ミュゼの脱毛は効果ない?「やめるべき」という口コミが多い理由と効果を最大限引き出す方法

定期的なムダ毛の処理は、面倒だし脱毛してしまいたい!

脱毛といえば、キャンペーンなどで安く通えるミュゼが有名だけど・・・なんだか、いい噂をきかないような気がするし・・・。

でも何でミュゼは効果がない!と言っている人がいるのか、その理由が知りたい!と思っているあなた。

ミュゼは効果がない!と言っている方は、一体どうしてなのか。その理由をご紹介していきます。

またミュゼの脱毛は、しっかりと脱毛の仕組みを理解し、しっかりと予約を取って通うことが出来ていれば「効果がない」ということはありません。

ミュゼは、SSC方式という当来の脱毛方法とは少し異なる部分があります。

しっかりとミュゼの脱毛方法を知ること。脱毛を正しく行っていくコツを詳しく理解し、お安く、賢く。効果的に脱毛を行っていきましょう。

ミュゼは悪い口コミばかり?実際に行って確かめてみた体験レポート

「ミュゼは効果がない!」と言われる4つの理由

 

では、まずあなたが一番知りたい部分。「どうしてミュゼは効果がない!」と言われてしまうことがあるのでしょうか?その4つの理由を見ていきましょう。

①予約が取りにくいので通う頻度がまばらになりがち

ミュゼで効果がないと言われるひとつの理由として「予約が取りにくい」ということが関係しています。ミュゼは格安キャンペーンなどで多くの女性が利用しています。

ミュゼで脱毛を行う女性は比較的若い女性が多い傾向にあります。20代の社会人の場合は、仕事が終わってからの夕方の時間帯と、お仕事がお休みの場合が多い土日などに予約が集中してしまうために、同じ状況の方は予約が取りにくいと感じてしまいます。

また、予約が取りにくく通いたいと思っていても間隔が空いてしまい、毛周期がずれてしまう可能性も。せっかく脱毛をしても毛がまばらに残ってしまい仕上がりが納得できるものではなくなってしまいます。

そのため予約が取りにくく間隔が空いてしまう方の多くは「効果がなかった」と思ってしまう結果になり、解約をしてしまうという流れになってしまいます。

しかし、ミュゼの予約はキャンセルが多く発生します。その傾向をうまく利用し予約を取っていくと、あなたの通いたい日時に来店できる可能性もあります。

ミュゼは予約がとれない!当日キャンセルの狙い方と予約変更の流れ

②肌に優しい脱毛方法なので照射が弱い

ミュゼの脱毛は「SSC方式」という脱毛方法を行っています。

「SSC方式」というのは、毛を伸ばした状態で照射を行うのではなく、毛を剃った状態で制毛成分を含んだ脱毛専用のジェルを塗ります。そして、その上から脱毛器の光を当て毛を徐々に細くさせて脱毛させていくという方法です。

この「SSC方式」は痛みが少なく、お肌にやさしいとされる方法です。またお肌に負担のないよう照射時間も短くなっているのもポイントのひとつ。

また、毛に栄養を与える毛乳頭などの細胞はそのまま破壊されずに留まっている状態です。なので、光のパワーも弱く効果を実感できないという方がいるようです。

反対に、痛いのが嫌いな方や痛みに弱い方からは個人差はありますが、今まで行ってきた脱毛より痛くなくて嬉しい!なんて声もあがっています。

③ワキ脱毛など効果の出にくい部位に力をいれている

3つめは、効果の出にくい部位にを脱毛している場合です。

ワキの脱毛をする間隔は3ヶ月間に一回という意外と長期戦なのがワキ脱毛なのです。

効果がないと思っている方の中には毛周期の知識が乏しく、短いスパンで施術をすればそれだけ効果がある。という勘違いをしている方の意見が多いです。

またワキより毛周期が長いとされているのがVIO脱毛です。そういった毛周期が長い部位の脱毛を行う場合はとにかく「長期戦」を覚悟しましょう。

地道に、しっかりと間隔をあけて脱毛を行えば「効果がない!」という意見にはならないはずです。

④毛量・毛質によっては効果が出ない人もいる

最後の4つ目。効果がでないと悩んでいる方の中には、毛質や毛の量が関係している場合があります。

一本一本の毛が生え変わる時期が違うわけですから、その分脱毛をしたい部位の毛の成長期を狙って施術をしなければいけないので、毛が多い方だと、その分時間がかかってしまうのです。

また毛の質感にも関係があります。通常の光脱毛であれば一見、剛毛な方のほうが脱毛に時間がかかりそうですが、それは間違い。実は毛が薄い方の方が時間がかかってしまう傾向にあります。

その理由は、通常の脱毛器の仕組みにあります。脱毛器は「黒い部分」に反応させ光を照射して毛乳頭や毛母細胞を破壊し毛の再生を食い止めるのです。

ですから、毛が細く、色も薄い方よりも、毛が太く剛毛な方の方が脱毛効果を感じやすくなります。

ですが、ミュゼで採用しているSSC方式では、制毛成分と脱毛器の光で徐々に毛を細くしていく方法なので、当来の「黒い部分」に反応させる施術ではないため、SSC方式では剛毛な方のほうが時間がかかってしまうこともあります。

なのでミュゼで「効果がない」と感じてしまうかたは、毛の質や量が平均よりも太いなどの原因が考えられます。

まずは脱毛の仕組みをしっかり理解しよう

さて、ミュゼに通って「効果がない!」と言っている理由が少しずつわかってきたかと思います。

脱毛の効果を実感するためには、まずしっかりと脱毛の仕組みを理解することから始めましょう。

しっかりと仕組みを理解することによって「効果がない」と早とちりして、効果を感じる前に解約をしてしまうという最悪の結果を防ぐことができます。

最低でも3回は通わないと効果を実感できない

まず、1回の脱毛でほとんどの毛が脱毛できる。と勘違いをしている方が多くいます。しかし、それは間違いです。

脱毛の施術一回に対して、照射できる毛は20パーセントほどです。他の80パーセントは脱毛器の照射に反応しない「退行期」や「休止期」の毛ということです。

こうして考えると一回で、理想としているほど効果が実感できにくいことがお分かりいただけたかと思います。

あなたの理想に近づいてきたなと感じられるのは最低でも施術を3回通ったくらいから。脱毛を成功できるひとつのコツとして、いかに我慢強く通い続けることができるかが鍵となっています。

毛周期に合わせてお手入れすることで効果が出る

体に生えている毛は、必ず毛の周期があり、定期的に毛が生え変わっています。

この毛周期の期間は部位それぞれで異なっているので、あなたが脱毛したいと思っている毛の周期を事前に確認しておきましょう。ミュゼのスタッフの方に聞くとあなたの毛の質を見ながらアドバイスしてくれます。

引用:新宿マリアクリニック公式HP

毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」の3つの状態を繰り返しています。この中で脱毛器に反応し脱毛が出来る時期は「成長期」の毛のみです。

この「成長期」の状態である毛を狙って脱毛していくことによって、回数を重ねると徐々に毛が薄くなって脱毛を実感することができます。

例えばワキであれば、個人差がありますが大体2ヶ月~3ヶ月が毛のサイクルなので、2ヶ月~3ヶ月、定期的に施術を受けることが理想的です。

反対に間隔が空きすぎてしまうと、毛のサイクルとずれてしまうので脱毛効果を感じにくくなってしまいます。

自分で処理や肌ケアをする必要あり

ミュゼの脱毛方法は先ほどもお話したようにSSC方式を採用しています。

制毛成分を含んだジェルを毛穴に浸透させていかなければいけないので、脱毛前には毛の処理をしておく必要があります。

また、脱毛は、肌荒れや水分不足による乾燥肌になっている場合は炎症を起こしてしまったり、肌荒れがひどくなってしまったり。

最悪の場合は、当日のお肌の状態で施術を受けられないという可能性も出て来てしまいます。

そうならない為にも、日頃からの保湿などのお肌のお手入れをしっかりしておくことが脱毛を効果的に行うための秘訣です。

自宅でセルフ脱毛が一番お得!家庭用脱毛器を使うのがおすすめ

ミュゼの効果を最大限に引き出すコツ

脱毛の仕組みもわかってきたと思います。では、ご紹介した脱毛の仕組みを踏まえながらミュゼで脱毛の効果を最大限に引き出すコツをご紹介していきます。

2週間に1回通うのが理想的

ミュゼの脱毛方法は、SSC方式。毛を剃り、その上から専用のジェルを塗り光を当てていきます。

上記でもご紹介したようにSSC方式は照射パワーが弱いので痛みが少ない肌へのダメージが少ないなどのメリットの反面「効果を感じにくい」と感じてしまう場合があります。

そうなると2ヶ月~3ヶ月に1回のペースで通ってしまうと、なかなか思うように脱毛ができている感覚にならずに途中で解約してしまう。挫折をしてしまう。という事態になってしまいます。

うならない為にも通い始めのころは、部位にもよりますが2週間に1回通うようにすると効果を感じることができます。

効果を感じ始めたところで、毛周期にならって2ヶ月~3ヶ月の感覚でミュゼに通うことが理想的です。

また、ミュゼは予約が取りにくくて有名ですが、ミュゼのアプリ「ミュゼパスポート」を使って空き通知やキャンセル待ちを小まめに確認すると意外と、急な予約もできるんです。

来店前はしっかり自己処理をする

2つめは、予約を取った当日はしっかりと自己処理を行ってからサロンに来店するようにしましょう。

SSC方式は毛を剃った状態で制毛成分が含まれているジェルを塗って光をあてて徐々に脱毛をしていく方法です。

毛が長い状態でサロンに来店をすると、ジェルがしっかり毛穴に入ることができず効果を感じにくくなってしまうことも考えられます。

また、サロンで処理をする場合も、時間がその分時間がかかってしまうので前日のバスタイムにしっかりと処理をしていきましょう。

日焼けをしすぎないように注意する

脱毛を行う場合の鉄則事項は、日焼けをしないことです。

SSC方式は直接メラニンに反応させる方法ではないため、レーザー脱毛よりは刺激が少ないです。

しかし、過度な日焼けで、お肌が赤く軽くやけどをしている状態の場合は施術を延期されてしまう場合もあります。

脱毛期間中は、特に春から夏にかけては、日焼け止めを塗る。極力海などのレジャーな遊びは控え日焼けを防止することが成功のコツです。

また脱毛期間は、個人差がありますが、お手入れが不要でキレイな状態になるまでに1年~2年かかると見ておきましょう。

お手入れ後は保湿などのアフターケアを忘れずに

脱毛後は、光脱毛の影響でお肌が乾燥しやすくなってしまったり、刺激を受けお肌のバリア機能が低下している状態です。

放っておくと、紫外線の影響を受けやすくなりシミの原因になってしまうことも。また乾燥をしていると肌荒れが起こりやすくなってしまいます。

脱毛が終わったあとは、家でも保湿をいつも以上にたっぷりしてあげるなどお手入れをしましょう。

ミュゼで脱毛をしてもいつか毛は生えてくる

脱毛をするなら永久脱毛をしたい!と思うのはみんな同じですよね。

しかし、ミュゼは光脱毛を使って脱毛を行いますが、光脱毛は毛がまた再生してくる可能性が高いのです。

現段階では永久脱毛の定義にのって永久脱毛が可能な施術方法はレーザー脱毛のみとなっています。

レーザー脱毛は医療機関など医師のみが行える脱毛方法で、照射パワーが光脱毛よりも強いのです。

レーザー脱毛は毛乳頭などの毛の根深い根っこ部分の細胞までも壊して毛の再生を抑える方法に対し、ミュゼで採用している光脱毛のSSC方式は毛の根元部分は一切刺激せずに専用のジェルと光の効果を使い毛を徐々に細くしていくのです。

ということは、毛に栄養を与える細胞は毛穴の奥に残ったままということになるので、時間が経てば、また毛が生え始めるという可能性が高いのです。

痛みや肌の弱い方。また脱毛を一度経験してみたいという初心者の方であれば、毛の周期、アフターケアなどをしっかり行っていれば、長期戦にはなりますが効果を実感できるのでおすすめです。