脱毛したら日焼けはNG?その理由は?どれくらいの期間外出禁止?

脱毛したら日焼けはNG?

脱毛するには、施術を受ける為の様々な条件があります。服薬の禁止、予防注射の禁止、生理中の施術禁止など。その中でも特に春から夏にかけて気を付けたいのが、日焼けです。

一年の中でも特に紫外線が強くなる時期は、うっかり日焼けに留まらず、しっかりお肌が日に焼けてしまうことも少なくありません。

日焼けすると、どうして脱毛施術ができないのか知っていますか?単なる日焼けと侮っては大変危険です。脱毛できない理由を知って、お肌の為の日焼け対策を見直しましょう。

脱毛したら日焼けを避けるべき理由

脱毛サロンや医療クリニックで脱毛している人達は、お店から施術前後の日焼けは厳禁であると入念な説明を受けていますが、セルフ脱毛している人にとっては、脱毛したらどうして日焼けしてはいけないのか、あまりピンとこないかもしれませんね。

何となく脱毛前後に日焼けはしない方がいいという認識程度でも、日焼けをしなければ問題はありません。しかし、どうして脱毛したら日焼けできないのかを知らないと、うっかり日焼けしてしまうかもしれませんね。

日焼けをしたお肌がどういう状態になっているのか?まずはそこから知っていきましょう。

日焼けするとお肌はどうなる?

日焼け止めクリーム、日傘、UVカットパーカーなどで日焼けをしないように対策しても、紫外線は上から降り注ぐだけではなく、地面や建物を反射・透過して体に入り込んできます。太陽の光を全く浴びないようにする以外に、100%日焼けをしないという状況は難しいのが現実です。

うっかりでも日焼けしてしまうと、お肌はどうなるのでしょうか?

軽度であれば、赤みが出たり、ほてりが出たりします。ひどくなるとヒリヒリとした痛みがあることも。この状態は軽い火傷と同じです。

火傷をしたお肌で脱毛施術は受けられませんよね。既にお肌トラブルが起きている状態に脱毛施術をすることは、お肌の状態を更に悪化させる手段でしかありません。

脱毛リスクが高まる

日焼けしたお肌は軽い乾燥状態に陥っています。この状態のお肌に脱毛施術を行うと、脱毛リスクが高まり、大変危険です。

乾燥は全てのお肌トラブルの元です。お肌のバリア機能が壊されかけているので、様々な雑菌に対して無防備になります。アフターケアを行うだけでは、お肌は回復できなくなってしまうかもしれません。

また、脱毛マシンはメラニン色素に反応するものが大半です。メラニン色素は日焼けしたお肌の中にも存在しています。お肌の色が黒に近ければ近いほど、施術時に痛みを感じやすいのはこの為です。

日焼けしていると、脱毛マシンは毛根へと照射するはずのレーザーがお肌へと拡散してしまい、照射部位全体に火傷を負わせてしまう可能性があります。

脱毛前に日焼けを避けるべき期間

お肌が日に焼けるという事は、日常的な事ではありますが、脱毛が関わってくると怖いものであることがわかりましたね。

では、脱毛するどれくらい前から日焼けに気を付けておくべきなのでしょうか?

日に焼けたくない人ほど一年中日焼け対策をしていますが、適度に日に焼けて健康的なお肌にしたいと希望する人もいます。

脱毛施術前に日焼けを避けるべき期間、施術直前に確認すべきこととは何でしょうか?

1~2週間は日焼けをしないように

日に焼けたお肌は軽い火傷と同じ状態でした。この状態では脱毛施術はできません。脱毛施術できるお肌に戻す為には、1~2週間はお肌をクールダウンさせる期間を設けましょう。

日焼けしたお肌は、まず赤みとほてりを訴えてきます。このふたつの症状を抑え、お肌が落ち着くまでには平均して1~2週間程度の日数がかかります。

しかし、これは適切に冷却や保湿した場合に限ってのことです。これよりもひどい日焼けや適切な処置をせずに放置した場合には、更に時間がかかるでしょう。

また、お肌が敏感な人ほど、回復までに時間を要します。傷の治りが遅いと実感のある人は、もっと前から日焼けには気を付けた方がいいですね。

炎症を起こしていないか確認を

日焼けしてしまっても脱毛施術前に十分なクールダウン期間をおけば、ほとんどの場合は問題ありません。あとは、施術当日に炎症が起きていないかをしっかり確認しましょう。

日焼けしたお肌をきちんと冷却、保湿できていれば、ほとんどの場合は数日の内にほてりや赤みは治まり、お肌は落ち着きます。

しかし、処置が不十分であった場合には症状が治まらないこともあります。

十分にお肌を冷やし、保湿をしっかりと行っていても、施術当日にはもう一度お肌を確認しましょう。

お肌に炎症や痛みなどが起きていなければ、脱毛施術を受けても問題はないでしょう。

不安な場合は、施術前にお店に相談し、お肌の状態をチェックしてもらってから施術を始めてもらうことをおすすめします。

脱毛後に日焼けを避けるべき期間

脱毛施術前の日焼けが禁止されているのは、施術自体ができなくなってしまうからという理由が明確でした。では、脱毛施術の後に日焼けしても大丈夫だと思いますか?

安全といわれる脱毛施術でも、お肌への負担は無くなりません。施術後のお肌にアフターケアが欠かせないことからわかるように、脱毛施術によってお肌はトラブルを引き起こしやすいデリケートな状態になっています。

そこへ日焼けというのは、やってはいけない行為だということがわかりますね。

それでも日焼けをしたいなら、最低限守らなければならないことだけは厳守しましょう。

脱毛施術から2週間は日焼けを避ける

脱毛施術後のお肌はデリケートです。些細な刺激がお肌トラブルになりかねません。主な理由は施術による乾燥状態です。

アフターケアは、この乾燥状態から回復させる為に保湿ケアを中心に、体温を上げる行為を控えるなどします。

日焼けをしたいなら、施術後2週間ほどは期間を空け、お肌の状態が落ち着いてからがいいでしょう。

お肌を焼く前には、お肌の状態が問題無いことを必ず確認することを忘れないでください。些細なチェックが、あなたのお肌を守ります。

いきなり強い日差しの下での日焼けは避けて!

脱毛後に十分な期間を空けて日焼けに挑もうとした時、すぐに直射日光の下へと走るのは危険です。なぜだかわかりますか?

日焼けをしていないお肌に、いきなり直射日光ではお肌に負担が大きすぎるからです。

真夏の直射日光や、午前10時~午後2時までの日差しの強い時間帯の日焼けは避けるのがベストです。そして、一日で全身を日焼けさせようとは思わず、少しずつお肌を日に慣らしながら焼いていくようにしましょう。

炎症や火傷、シミなどの対策として、弱い日差しから焼いていく方法は大変有効です。サンオイルを使って、コントロールするなどもいいでしょう。

日焼けをしていても大丈夫なサロンはある?

脱毛したら日焼けは厳禁ですが、数ある脱毛サロンの中には「日焼けしたお肌でも施術可能!」と謳っているお店があります。

仕事や部活などで、どうしても日に焼かないという選択肢が選べない人には、嬉しいお店ですよね。

日焼けしたお肌でも脱毛できるというお店はどこなのでしょうか?お店が採用している脱毛方法とともにご紹介していきます。

SHR方式の脱毛マシンを持つストラッシュ

ストラッシュの基本情報

ストラッシュ
料金(全身脱毛) 顔やVIO脱毛を含む61箇所
対象部位 全身53箇所(顔・VIOを含む)
美肌ケア オプション
予約の取りやすさ ×平日でもなかなか取れない
  • 痛みの少ないSHR脱毛
  • 施術にかかる時間が短くてスピーディ
  • 料金体系がわかりやすくて安心

SHR脱毛では、従来のメラニン色素から毛根に向けた脱毛方法とは違い、バルジ領域を破壊することで毛を生えさせなくさせるという脱毛方法をつくりあげました。

バルジ領域とは、毛根よりも少し上に位置する毛包という「発毛の司令塔」とされる部分です。毛が生えてくる根元ではなく、毛を生やせと指令を送る部分にダメージを与える為、メラニン色素は関係ありません。だからこそ、日焼けしたお肌やうぶ毛でも施術可能です。

さらに、ストラッシュでは照射漏れを防ぎ、より脱毛効果を出す為に、ひとつの照射部位に対して2往復させる合計4回の照射を行っています。念入りな脱毛施術を望むなら、ストラッシュは良いサロンですね。

ストラッシュの脱毛の口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

低温処理で痛くない脱毛のディオーネ

ディオーネの基本情報

ディオーネ
料金(全身脱毛) 388,800円(全12回)
対象部位 全身全てのパーツ(顔を含まない)
美肌ケア あり
予約の取りやすさ ○特に平日の日中であれば取りやすい
  • 肌に優しいハイパースキン脱毛
  • 子供連れでも通いやすい!
  • 細かい部位も柔軟に対応してくれる!

「痛くない脱毛」を掲げるディオーネでは、全く新しい脱毛方法を行っています。それは、毛周期の内の休止期に対しての脱毛施術です。

従来の脱毛は毛周期の内、成長期にのみ施術可能とされ、休止期に入っている毛に対しては何もできませんでした。

ディオーネは、ハイパースキン法と呼ばれる脱毛で、休止期の毛穴に対し脱毛効果のある光を照射し、発毛そのものを予防します。

この脱毛方法の特徴は、照射する光が高温である必要がないことです。

照射する光の温度は、体温とほぼ同じ38度。照射されても痛みはほぼ感じられません。

日焼けしたお肌、敏感肌、小さなお子様にでも脱毛施術が可能です。

この脱毛施術には嬉しい追加効果があります。それは、お肌のコラーゲン生成を促進する効果です。施術によるお肌トラブルを軽減するだけでなく、美肌効果まで付いてくるのは嬉しいですね。

ディオーネの脱毛の口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

脱毛機メーカー直営サロンのラココ

ラココの基本情報

ラココ
料金(全身脱毛6回コース) 79000円
対象部位 全身51箇所(顔・VIOを含む)
美肌ケア あり
予約の取りやすさ △ 平日昼に通える人がおすすめ
  • 顧客満足度・口コミ評価ナンバーワン!
  • SHR方式だから敏感肌でも安心
  • 効果の実感が早い!

ストラッシュと同じくSHR方式の脱毛を行っているラココは、脱毛機メーカーの直営サロンです。最新の脱毛マシンを取り揃え、痛くない、早い脱毛施術を受けられます。

SHR脱毛は日焼けしたお肌やうぶ毛でも脱毛施術することが可能な点はストラッシュと同じですが、ラココは脱毛機メーカー直営サロンである為、最新のマシンが使えることが何よりの利点。
連射式のマシンは1回の施術時間も短く、全身が20~40分程度で終了。

そして脱毛完了まで約半年程度という早さで行えてしまえます。

また、他のどこのサロンでも、ホクロばかりは施術から除外されていましたが、ラココではホクロがあっても施術から省かれることはありません。

ホクロからひょろっと生えてしまったムダ毛も一掃します。

ラココの脱毛の口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

「日焼けをしていても大丈夫なサロン」は本当に100%大丈夫?

上記にあげた3つのサロンは、日焼けしたお肌でも問題なく施術が受けられるお店です。しかし、日焼けしたお肌が受け入れられたからといって、絶対に何も起きないという保証は残念ながらありません。

先程の脱毛サロンもドクターサポートに加入し、いざという時に備えています。こうしたら絶対大丈夫、これなら問題は起きないということは、誰にもわからないのが現実です。
どうして絶対ではないのか、その疑問を調査しました。

絶対に100%安心とは言えない現実

脱毛施術は安全の基準を満たしていないと行うことはできません。しかし、安全基準は決して何も問題が起きないという保証ではありません。

様々な状況が重なってしまえば、運悪く事故やトラブルが起きてしまうことはあります。

脱毛マシンは標準的な日本人向けにつくられているものが多く、基準から外れてしまう条件の人に対しては、安全だとは言い切れません。

その為に、契約を結ぶ前にお客様の既往歴や体質などを細かくカウンセリングします。お客様自身にも心当たりがないかを確認してもらい、両者が合意の上での脱毛契約となります。

それでも、体質が変わることや病気になってしまうことは防げません。

日焼けしたお肌でも脱毛可能なお店に行ったとしても、お肌に異常が起きるリスクは決してゼロではないのです。

日焼け直後だけは全てのサロンが施術不可!

100%の安全は無いのと同じく、日焼け直後の脱毛施術も決してありません。それは、お肌が炎症というトラブルを起こしているからです。

日焼けしたお肌は軽度の火傷でしたね。お肌は赤みを帯びて、熱が蓄積しています。この状態での脱毛施術は、どこのお店でも受け付けていません。

熱や炎症を持っているお肌はデリケートという状態ではなく、お肌トラブル進行中です。異常が起きているお肌に対しては、脱毛施術を行ってくれるお店はひとつもありません。

「日焼けしたお肌でも脱毛可能」と謳っているお店は、日焼けで黒くなったお肌でも大丈夫という意味です。日焼けしたばかりでも大丈夫という意味ではないので、気を付けましょう。

脱毛直前・直後に日焼けをしてしまった時の対処法

日焼け止めを塗ったり、日傘を差したり、日差しの下へは出ないように気を付けたりをしていても、防御の網をかいくぐって日焼けしてしまうことはありますよね。

一日の内たった数分なら、日焼け止めを塗らないで外に出ることがあるのではないでしょうか。そんな数分でも、何日分も積み重なれば十分に日焼けしてしまいます。脱毛したら日焼けは厳禁ではありますが、うっかり日焼けを完全に防ぐのは難しいものです。

こんな風にうっかり日焼けしてしまった場合には、どのように対処したらいいのでしょうか?脱毛施術前と後で異なる日焼けしてしまった時の対処法とは?

施術直前に日焼けしていまったら?

脱毛施術の前には、日焼けをしないように気を付けているはずです。となると、焼けてしまったお肌は軽度ではないでしょうか?

そんな場合は、すぐに適切な処置を施し、日焼けしたお肌をクールダウンさせましょう。

まずは、保冷剤や氷を日焼けした部分に当て、熱を取り除きます。だいたいの熱がとれたら、保湿ジェルやローションでしっかりと保湿ケアを行います。

この時、冷感効果のあるものだと、保湿しながらお肌が冷やせるので、おすすめです。

皮膚が剥がれるほどの日焼けになってしまっても落ち着いて上記の処置を行います。そして、肝心なのは剥がれかけの皮膚を決して剥ぎ取ってはいけません。

皮膚が自然に剥がれ落ちるのを待たないと、後でシミになってしまったり、炎症を起こしてしまったりすることがあります。

施術前日までにお肌が落ち着けば、脱毛しても問題はないでしょう。けれど、お肌がまだ熱を持っていたり、赤みがあったら、脱毛施術は延期しましょう。

自分は大丈夫と思っていても、お肌は大丈夫ではありません。その状態でお店に行っても、お店側から施術不可を言い渡されることになるだけですよ。

施術直後の日焼けはこう対処する

脱毛施術直後は、お肌に日焼け止めを塗ってはいけないというお店もあり、日焼け防止はなかなか難しいものがあります。

そんな中、施術直後に日焼けしてしまったら、まず取り掛かるべきはお肌をしっかり冷やすことです。

脱毛施術で既に乾燥しやすい状態のお肌が、日焼けしたことで更に乾燥が進んでいます。保湿ケアをしたくなりますが、その前にお肌に篭ってしまった熱を取り去ってしまいましょう。

お肌に篭った熱を取り去らないことには、保湿ケアをしても浸透しにくく、保湿したことでかえって悪化させてしまうこともあります。

まずはじっくり熱を取り去って、それから保湿ケアで乾燥したお肌に水分を与えます。

保湿ケアにも注意が必要です。油分はお肌に蓋をする為、日焼け後のお肌とは相性が良くありません。ジェルやローションなどで水分をたっぷり補ってから、柔らかめのテクスチャーの保湿クリームなどを使い、お肌を擦らないように浸透させましょう。

パッティングやマッサージは厳禁です。

擦る、圧迫するなどの刺激は控え、軽いハンドプレスだけでケアをするように心掛けてください。