脱毛サロン(エステ)と医療脱毛クリニックを徹底比較!効果・料金・口コミを比べて分かったこと

薄着のシーズンはムダ毛の処理が欠かせません。そうかといって、セルフ脱毛は時間がかかりますし、手の届かない場所は処理できないというデメリットがあります。

そんな時に頼りになりそうなのが脱毛サロンや医療脱毛クリニックです。

しかし、どちらを利用すればいいのか迷ってしまいます。適切な判断基準はないのでしょうか。

ここでは、効果や料金の違いを紹介し、実際に利用した人たちの口コミも参考にしながら解説していきます。

目次

脱毛サロン(エステ)と医療脱毛クリニックの業務形態を比較

脱毛サロンと医療脱毛クリニックは、どちらもムダ毛処理を目的とした施術を行います。

セルフ脱毛とは違い、スタッフや医師等が処理してくれるため効率的です。しかし、ひと口に脱毛と言っても様々な違いがあります。

施術時に要る法的な資格、脱毛を完了するまでの回数、その期間や料金、全身脱毛1回ごとの施術時間、施術の際に感じる痛み等が該当します。

中でも両者の特徴と差が顕著に出ている項目を説明しながら、比較検討していきます。

脱毛サロンはあくまでエステ!施術で出来ることは限られる

ムダ毛の処理とは、毛母細胞や発毛の司令塔である「バルジ領域」にダメージを与えて脱毛することを指します。

しかし、それらを破壊する行為は医療機関にしか認められておらず、脱毛サロンが同様の施術を行うことは違法です。

そのため、脱毛サロンで使用されるマシンの光は弱く、効果も限定的であり、脱毛に関連したフェイシャル等も併せて売り出しているのです。

脱毛サロンを利用するのであれば、トータルビューティを提供するエステの域を出ないことも知っておかなければなりません。

脱毛サロンって本当に効果ある?効果が出る回数の目安・注意点

脱毛クリニックはれっきとした医療機関

脱毛クリニックで使用されるのは医療用のレーザー脱毛マシンで、医師や看護師といった資格を持った人のみが施術可能です。

ムダ毛の発毛機能を失わせようと、脱毛サロンよりも高い出力で照射します。

この技術は、2001年11月8日に出された「各都道府県衛生主管部(局)長あて厚生労働省医政局医事課長通知(医政医発第105号)」で医療行為であると規定されました。

医療脱毛は、法的に医療機関として認められている脱毛クリニックだけで受けることができるのです。

脱毛サロン(エステ)は毛根を減らす・医療脱毛クリニックは毛根を壊す

発毛を担っている細胞を毛母細胞と言います。これは毛根に存在しますが、毛母細胞を変性・破壊できるかどうかで脱毛の効果が決定的に違います。

脱毛サロンで認められているのは、毛母細胞にある程度のダメージを与え、毛根を減らす処置だけです。

使用されるマシンから照射される光は弱く、脱毛というより抑毛をもたらす施術となります。

対して医療脱毛クリニックでは、毛根を破壊できるほどの高い出力で処置します。そのため完全脱毛を目指せるのです。

脱毛サロンは毛根に光(フラッシュ)を当てていく

脱毛方法には様々あり、針を刺して電流を流したり、レーザーや光を照射したりする方法がよく知られています。

広義ではクリームによる除毛やサーミコン(熱線)式の焼き切る方法を含む場合があります。脱毛サロンで多用されているのが光を当てるフラッシュ式の施術です。

毛根のメラニン色素に働きかける方法がメインですが、最近ではバルジ領域を刺激するタイプも積極的に行われており、その形式なら毛周期に関係なく脱毛できます。

脱毛クリニックはレーザーで毛根を破壊する

厳密に言えば脱毛は医療行為であり、脱毛の専門家として施術を行えるのは医師や看護師だけです。

脱毛クリニックは皮膚科医が中心となって処置する医療機関で、使用するのはレーザー脱毛マシンです。

中には、表皮を保護できる冷却装置が付いたアレキサンドライトレーザーといった最新機器を導入するクリニックも増えてきました。

処理当日の皮膚コンディションをチェックし、威力抜群のレーザーを微調整しながら、毛根を確実に破壊していきます。

医療脱毛は半永久に毛が生えない!脱毛サロンに比べて効果は数段上

脱毛サロンで使用されるフラッシュ式脱毛法は、対応できるムダ毛の種類や効果によってIPL・SSC・SHRの3種類に大別できます。

IPLはVIOラインや太い毛に、SSCは産毛や敏感肌対策に、SHRは色黒の地肌や日焼けした肌対策に優れています。

しかし、いずれの場合も脱毛効果が小さく、短期間でまた生えてきます。

一方、医療脱毛はしっかりと毛母細胞を変性・破壊し、発毛機能を抑えるため効果は比べものになりません。半永久的にムダ毛を処理することができます。

永久脱毛を受けられるのは脱毛クリニックだけ

脱毛サロンでは光を照射することによるフラッシュ式脱毛法で対応していますが、脱毛と呼べるほどの効果は望めません。

これは光の出力が弱いからで、一時的に毛を減らすことにフォーカスしています。脱毛サロンはあくまでもエステの一種であり、医療行為のカテゴリーに入る完全脱毛の施術が法的に認められていないのです。

そのため、除毛や抑毛、減毛と呼ばれることもあります。永久脱毛を望めるほど威力を持っているのは、光ではなくレーザーによる脱毛方法です。

レーザーを用いて施術できるのは、医療機関である脱毛クリニックだけです。

クリニックでは資格を持った医師や看護師がカウンセリングし、利用者ひとりひとりの肌状態に合わせて処置しています。

永久脱毛=一生毛が生えない訳ではないので注意

永久脱毛と聞くと、「処理し終われば、完全に脱毛された状態が生涯続く」というイメージを持ってしまいます。

ここで問題になるのが永久脱毛という定義です。日本では明確な定義がないため、アメリカのものが引用されてきました。

脱毛完了からひと月後の再生率が20%以下(アメリカ電気脱毛協会)、あるいは、脱毛を3回行った半年後に3分の2以上のムダ毛が減っている(食品医薬品局)といった内容です。

つまり、永久脱毛とは一生毛が生えないことを指す訳ではないので注意が要ります。

医療脱毛はとにかく痛い!敏感肌の方は脱毛サロンがおすすめ

脱毛サロンで多用されるフラッシュ式脱毛マシンは、光の出力が弱いことに加え、広範囲に当てるという特徴があります。

それに比べ、脱毛クリニックで使用されるレーザー脱毛マシンはピンポイントを狙って照射されます。

しかも毛母細胞を変性・破壊させるほど出力を上げるため、強い痛みを伴うのです。デリケートゾーンは特に痛みを感じやすいですし、皮膚が薄い部位も同様です。

敏感肌の人であれば、脱毛サロンで採用されているSSC脱毛がおすすめです。施術に用いられるジェルには保湿を促す効果もあります。

クリニックは痛み止めなどを準備しているが…

脱毛クリニックで使用されるレーザー照射は出力が高いため、肌への刺激が強くなります。

部位によって痛みを感じやすくなるため、クリニックでは、利用者とのコミュニケーション力を高めつつ、照射技術を磨いています。

それでも痛みが気になるという利用者のために、麻酔クリームの塗布や笑気麻酔の吸入を提案しているクリニックがあります。

しかし、クリームの場合はリドカインという成分にアレルギーを起こす人がいますし、笑気ガスを用いると頭痛や吐き気を生じる人もいるため注意が必要です。

脱毛サロンも輪ゴムで弾かれるような痛みを感じる

脱毛クリニックで施術を受けた利用者の多くが、レーザー照射の影響により、強い痛みを感じると訴えます。

毛根の発毛機能を壊すほどの威力があるためです。それに対して、痛みをほとんど感じないと謳っているのが脱毛サロンです。光の照射力が弱く、比較的広範囲に当てるためです。

実際にバルジ領域を刺激するSHR脱毛なら、ほんのりと熱を感じるだけです。

しかし、IPL脱毛とSSC脱毛は毛根のメラニンを狙い撃ちするため、剛毛やVIOラインを処理する際はゴムで弾かれたような痛みを感じることがあります。

クリニックのほうが通う期間は短い!脱毛サロンは完了まで2倍以上の時間がかかる

脱毛クリニックと脱毛サロンでは使用される脱毛マシンが違います。

クリニックでは出力の高いレーザー照射を行って施術するため、アメリカで提唱されてきた「永久脱毛の定義」に合致した処置が実現します。

痛みを感じやすい施術ではありますが、脱毛効果が高いため、脱毛完了までの期間が短いという特徴もあるのです。

脱毛サロンでの処理は、弱い光を用いるため、強烈な痛みを感じることは少なくなります。しかし、その分だけ効果が抑えられてしまい、結果的に通わなければならない日数も増えてしまいます。

クリニックに通う倍以上の時間がかかるケースが多くなります。

クリニックの全身脱毛は5~8回で完了できることも

脱毛クリニックでは、法的に医療脱毛が認められています。

そのため、レーザー照射による永久脱毛を謳った施術を施すことができるのです。

時には麻酔クリームや笑気麻酔を求められるほどの痛みを伴うケースもありますが、脱毛完了までの日数が短く、脱毛回数も5~8回と少なくて済みます。

永久脱毛は、生涯生えてこないという意味ではありませんが、一度脱毛を完了すると長期間ツルスベの肌が持続します。

脱毛再開までの日数が長いこともメリットのひとつです。

サロンの全身脱毛は最大18回通わないと完璧な効果は期待できない

脱毛サロンの中には、部分・全身脱毛をセレクトできるサロンや全身脱毛に特化したサロンもあります。

全身脱毛をするのであれば、顔とVIOラインの扱いをチェックしなければなりません。

サロンによって、全身脱毛にそれらの部位を含めていないメニューもあるからです。

また、脱毛クリニックのレーザー施術とは違い、脱毛効果が小さいことも注意が必要です。

使用される光が弱いため、脱毛を完了させるには長い時間がかかります。最大で18回も通わないと満足できるレベルの効果は望めません。

脱毛サロン(エステ)と医療脱毛クリニックの口コミを比較!

脱毛サロンのほとんどが「痛くない」「潤い効果」「激安」等のキャッチコピーを掲げています。

宣伝通り、ムダ毛処理に悩む人たちの駆け込み寺として機能しているのでしょうか。また、医療脱毛クリニックには「脱毛効果が高いものの痛みを伴う」「接客が悪い」「高額」といった先入観が根強く残っています。

実際の施術や雰囲気はどうなのでしょうか。サロンとクリニックを選ぶ際の参考にするため、利用者たちの口コミを比較してみます。

脱毛サロンの口コミ

本当に痛くありませんでした

23歳 OL

職場の先輩が脱毛サロンを利用していると聞き、キャンペーン中だというので試してみました。

初心者だったので不安でしたが、ジェルがヌルッとして気持ち悪かっただけで、ほとんど痛みを感じませんでした。あのレベルなら通えると思います。

納得できませんでした

30歳 専業主婦

独身時代は実家の近くにある脱毛サロンに通っていましたが、結婚を機に別のサロンを探すことにしました。

新居周辺に系列店がなかったからです。最寄り駅の傍に安さを売りにしたサロンがあったので行ってみました。

しかし、カウンセリングを受けてみると、脱毛を完了するまで3年以上もかかると言われました。しかも、安いのは初回の料金だけで、お得感がなかったので契約せずに帰りました。

医療脱毛の口コミ

麻酔のおかげでツルスベ肌になりました

25歳 OL

夏が近づくにつれ、いつも脱毛サロンに通いたいと思っていました。医療脱毛クリニックのことも頭にありましたが、足を運びたいとは思いませんでした。友達から我慢できないほど痛いと聞いていたからです。

しかし、改めてサイトを覗いてみると麻酔を利用できると書いてあったので、思い切って試してみました。

わたしには笑気麻酔が合っていたようで、痛みに煩わされることなくツルスベ肌を手にできました。

いかにも医療機関という感じがしました

28歳 OL

大学時代から激安系の脱毛サロンを利用してきました。クリニックは高いという印象があったので毛嫌いしていたのです。

しかし、新聞の折り込み広告にあったクリニックは脱毛完了までの料金がサロンとほぼ同じでした。

まずはカウンセリング、と行ってみたところ、受付の雰囲気が事務的で冷たい感じを受けました。

2019現在は医療脱毛もリーズナブルに!人気はサロンからクリニックへ?

クリニックは認可された医療機関であり、有資格者である医師や看護師が施術します。

そのため、一般的に費用は高額で、気軽に通うことができませんでした。

セルフ脱毛から切り替える利用者たちの多くが、リーズナブルなサロンへと流れていった経緯があるのです。

しかし、近年、その構図に変化が訪れています。2019年現在では、クリニックの料金がかなり下がってきており、人気を集めていたサロンに迫る勢いです。

クリニックによっては脱毛サロンとほぼ変わらぬ料金

脱毛で人気が高いのはワキやVIOラインです。ワキの脱毛では、クリニックが全5回で最大20,000円程度であり、サロンが全12回で最大35,000円程度です。

また、VIOラインでは、クリニックが全5回で最大10万円程度、サロンが全12回で最大12万円程度かかります。

また、全身脱毛に関してはクリニックが全5回で最大45万円程度、サロンが全12回で最大35万円程度というのが相場です。

脱毛完了までかかる回数に違いはありますが、クリニックによっては、トータルで必要になる費用にそれほど差がなくなっているのです。

【2020年最新】全身脱毛におすすめの脱毛サロン人気ランキング10選

脱毛サロンのずさんな対応も一因?

脱毛は医療行為に含まれます。そのため、法的に認可を受けた脱毛クリニックだけが「永久脱毛」を目的とした施術を行うことができます。

しかし、脱毛サロンの中にも「もう生えてこない」「完全脱毛」といったフレーズを使って宣伝している店があります。

また、そこまで強調していなくても高い効果を謳った店がほとんどです。ただ、期待して通ってみると満足できないレベルだったり、すぐに毛が生えてきてしまったりというケースが少なくありません。

そうしたずさんな対応が影響し、クリニックへの支持が高まってきました。

料金が安くておすすめな医療脱毛クリニック3選

脱毛サロンは、お得感をアピールするため、初回の値段を数百円程度に抑えたプラン等を駆使して集客を続けています。

しかし、フラッシュ式を採用しているため、照射回数が増え、脱毛完了までかかるコストは高くついてしまいます。

その点、医療脱毛クリニックは永久脱毛を目指せるレーザー照射で施術するため、脱毛完了までにかかる期間が短くなります。

現在では脱毛サロンとコスト差はなくなっているのです。ここでは、良心的なプライスで施術してもらえるクリニックを3つに絞って紹介します。

①アリシアクリニック

アリシアクリニック

料金(全身脱毛) 月額3,400円(税別)
営業時間 10:00~19:00(土日祝を除く)
店舗数 19

アリシアクリニックでは、毛母細胞がある毛根と発毛の司令塔「バルジ領域」にアプローチする蓄熱式脱毛を採用してきました。

痛みが軽減されるだけでなく、打ち漏らしを防ぐことができます。しかも、全身1回の施術が30分、脱毛完了までが最短で4ヶ月で、医療脱毛としては業界最速を誇ります。

また「予約シミュレーション」によって利用者の最適な脱毛スケジュールを提案していますし、予定よりも早く脱毛が完了した場合は余った回数分を返金する制度を導入しています。

ストレスフリーで通えることはもちろん、クリニック脱毛初心者の人でも安心して施術を受けられます。

②レジーナクリニック

レジーナクリニック

料金(全身脱毛) 月額6,300円(税別)(顔、VIOを除く)
営業時間
  • 月~金曜日 12:00~21:00
  • 土日祝日 11:00~20:00
店舗数 16

レジーナクリニックは、医療脱毛のエキスパートとして、出力の高いマシンを扱える技術の向上にこだわってきました。

しかも、何より重要視してきたのは、利用者の肌コンディションを見極める目です。

地肌の状態が整っていなければ、どんなに高額なマシンを使用しても、レーザー照射の効果を最大限に引き出すことができないからです。

また、スタッフと院長によるダブルカウンセリングに取り組んでおり、安全と安心を保障できるクリニックとして高い支持を得ています。

実際の施術に関しても、細かいニーズに応えるためのメニュー作りには定評があります。

特に全身脱毛に関しては、顔やVIOラインをどこまで含めるかという点から、ライト・ゴールド・プラチナに分けて提供しています。

③湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

料金(全身脱毛) 月額5,300円~(パーフェクト全身コース)(税込)
営業時間 10:00~19:00(新宿本院等)
店舗数 10(美容系のみ)

湘南美容クリニックでは、医療機関ならではの高い出力によるムダ毛処理を追求し、3種類の最新マシンを導入しています。

そのため、毛質や毛量、部位や形状等に合わせた施術が可能です。万が一、打ち漏らしがあったときには再照射できる保証付きですし、契約期限を設けていないため、都合が悪くて期間内に契約回数分を通えない場合でも安心です。

また、クリニック脱毛の初心者やサロンから乗り換えようと考えている人に便利な「0円」メニューがあります。

医師によるカウンセリング、テスト照射、照射後に行われる薬の塗布、再診について無料で受けられるという内容です。

支払いに関しても、分割は最大で84回が用意されていますし、ビットコイン、デビットカードを利用可能です。

サロンもクリニックも一長一短!目的に合わせて使い分けよう

永久脱毛を謳って施術できるのは、医療機関であるクリニックだけです。

使用されるレーザーは威力があり、効果抜群です。通院日数が少なくて済み、結果的にコストを抑えられます。

ただし、強い痛みを感じることが多く、敏感肌なら弱い光で施術するサロンが適しています。

しかし、効果が小さいため、回数は増えてしまいます。

両者とも一長一短あり、ムダ毛や肌の状態、費用や通いやすさ等を参考にして選ぶのがコツです。