Vライン脱毛のメリット・デメリットを徹底解説

Vライン脱毛のメリット・デメリット

ふとした時に気になるのがVラインです。

可愛い下着や水着を試着した時、脱衣所で裸になった時、そんなふとした時にVラインは視界に入ります。

綺麗なつるつるのお肌が見えていたら、誰しも自分の体の美しさに満足します。

しかし、ムダ毛がはみ出していたり、生えはじめや剃り残しの黒い点々が見えていたら、楽しい気分も一気に萎んでしまいますよね。

自分の体に自信が持てるだけではないVライン脱毛のメリットや、Vラインを脱毛したからこそ起きるデメリットも遠慮なく紹介していきます。

Vライン脱毛の効果が出るまでにかかる費用はいくら?サロン・クリニックを比較

目次

Vラインを脱毛することで得られるメリット

Vラインを綺麗にすることは、女性にとってたくさんのメリットがあります。これらのメリットを最大限に引き出せるのは、脱毛サロンや医療クリニックなどのお店で脱毛することです。

少々お金と時間はかかりますが、かけるだけの価値のあるメリットであることは確かです。

では、Vライン脱毛にはどのようなメリットが待っているのでしょうか?

清潔で臭わないデリケートゾーンになる

意外と臭いに鈍感になっていませんか?実は、自分の臭いというものはそこまで強く感じることはありません。自分の臭いに気が付くのは、いつだって自分の近くにいる他人、つまりパートナーです。

パートナーの前だからこそ、下着や水着姿になることもありますよね。そんな時に、むわっと蒸れた臭いがしては困ると思いませんか?

Vラインは足の付け根。思っている以上に臭いはこもります。

臭いの原因は雑菌。その温床となりやすいムダ毛が無くなれば、すっきりとした綺麗で臭わないVラインになれます。

下着・水着が自由に選べる

水着選びでフリルのついたタイプばかりを探す人もいるのではないでしょうか。もしかして体型よりも、ムダ毛がはみ出さないかの方が心配なのでは?

下着や水着の布面積は小さいものほど可愛くセクシーなデザインが多いですよね。レース仕立てのものなどは、ムダ毛があっては綺麗に履きこなすことはできません。

脱毛には、ファッションの制限の無くすというメリットもあるのです。

生理中の不快感が大幅に減少する

生理中、Vラインのムダ毛が不快感のもとになるなんて、考えたことはありませんよね。

けれど、よくよく思い返してみると、ナプキンを取り替える時にムダ毛に付いた経血が手に垂れてしまったり、下着を汚してしまったりしたことは少なくないはずです。

Vライン脱毛は、そんな小さな不快感から蒸れてかぶれてしまう大きな不快感まで、消し去ってくれます。

自己処理がいらない

多くの人がこのメリットを手に入れる為に脱毛しているのではないかと思えるほど、魅力的ですよね。

夏のシーズンにはほぼ毎日。お肌を露出はしなくても、パートナーがいれば気を抜ける季節なんてありません。

毎日やらなければならない自己処理は、本当に面倒でしかありません。綺麗になる為とはいえ、時間も手間もかかりすぎるのは良くないでしょう。

この自己処理の時間を、もっと有意義な時間に使うことができたなら。幸せだと思いませんか?

自己処理でお肌が傷つかない

お店に通うとお金がかかってしまうので、やはり自己処理で脱毛する人は少なくありません。

しかし、自己処理はどうしてもお肌にダメージを与えすぎてしまうのが悩ましいですね。

お店で脱毛してしまえば、お肌ダメージを最低限に抑えることができます。不器用な人でも安心して脱毛できるのは、プロに任せに限ります。

Vライン脱毛の避けられないデメリット

Vライン脱毛にはデメリットもあります。たくさんのメリットの裏側に隠されたデメリットも受け入れる覚悟がなければ、脱毛を断念してしまうかもしれません。

どのようなデメリットがあるのか、ひとつずつみていきましょう。

施術が痛い

お店で受けられる脱毛施術は、できる限り痛みを抑えてはいますが、それでもやはり痛いです。

特にデリケートゾーンとなるVラインは、腕や足などの部位よりも痛みを強く感じやすい為、涙が出てしまう人もいるほどです。

施術の痛みを減らすには、痛みの少ない脱毛マシンを取り入れているお店を選んだり、麻酔を使用できる医療クリニックにしたりなど、痛み対策はいくつかあります。

自分が頑張れそうな脱毛方法を選びましょう。

施術時の体勢が恥ずかしい

人前で足を開くのは、少しばかり恥ずかしいですよね。病院へ行っても、診察の時に恥ずかしいと感じるようなものです。

けれど、診察のような一瞬とは違い、Vライン施術では15分前後もスタッフさんに足を開いた体勢でVラインを直視され続けます。

その恥ずかしさを耐えられるかどうか、想像してみたことはありますか?

たった15分前後の施術を数回分耐えきれば、綺麗なVラインが手に入るのですが、恥ずかしいものはやはり恥ずかしいですよね。

脱毛完了までは自己処理も必要

自己処理をしなくてもいいようにお店で脱毛するのですが、脱毛完了までには自己処理が必ず必要になります。

それは、施術前日までの自己処理です。

脱毛施術は毛が伸びっぱなしのままでは行いません。2mm以下の短さに剃ってから行います。これは基本的に、自分の手で行わなければならないのです。

施術回数を重ねるごとに、処理するムダ毛は減っていきます。最初の数回がひどく手間だと感じるのですが、そこをやりとおせば楽な未来が待っていますよ。

脱毛後の発毛は望めない

脱毛後、どうしてもVラインのデザインを変えたい、もう一度生やしたい部分があるなどの希望があっても、脱毛完了した部分には基本的に毛は生えてきません。

これは脱毛サロンでも医療クリニックでも同じです。

後悔しないよう、Vラインを脱毛する前にデザインをしっかりと考え抜きましょう。一時の感情に任せてデザインを決めるのは、大変危険です。

やけど・炎症などが起きることもある

お店によって扱う脱毛マシンは様々です。

マシンそのものの特性や施術時の出力、その日の体調などの条件が悪い方に重なると、やけどや炎症などのお肌トラブルが引き起こされてしまう可能性はゼロではありません。

いつ誰に起きてもおかしくはないお肌トラブルは、お肌が弱い人ほど起きやすいですが、ほんの少し体調が悪かっただけというタイミングでも起きることがあります。

脱毛施術当日の体調管理はしっかりと行っておきたいですね。

Vラインの脱毛はどれくらい痛い?どんな風に痛い?

痛いと聞くVラインの脱毛施術。それはどのような痛みなのでしょうか?

頑張って我慢できるレベルなのか、我慢できないほどの痛みであれば、脱毛施術そのものが受けられないかもしれないと、怖い気持ちばかり先走ってしまいます。

Vラインを脱毛する時の痛みの種類とは?どのように感じられるのでしょうか?

輪ゴム~ヘアゴムではじかれる痛み?

Vラインを触ってみるとわかるように、お肌は柔らかくて繊細そうですよね。

Vライン脱毛施術で受ける痛みは、そんな柔らかいお肌に輪ゴムでパチンとはじいたような痛みを感じる人が多いようです。

なかには、ヘアゴム並みの太いゴムではじかれたように感じる人もいると聞くから怖いですね。

逆に、痛みではなくちょっと熱いくらいの熱を感じたという人もいます。感じ方の違いは様々のようです。

この痛みの強弱の違いは、お肌が敏感かそうではないかだけによらず、ムダ毛がどれだけあるかにもよって変わります。

痛みの原因はムダ毛?

脱毛施術は黒い色素に反応する光やレーザーを照射する為、ムダ毛のある部分に強い痛みを感じます。

ムダ毛の数が多ければ、その分痛みも多く感じ、それが強い痛みとなっている場合もあります。

施術を重ねるごとに痛みは小さくなった、慣れてきたと感じる人が多いのは、ムダ毛が減り、痛みを発する対象が少なくなってきたからといえます。

Vライン脱毛の回数・期間の相場

ムダ毛が抜けきるのに時間がかかりそうなVラインですが、脱毛完了までに何回の施術が必要となってくるのか気になりますよね。

Vラインが脱毛完了するまでの平均的な回数と期間がわかれば、自分の毛質と見比べていつまでに脱毛完了するのか、予測が立てられます。綺麗になりたい日から逆算して、脱毛開始を見定めましょう。

つるつるになる脱毛完了の相場は2~3年

Vラインのムダ毛はとてもしぶといので、なかなか脱毛完了することができない部位です。平均的な相場は次のような回数・期間です。

回数 状態
4~6回(1~2年) 毛量が減る
10~20回(2~3年) つるつるになる

施術回数と期間はおおよその目安でしかありません。人によって毛根の数も生えてくるサイクルも異なります。

施術日は2~3か月周期と決めつけるよりも、毛がどれだけ生えているかで施術日を決めた方が、結果的に早く脱毛完了できる場合もあります。

毛深い人ほど回数と期間は延長していく

毛量が多い人ほど、どうしても回数と期間は長くなってしまう傾向にあります。回数にすると4~7回ほど加算する必要があるとされています。期間にすると約1年と少しです。

しかし、必ずしもそうとは限りません。どのような違いがあるのか明確に証明されていませんが、毛深い人でも一気に毛が抜けて平均回数で脱毛完了したという人もいます。

プロの目から見ても、この回数と期間で脱毛が終えられるということはわからない世界です。

Vライン脱毛の料金相場はいくら?

Vラインの脱毛では、ほとんどの人がIラインとOラインも同時に施術することから、VIOすべてがセットになっているお店があります。

また、全身脱毛専門店も増え、Vラインだけの料金体系ではなくなってきています。

ここで算出したVライン脱毛料金は、Vラインのみを施術できるお店の料金をもとにしています。

Vライン脱毛は20,000円以上が一般的

Vラインの脱毛回数の相場は、自己処理が楽になるくらいの毛量になるには4~6回、つるつるのハイジニーナにするには10~20回ほどの施術が必要でした。

では、それぞれの料金相場はいくらなのでしょうか?Vラインのみの施術でみていきましょう。

回数 料金
4~6回 20,000~30,000円
10回以上 40,000円~

Vラインは範囲の小さな部位なので、料金単価は広範囲の部位に比べてそこまで高く設定されていません。ナチュラルな毛量へ調整する程度ならば、30,000円くらいに収まりそうですね。

セットプランを上手く利用する

Vラインだけの施術というのは、あまりにもお金がもったいないと思ったならば、セットプランを利用しましょう。

Vライン1か所のみの施術は、施術単価としては高額です。しかし、VIOセットや全身脱毛の1部としてVラインを脱毛しようとすると、施術単価はもっと安くなります。

Vライン脱毛は本当に効果がある?

急いでVラインを脱毛完了したいと焦ってはいけません。Vラインは毛質が濃く太い為、脱毛には少しばかり時間がかかります。

では、お店の脱毛施術からどの程度の日数で脱毛効果は感じられるのでしょうか?

毛が抜けるのは施術から2~3週間後

初回の脱毛施術後、早い人は2~3週間程度で生えていたムダ毛が抜け落ちていきます。

しかし、そこにはまだまだ生えてくるムダ毛もあって、つるつるな状態にはほど遠いでしょう。

人によっては、生えてくるムダ毛の量が多すぎて、抜けたかどうかわからない人もいます。

けれど、残念に思うことはありません。

着実に毛根を破壊し、ムダ毛を脱毛していけば、徐々に綺麗なVラインになっていくものです。Vライン脱毛に焦りは禁物です。

脱毛完了までは毛が生えてくる

濃くて太いムダ毛が一気に減ることで、脱毛できた!という達成感が訪れますが、脱毛完了していない内はぬか喜びに終わります。

脱毛施術から2週間ほどすると、気が付いた時にはVラインのムダ毛が抜け落ちて綺麗なつるつるお肌になっています。

しかし、これは施術で破壊された毛根から生えていた毛が抜けただけにすぎず、まだ生きている毛根はこれから生えてきます。そうなる時期が、更に1~2か月後です。

施術でムダ毛が抜け、1~2か月後に生えてくるを繰り返し、徐々に生えてくる毛が少なくなり、いつしかムダ毛は一切生えてこなくなります。これが脱毛完了の状態です。

脱毛完了となるまでは、ムダ毛が抜けた喜びと再び生えてきてしまったガッカリ感を交互に味わうと覚悟しておきましょう。

Vライン脱毛はサロンと医療クリニックどちらがいい?

できれば良いお店に通って、お肌トラブルが起きないように気を付けながら脱毛したいですね。

そうなると、美容に特化した脱毛サロンと医療の分野の医療クリニックのどちらがいいのでしょうか?
それぞれの決め手は何かをまとめました。

Vライン以外も脱毛したいなら脱毛サロンへ

脱毛サロンの良さは料金の安さとお肌への負担が軽いところにあります。

Vラインのみでの脱毛施術は脱毛サロンであっても高額になりやすいので、セットプランの一部としてVラインを脱毛する方が料金も安く収まり、より広い範囲をお得に脱毛できます。

医療クリニックに比べて脱毛完了までの時間はかかりますが、ゆっくりでもお肌を傷めない方がいい人や料金が安い方がいい人には脱毛サロンがおすすめです。

Vラインだけとことん綺麗にしたいなら医療クリニックへ

医療クリニックは料金が高いですが、短期間で集中的に脱毛完了を目指せます。

ムダ毛が再び生えてくる確率が低いのは、断然医療クリニックです。Vラインはとにかくしつこいムダ毛です。徹底的に脱毛したいなら、医療クリニックを選びましょう。

また、デリケートゾーンの黒ずみも医療の分野からの診察・治療が希望でき、エステとは違う観点から美白できるのもいい点です。

Vライン脱毛におすすめのサロン・クリニック

たくさんある脱毛サロン・医療クリニックの中から、自分に合った最適なお店を選び出すのは至難の業です。

そこで、脱毛サロン・医療クリニック別におすすめを2つずつ選出しました。最適なお店選びの参考にしてください。

【2020 年最新】Vライン(ビキニライン)脱毛におすすめのサロンランキング!人気サロンの口コミ・評判を比較

ミュゼプラチナム

ミュゼの基本情報

料金(全身脱毛) 月額8,400円から
対象部位 全身21箇所(顔・VIOを含まない)
美肌ケア あり
予約の取りやすさ △ 平日昼に通える人がおすすめ
  • 脱毛業界でトップクラスの規模
  • 多くのモデル・有名人と同じお手入れが出来る
  • 不定期で実施される激安キャンペーンがお得

脱毛効果のあるジェルと光照射の相乗効果で脱毛させるミュゼプラチナムは、お肌への負担がとにかくありません。

以前はワンショットごとにゆっくりと光を照射していましたが、脱毛マシンを新しくし、連続照射ができるようになりました。

その結果、脱毛施術の短縮に成功。Vラインだけなら、10分程度で施術が終わります。

ミュゼの口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

プリート

プリートの基本情報

プリート
料金 1回あたり4,000円
V(ビキニライン)脱毛の範囲 V(ビキニライン)脱毛の範囲骨盤全体から太もも上部
保湿ケア あり
予約の取りやすさ
  • VIO脱毛に特化した専門サロン
  • 希望の形をじっくりカウンセリングしてくれる
  • プラン・キャンペーンが豊富

VIOラインの脱毛専門店のプリートなら、デリケートなVラインをしっかりと任せることができますね。

脱毛施術と同時に行える美白パックも付ければ、脱毛料金は最大34%OFFになります。

脱毛と同時にお得に美白をしたいなら、おすすめのサロンです。

プリートのVIO脱毛の口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

湘南美容外科クリニック

湘南美容クリニック

全国に多くの院を持つ湘南美容外科クリニックは、安定の脱毛技術で数多くの脱毛施術を行ってきた実績があります。

デリケートなVラインを脱毛するには、信頼性のあるお店がいいですね。

高めの料金ですが、SBC会員になることで5~8%の割引が受けられるようです。

フレイアクリニック

フレイアクリニック

医療用レーザーなのに痛みが少ない脱毛マシンを使っている為、痛みを回避しようのなかった医療クリニックでも安心して脱毛施術が受けられます。

学割プランや、他の脱毛サロンに通っている人向けの乗り換えプランが展開されています。お得なプランを上手く利用できれば、さらに料金は安くできそうですね。

Vライン脱毛をする際はリスクも頭に入れておこう

安心安全に思えるVラインの脱毛にも、いくつかのリスクがあります。その中でも、できれば起きてほしくない最大のリスク2つをご紹介します。

こんな事もあるのかもしれない、そう思っておくだけでも、ストレスにはなりにくいですよ。

ムダ毛は再び生えるかも?

現在の脱毛の定義では、最終脱毛施術から1か月後のムダ毛の再生率が20%であれば、永久脱毛とされています。

つまり、数本程度生えたところで脱毛に失敗したとはいえないのです。

実際に脱毛施術を経験した人の中には、ムダ毛が再び生えてきた人もいますが、以前よりも薄く細い毛がちょろっと生える程度が多いようです。

完璧につるつるではなくても、ある程度のムダ毛は再生してくるかもしれないと、覚悟だけはしておいた方がよさそうです。

マシンの出力はお店にお任せする

脱毛マシンの出力は、スタッフさんが当日のお肌の状態と今までの脱毛状況を考慮して、最適な出力にしてくれます。

その時に、脱毛を早く終わらせたいからといってマシンの出力を強くするようにお願いするのはいけません。

脱毛マシンの出力は、強いほど脱毛効果が高まるとは一概にはいえないからです。出力の強さは、お肌への負担の大きさでもあるのです。

出力を強めると、お肌もダメージを大きく受けます。脱毛したとしても、お肌がボロボロになっては意味がありません。