ミュゼは全身脱毛の料金が高い!お得に利用する5つのコツ

ミュゼの全身脱毛コースは、料金が少し高いと言われます。

実際、全身脱毛に一回だけ通う場合にも、料金が5万円以上かかってしまいます

ミュゼの全身脱毛コースの料金表
回数 通常価格  アプリダウンロード価格
デイプラン レギュラープラン デイプラン レギュラープラン
1回  52,500円 63,000円
4回 210,000円 252,000円 105,000円 126,000円
6回 315,000円 378,000円 157, 500円 189,000円

この料金は他の脱毛サロンと比べてもやはり高いのでしょうか?料金をよりお得にする裏ワザはないのでしょうか?

ここから詳しく解説していきます。

ミュゼの料金プランをコース・回数別に解説!どのメニューがお得?

ミュゼの料金は他の脱毛サロンと比べると高い?

実際に他の脱毛サロンの全身脱毛コース(6回)の料金を比較すると、このようになりました。

脱毛サロン 6回コース 脱毛の箇所 顔脱毛・VIO脱毛
ミュゼ 189,000円 21箇所 顔脱毛は不可
キレイモ 114,000円 33箇所 両方可能
銀座カラー 197,650円 22箇所 顔脱毛は不可
ストラッシュ 95,760円 61箇所 両方可能
脱毛ラボ 159,980円 56箇所 両方可能
恋肌 92,407円 62箇所 両方可能
シースリー 95,000円 53箇所 両方可能

キレイモや銀座カラーは料金が高いだけでなく、手入れできる箇所が少ないのがネックですね。
ミュゼで全身脱毛をするのは、あまりおすすめできません。

ミュゼは部分脱毛で利用するのがおすすめ!

ミュゼは全身脱毛の料金が高いのですが、部分脱毛は他のサロンに比べてお得になっています。

今度は各サロンのワキ脱毛とVIO脱毛の料金プランを比較してみましょう。

脱毛サロン ワキ脱毛 VIO脱毛
ミュゼ 100円(6回)※初回のみVライン込 30,000円(6回)
キレイモ なし なし
銀座カラー 21,000円(8回) 31,500円(6回)※V脱毛のみ
ストラッシュ 16,500円(6回) 82,500円(6回)
脱毛ラボ 12,000円(6回) 54,000円(6回)
恋肌 なし なし
シースリー なし なし

やはり部分脱毛は他社と比較できないほどお得なようですね。

ミュゼの全身脱毛はバリューコースかライトコースを選ぶと料金がお得

ミュゼの全身脱毛コースは22箇所のお手入れができますが、正直全箇所の脱毛は必要ないという方も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、ミュゼが提供している以下の2コースです。

  • 全身脱毛コースバリュー
  • 全身脱毛コースライト

これらのコースでお手入れしたい部位を絞ることで、低コストで効率よく全身脱毛を受けられます。

全身脱毛コースバリューの内容と料金プラン

全身脱毛コースバリューは、人気の箇所・気になる箇所を重点的に脱毛したい方におすすめです。

プランは12に分かれており、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

基本プラン  名称 追加の部位
スタンダード(ヒザ上+ヒジ下)  スタンダードA
  • 両足の甲指
  • 両手の甲指
  • Iライン
  • トライアングル上
スタンダードB
  • 両足の甲指
  • 両手の甲指
  • へそ周り
  • 乳輪周り
スタンダードC
  • 背中上
  • 背中下
スタンダードD
  • トライアングル上
  • トライアングル下
  • Iライン
  • ヒップ奥
うでプラス(ヒジ上+ヒジ下)  うでプラスA
  • ヒザ下
  • 両手の甲指
  • 両足の甲指
うでプラスB
  • 両足の甲指
  • 背中上
  • 襟足
うでプラスC
  • ヒザ下
  • トライアングル上
  • へそ周り
うでプラスD
  • お腹
あしプラス
(ヒザ上+ヒザ下)
あしプラスA
  • ヒジ下
  • 両足の甲指
  • 両手の甲指
あしプラスB
  • ヒジ下
  • 両手の甲指
  • トライアングル上
あしプラスC
  • ヒジ下
  • へそ周り
  • 乳輪周り
あしプラスD
  • 背中上
  • 背中下

どのプランを選んでも料金は一律で以下の通りになっています。

全身脱毛コースバリューの料金表
回数 通常価格  アプリダウンロード価格
デイプラン レギュラープラン デイプラン レギュラープラン
1回 26,250円 31,500円
4回 105,000円 126,000円 30,000円 63,000円
6回 157,500円 189,000円 45, 000円 94,500円

全身脱毛コースと比較すると、料金が約半額になっているのが分かりますね。

全身脱毛コースライトの内容と料金プラン

次に紹介するのが、全身脱毛コースライトです。

このコースは、特に人気のある部位をピックアップし、3つのプランにまとめています。

腕や足、デリケートゾーンから背中、胸、お腹なども選ぶことが出来るので、このコースで事足りる方は多いことでしょう。

3つのプランの詳しい内容はこちらです。

プラン名 お手入れの箇所 向いている人
Aプラン
  • 両ヒジ上
  • 両ヒジ下
  • 両ヒザ上
  • 両ヒザ下
  • 両手の甲と指
  • 両足の甲と指
  • トライアングル上
  • トライアングル下
  • Iライン
  • ヒップ奥
腕・脚に加えて、デリケートゾーンが気になる方
Bプラン
  • 両ヒジ上
  • 両ヒジ下
  • 両ヒザ上
  • 両ヒザ下
  • 両手の甲と指
  • 両足の甲と指
  • 背中(上)
  • 背中(下)
  • 襟足
腕・脚に加えて、見えない背中やうなじが気になる方
Cプラン
  • 両ヒジ上
  • 両ヒジ下
  • 両ヒザ上
  • 両ヒザ下
  • 両手の甲と指
  • 両足の甲と指
  • お腹
腕・脚に加えて、胸・お腹が気になる方

全身脱毛コースより施術箇所は少ないものの、幅広い部位のお手入れが出来るのが嬉しいですね!

ただ、お手入れの箇所はバリューコースよりも多いため、料金も少し高くなっています。

全身脱毛コースライトの料金表
回数 通常価格  アプリダウンロード価格
デイプラン レギュラープラン デイプラン レギュラープラン
1回 39,375円 47,250円
4回 157,500円 189,000円 78,750円 94,500円
6回 236,250円 283,500円 118,125円 141,750円

バリューコースよりライトコースのほうが料金が高いというのは若干まぎらわしい気もしますが、、、それでも22箇所全てお手入れする時よりは大幅に料金が下がっています。

ミュゼの全身脱毛も料金をよりお得にする5つのコツ

ミュゼの全身脱毛は結構な金額がかかってしまいます。

ただ、ミュゼは意外と簡単な方法で料金を基本プランの半額以下に抑えることもできます。

今回は、ミュゼの料金を抑えるコツを5つ紹介していきます。

ミュゼのデイプランを利用する

上でも紹介しましたが、デイプランを積極的に利用するのと料金は大幅に抑えられます。

ただ、デイプランは専業主婦の方が殺到することも多いので、意外と予約が取れません。

遠めの日程や直前キャンセルを狙うといった工夫をしていきましょう。

アプリをダウンロードすると美容脱毛コースが半額に!


ミュゼからは「ミュゼパスポート」という公式アプリが提供されています。

このアプリを使って予約やショッピングをより簡単におこなうことができます。

また「空き時間通知」という機能を使えば、他の人の予約キャンセルなどに素早く気づくことができるのでおすすめですよ。

ミュゼパスポートには会員限定コンテンツも用意されており、今なら美容脱毛にかかる料金が半額になります。

無料で利用できるので、まずはダウンロードしてみましょう!

紹介特典で総額18,000円分チケットがもらえる!

ミュゼ会員の紹介で新規申込をした場合、紹介をした人も受けた人もそれぞれ9000円分のチケットをもらうことができます。

チケットはショッピング、ホワイトニング、美容脱毛の3種類に利用することが可能です。

紹介から申込までの流れは、以下の通りです。

  1. 公式アプリや会員サイトから紹介メッセージを送信
  2. 送信されたメッセージ内のURLからカウンセリング予約をする
  3. 契約をしたら2人にチケットがプレゼント

9000円お得になるのはかなり大きいですよね!

「Mカード」を使ってポイントを貯めよう

ミュゼは、業界初のクレジットカード「Mカード」をリリースしています。
Mカードは年会費無料で、ミュゼのサービスで利用すると100につき1ポイントが貯まります。

貯まったポイントはミュゼの提携サービスにも利用できますし、楽天ポイントやTポイントに交換することもできます。

ミュゼを年1回利用するだけだったとしても、年会費が無料なので損することはありません。

他にもさまざまな特典が付いてくるので、試しに申し込んでみましょう!

期間限定キャンペーンを活用しよう


ミュゼは、上のようなキャンペーンを頻繁におこなっています。お得なキャンペーン中に予約をすれば、料金をかなりお得にできます。

特に夏場などはお得なキャンペーンも増えますが、その分予約が取りにくくもなるので注意しましょう。

ミュゼの全身脱毛は料金が高めなので注意

ミュゼの料金プランは全身脱毛だと高めですが、部分脱毛だとお得に設定されています。

そのため、夏前に一気に全身をお手入れする人よりも、長期間通いたいという方におすすめです。

紹介した通り料金を安く抑える方法は意外に多いので、積極的に活用していきましょう。