光を当てられるごとにビクビクとなるくらい痛かったです。

・ミュゼはレーザー脱毛よりは痛くないと聞いていたので、ミュゼのS.S.C方式の脱毛をしてみたのですが、やはり無痛と言うのではなくパチンパチンと痛みを感じました。

・夏に向けてワキの脱毛を行ったのですが、痛かったです。S.S.C方式でこれだけ痛かったらレーザー脱毛はどこまで痛いんだろう…。

・痛いのが嫌いなのですが、ワキ脱毛の施術中はもちろん終わったあとも少し痛みを感じました。

・私は痛みに弱く、痛みの弱いミュゼの脱毛を申し込んでみたのですが、やっぱり痛いものは痛く、施術中も半泣き状態でした。

vio脱毛が痛かったという口コミ

・VIO脱毛は、ただでさえ恥ずかしいのに、なかなか痛みを感じない部分なので施術中は必至で耐えていました。

・デリケートゾーンは痛いと聞いていたのですが、コンプレックスがあったので脱毛をすることにしました。やっぱりバチバチと感じたことのない痛みで泣きべそかきました。でも、何回か光を当てているうちに慣れてきました。

・自分で毛を抜くだけでも痛いVIO。水着を綺麗に着こなしたので意を決して脱毛をすることにしました。デリケートゾーンにパチンパチンと輪ゴムを当てられているような感覚で、少し気持ちが悪かったです。

・想像が出来ない状態でVIO脱毛に挑みました。痛みの少ないS.S.C方式といってもやっぱり痛いものは痛く苦行でしたが、キレイを手に入れるために頑張りました。

・私は痛みに弱く悩んだのですが調べてレーザーよりも痛みの少ないミュゼのSSC方式でVIO脱毛をしてみることにしました。施術中は光を当てられるごとに「ひっ!」と声を出してしまうほど。ですが、事前に痛みに弱いと伝えていたので弱めで施術を行ってくださいました。

・VIO脱毛は友人から「痛いよ」と聞いていたので事前に痛みを和らげるように保湿などを行い脱毛に挑みました。それでもやっぱり、デリケートゾーンにくるバチバチはワキよりも痛くて、施術中は力を入れて耐えていました。でも何回か通っているうちに痛みの免疫が付いてきたみたいで最後の方は普通に寝てしまっていました。

ミュゼで意外と痛いといわれる膝脱毛

ワキやVIO以外に、人気の脱毛部位が膝です。

この膝脱毛もミュゼでは「痛い」と感じてしまう方が多いようです。

家で毛抜きを使って毛の処理をするときでさえ、ひざはピリっと来て痛いですよね。では、どうしてミュゼの膝脱毛は「痛い」と言われてしまうのでしょうか。

関節には筋肉や脂肪がないので痛く感じる

その理由は、関節には筋肉や脂肪がついていないので、ダイレクトに神経に届き痛みを感じやすくなってしまいます。

膝を脱毛する時、ピリッと脳まで刺激がくる感じがします。

これは、体の構造によるものなので、ミュゼに限らずどこのサロンで膝を脱毛しても痛く感じてしまうのです。

膝脱毛が痛かったという口コミ

・私はすねの脱毛のついでに膝も脱毛してもらったのですが、すねより膝の方が痛かったですね。思わず声を出してしまったスタッフさんに心配されてしまいました。

・今までカミソリで処理をしていたのですが、埋もれ毛が目立ってきたので膝脱毛をミュゼさんでしてもらったのですが、想像を超える刺激でした。出来ればもう膝脱毛はしたくありません。

・全身脱毛コースで膝を脱毛してもらいました。ワキや腕はそこまで痛みを感じず膝も楽勝だと思っていたのですが、腕などとはまた違う痛みがきてびっくりしました。

・膝の毛って意外と目に入るのでミュゼさんで脱毛をしてもらいました。痛みを例えるとパチっと着た後にピリっと頭まで刺激がくる感じです。痛みに慣れるまではきつかったですが慣れてしまえば大丈夫でした。

・膝の脱毛って周りでしている子が意外と少なくて、痛みがどんな感じかわからず施術をうけました。「いたっ」と思わず言ってしまうくらいパチンっという刺激がきてびっくりしました。

・私は足の毛が太めで、毛が目立ってしまうので足全体の脱毛をミュゼさんにお願いしました。
毛が太く、毛も多いからか脱毛はとても痛く感じました。とくに膝の部分は、半泣きになるくらい痛くてミュゼの方に心配されてしまいました。痛みに耐えたおかげで今は前より足の毛のコンプレックスがなくなりました。

ミュゼの脱毛の痛みを和らげる方法

ミュゼの脱毛に通ったことのある方々の口コミを、ご紹介していきました。

到来の脱毛より、痛みが少ないと言われているS.S.C方式の脱毛方法ですが、部位によっては痛いものは痛いという状態になってしまうようです。

では、ミュゼで脱毛をする場合、どうしたら痛みを和らげることができるのでしょうか。

風邪や生理中の脱毛は避ける

風邪は体の免疫が弱っている状態です。普段は何もないことでも免疫が弱っている時に刺激がある脱毛を行ってしまうとお肌だけでなく体調面でもトラブルが起こってしまう可能性も。

また、風邪薬などを飲んでいる時も自己判断で脱毛を行うことはNGです。風邪薬だけでなく、薬を服用した場合は、脱毛サロンのスタッフ。もしくは処方された病院などで、脱毛を行っても問題はないかをしっかりと確認しておくようにしましょう。

もうひとつは、生理中である時です。

脱毛サロンでも生理中の脱毛はお断りされるところが多いです。生理中はお肌が敏感になる時期でもあり、普段より痛みを感じやすくなってしまう場合があります。

どうしても生理中の日でしか空いていないというのであればスタッフに相談をするようにしましょう。

当日のカフェイン摂取を控える

当日のカフェインも実は脱毛の痛みに関係しているのです。

脱毛は肌に熱を与えます。

そうした場合、当日にカフェインやアルコールなどを飲むと血圧や体温を上昇させてしまうため、お肌の炎症が起こりやすくなってしまうのです。

また、ハーブティーなども血行を良くし体温を上げてしまうものもあります。施術当日は、ミネラルウォーターかお茶などを飲んで過ごしましょう。

睡眠をしっかりとる

施術当日のみならず普段からの睡眠不足は脱毛には大敵です。
睡眠不足の状態が続いた体は、免疫の低下や自律神経が乱れてしまっている状態です。いつもより、痛みを感じやすくなってしまったり、炎症が起こってしまう場合もあります。
しっかりと睡眠を取った状態で脱毛をうけるようにしましょう。

肌の保湿をしておく

痛みを和らげる方法のひとつとしてお肌の保湿があります。

脱毛の光を当てると肌が熱を持ってしまうのでお肌が乾燥してしまいがちです。

乾燥をしてしまったお肌は、バリア機能が低下している状態で痛みのみならず肌トラブルが起こってしまうこともあります。

脱毛に通っている間は、とくにお肌が乾燥しないように保湿をしてあげましょう。

どうしても耐えきれない方は鎮静剤を飲むことも

痛みに弱く「どうしても我慢できない」という場合であれば、鎮痛剤を進めるサロンもあります。

しかし、基本薬の服用はNGですので飲む前に病院やサロンで確認しましょう。自己判断で飲んでしまうと当日キャンセルされてしまう場合も。

また黙っていて施術を受けて、もしトラブルが起きた場合もサロンは責任を一切負わず自己責任となります。「鎮痛剤を飲まないと痛すぎる」と感じてしまう場合は、脱毛方法があなたにあっていない可能性があります。

ミュゼではコースの場合途中解約可能で、返金対応もしてくれます。我慢のしすぎは、せっかくの脱毛をしても体にストレスがかかってしまい良いことがありません。

「痛すぎる」と感じた場合は我慢せずミュゼスタッフに相談してみましょう。

「ミュゼが痛すぎる…」という方におすすめの乗り換え先サロン

ミュゼの脱毛が痛すぎて、我慢できない。という場合であれば、サロンを変えるのもひとつの手です。

沢山ある脱毛サロンから痛みに弱いあなたにおすすめのサロンを紹介していきます。

ストラッシュ

ストラッシュ

料金(全身脱毛) 月額7,980円から
対象部位 顔やVIO脱毛を含む61箇所
美肌ケア オプション
予約の取りやすさ ×平日でもなかなか取れない

ひとつめが脱毛サロンストラッシュです。ストラッシュでは、SHR方式という脱毛方法を採用しています。

SHR脱毛は、到来の「成長期のみの毛に反応させて脱毛を行う」方法ではなく、成長期でない毛にも反応して脱毛効果を与えることができるものです。

なので、毛周期に合わせて脱毛を行わなくてもいいので早く脱毛が完了します。

また、ストラッシュが行うSHR脱毛は痛みが少ないことでも話題になっています。ミュゼの脱毛が合わないという場合は一度ストラッシュのカウンセリングを受けてみるのもいいですね♪

ストラッシュの脱毛の口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

ラココ

ラココ

料金(全身脱毛) 月額3,000円から
対象部位 顔やVIO脱毛を含む51箇所
美肌ケア ついてくる
予約の取りやすさ

続いてもうひとつは「ラココ」という脱毛サロンです。

こちらもストラッシュと同じくSHR脱毛を行っている脱毛サロンです。ラココ自体も「痛くない脱毛サロン」とうたっている程です。

毛の質などの個人差にもよりますが、痛みをほとんど感じず脱毛ができます。

その理由は、今までの光脱毛やレーザー脱毛は毛などの「黒い部分」に反応させ脱毛を行ってきました。

しかし、SHR脱毛は、弱いエネルギーを毛穴内部の「毛包」に包み込むかたちで集中的に脱毛していきます。そのため痛みが少なく、成長期でない毛であっても脱毛をすることが可能なのです。

脱毛の痛みは自分なりの工夫で軽減できる

脱毛の痛みが苦手…。怖い…。というのであれば、色々な対策があります。

特にミュゼは、解約に良心的なので「自分には合わないかも」と思ったら乗り換えも可能♪

また、ラココではSHR脱毛の無料体験も行っているので、ミュゼを解約する前に、体験にいってみてミュゼの脱毛とどうちがうのかを確認してみるのもいいかもしれません。

ただ、薬などに関しては素人判断での勝手な服用はNGです。しっかりと医師に相談しながらの服用。そして脱毛サロンでの確認を徹底していきましょう。