高校生でも脱毛サロンに通える?安くて安全なおすすめサロン3選

高校生も脱毛サロンに通える

美意識の高まりは年を追うごとに若い世代へと広がっています。綺麗でいることは、女の子にとって自信になり、性格まで変わってしまうほどの影響力があります。

けれど、親としては安心して高校生が通えるサロンなのか、詐欺のような高額商品を売りつけられたりしないかと、いくつも不安が思い浮かぶものですよね。

脱毛する本人だって、ちゃんと効果が得られるのか、強引な勧誘をされたりしないかと不安が付きません。

そこで今回は、高校生の娘を安心して通わせられる脱毛サロンを厳選して紹介していきます。

目次

高校生の娘に通わせたい!おすすめ脱毛サロンTOP3

高校生になると、美容に気を遣わない人はほとんどいなくなりますよね。

体も心も成長し、少しでも綺麗になりたいと願う未成熟の高校生の娘さんには、サロンの不祥事や詐欺などには遭ってほしくありません。

安全で、良心的な値段、そして高校生が一人でも通える脱毛サロンがあればと思う親は多いはず。

安心と安全を確認する為には、まずは情報収集です。

ここでは安い・清潔・安心・安全を謳う脱毛サロンTOP3をご紹介します。

良心的な値段の上に、高校生が一人で通っても追加契約を迫るようなことはないサロンばかりです。

親も納得の、安心して通える脱毛サロンを、あなたの目で確認してみてください。

【1位】キレイモはとにかく安い!全身脱毛なら最短6回でOK

キレイモ

料金(全身脱毛) 月額9,500円(税抜)から
対象部位 全身33箇所(顔・VIOを含む)
美肌ケア あり
予約の取りやすさ

第1位はキレイモ。学割プランもあって、一般的な価格帯よりもお得に設定されています。

学生時に契約すれば、卒業後でもそのまま契約継続可能。つまり、高校3年生の3学期に契約しても、卒業してからも割増料金無しで学割契約のままでサロンに通えます。

学生の内なら、パックプランの回数変更も学割対応できるというメリットも魅力的です。

全身脱毛専門のキレイモは、一番少ない回数パックプランで6回。学割を使うと、通常よりも8,316円もお得です。

毛量が少ない人ならば、このパックプランで脱毛完了できてしまう人もいます。

キレイモの口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

同意書があれば親同伴でなくても契約ができる

キレイモのメリットは学割だけではありません。

通常、契約時には未成年ということもあって、保護者である親が同伴する、もしくはサロンからの電話確認などを必要とします。

しかし、キレイモは同意書さえ正しく記入されていれば、親が同伴していなくても契約可能。

ただし、未成年の場合はお支払方法が現金か親名義のクレジットカード払いに限定されます。

カード払いになると、契約同意書の他、カード名義同意書が必要です。

同意書があるだけで契約はできますが、その同意書をプリントアウトできない!というご家庭もありますよね。

プリンターが無いご家庭を想定して、キレイモでは、同意書の形式を掲載しています。

形式とおりの必要な文言、捺印があれば便箋などの用紙に手書きで同意書を作成しても受け付けてくれる対応力が魅力です。

【2位】ストラッシュは痛みが少ない!日焼け肌でも通える

ストラッシュ

料金(全身脱毛) 月額7,980円から
対象部位 顔やVIO脱毛を含む61箇所
美肌ケア オプション
予約の取りやすさ ×平日でもなかなか取れない

第2位は日焼けしたお肌もOKのストラッシュ。

学生さんは部活動などで日焼けをしている人も多いですよね。

日焼けしたお肌に対する施術はお断りするサロンもある中、ストラッシュは日焼け・ほくろ・シミにも対応可能です。

そして、ストラッシュの脱毛方法であるSHR脱毛は、従来の黒い毛に対して働きかける光脱毛とは異なり、毛を生み出す司令塔に働きかけます。

その為、光脱毛よりも痛みが少ないと言われています。痛みに弱い、敏感な人でも安心です。

全身脱毛の回数パックプランでは、一番安いプランで95,760円という10万円以内での金額が設定されています。

一度の施術で全身をお手入れしてくれ、お値段もお手頃というメリットは学生さんのみならず、全女性にとってありがたいですね。

回数制限があると不安という人には、月額制でゆっくり通う月額プランも用意されています。

月々の料金は携帯代金程度。「そろそろ脱毛完了かな?」という時期を自分で見定め、いつでも辞めることができるプランです。

ストラッシュの脱毛の口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

【3位】ミュゼはキャンペーン料金が激安!初めての方におすすめ

ミュゼ

料金(全身脱毛) 月額8,400円から
対象部位 全身21箇所(顔・VIOを含まない)
美肌ケア あり
予約の取りやすさ △ 平日昼に通える人がおすすめ

第3位は圧倒的な激安キャンペーンを押し出すミュゼ。「勧誘一切しません」と大きく宣言している脱毛サロンです。

丁寧な説明とカウンセリング、いつでも疑問に答えてくれる親切なサロンスタッフさんからは、勧誘に該当する発言は一切ありません。

押しに弱い学生さんでも、安心して通うことができますね。

専用のジェルと光脱毛の相乗効果で、ワキ脱毛だけなら10分とかからない短時間で施術が完了します。

お肌へのダメージはほとんどなく、骨に近い部分などを除き、痛みを感じる人もほぼいません。

キャンペーン時に契約することで、1,000円以下の破格のお値段で契約することもできるミュゼは、お金を無駄にしたくない人、脱毛サロンが初めてという人にもおすすめです。

ミュゼの口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

高校生も脱毛サロンに通えます!

未成年で、しかも高校生。そんな自分が脱毛サロンに通えるのか?

親の同意、お金の問題、自分のお肌に対して・毛に対しての効果やデメリットはあるのか?たくさんの疑問が浮かびますよね。

少し前まで脱毛サロンは高額で、安全面からも成長期の子供たちへの施術は敬遠されてきました。
しかし、今では、脱毛方法が変わり、成長期の子供たちにでも安心して施術が行えるように変化しています。

脱毛サロンも、親の同意書と支払いに問題がなければ、契約を拒否するところはほとんどありません。

通いたいサロンを自由に選び、自分の体に合ったタイミングで通うことが可能です。

契約には親権者同意書の準備が必要

高校生でも契約自体はできるものの、やはり未成年で学生の身分であることに変わりはありません。

保護者となる親の同意書や支払い方は、社会人よりも制限を受けます。

けれど、たったそれだけ用意すれば、念願の脱毛施術を受けられるとなれば、簡単なことではないでしょうか?

同意書の形式はサロンによって微妙に異なります。

サロンが提示している同意書のみを有効とする場合もあれば、必要文言がきちんと記入されていれば、手書きの同意書でも受け取ってくれるサロンも。

通いたいサロンがどのような形式で用意しているか、まずは確認してみましょう。

剛毛に悩む娘…脱毛サロンに通わせてあげた方が良い?

毛量や色の濃淡は親からの遺伝です。

剛毛な家系では、幼い頃から毛が多く、太く、目立ってしまうということに悩まされている子供たちがいます。

特に女の子だった場合には、毎日の毛の処理は憂鬱になり、処理し忘れた部分を露出することにとても恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。

夏でも半袖を着たくないと言い出したなら、もしかしたら脱毛をしたいと願っているかもしれません。

けれど、思春期を迎えた彼女たちはとてもデリケートです。実の親にですら、上手に相談することができないこともあります。

悩みが大きければ大きいほど、彼女たちの口は重く閉ざされてしまいやすいものです。

まずは本人から話しを聞き、どうしたいのか親子で考えてみませんか?

同級生にからかわれて傷ついている学生は多い

授業の際に、どうしても腕や脚を露出しなければならない場面はあります。

そんな時、同級生にからかわれたり、笑われたりすることで、心に深い傷を負ってしまう人もいます。

本人が笑い話にして深く考えないようにしていても、その心では傷が残ったままということも。

「学生だからまだ早い」と親世代からよく聞きますが、今の時代は本当にそうと言えるでしょうか?

心に傷を負って、楽しいはずの学生時代を暗い思い出にするくらいなら、脱毛をして綺麗になって、自信を身に付けた方が良いとは思いませんか?

脱毛をきっかけに明るい性格になった例も多い

10代という周囲に対して敏感な年頃の彼女たちは、自分のマイナス面をとても気にしています。

それゆえに人に対して卑屈になってしまったり、人を避けるようになってしまったりすることも少なくはありません。

ただし、その逆もよくあります。

剛毛を気にして夏でも長袖を着用していた娘さんが、脱毛することで良い変化を得たというお話です。

お肌が綺麗になったことで見た目に気を使い、ファッションやメイクに興味を持つようになり、人と接することに臆病にならなくなって、前向きな性格へと変わっていった、という例もあります。

人は見た目が全てではありませんが、見た目から自信を得るということは十分にあることです。

自己処理でついた傷が一生残ることも

ほとんどの学生さんたちは、自己処理で日々を過ごしています。

しかし、自己処理はお肌への負担が大きく、処理しにくい部分では誤って深い傷を残してしまう可能性が非常に高いです。

アフターケアを怠れば、お肌は乾燥し、細菌感染のリスクや色素沈着の可能性も高まってしまいます。

脱毛に関するトラブルは、学校では教えてくれません。そして周囲の大人たちから聞くこともほとんどない情報です。

それでも、なぜ彼女たちは自己処理を繰り返すのか。それは、若い世代の美意識の高まりと、正しい情報を得る場所がないからです。

彼女たちの閉じた情報網の中では、口コミがとても有用とされています。

口コミの中には「これを塗るだけ!」や「たったワンステップで簡単に!」などという売り文句が、彼女たちにとってとても魅力的だからこそです。

それゆえに安易に手を出し、体に一生消えない傷を負うということになってしまいます。

高校生が脱毛サロンに通っても効果はあるの?

成長期の子供たちへの脱毛施術は、本当に効果があるのでしょうか?

まだまだこれから成長していく体は、例え脱毛をしても後から後から生えてくるのではないか?という疑問がありますね。

それは大人になっても変わりありません。個人の体質によっては、脱毛完了後も多少なりとも生えてきてしまう人もいます。

しかし、元のように生えることはほとんどなく、うぶ毛程度がたまに生えるくらいです。

けれど、その結果は迎えてみないと誰にもわかりません。

自分の体質を考え、まずは脱毛サロンのカウンセリングに行ってみることをおすすめします。

疑問点や自分の体に合うかどうかを、サロンスタッフさんが親切に教えてくれますよ。

肌の保湿性が高い高校生は大人より効果が出やすい

どこの脱毛サロンでも、お手入れの前提条件があります。

薬の服用をしていないこと、炎症などのお肌トラブルが起きていないことなど。

お肌が潤っている状態を正常として施術を行う為、10代のもっちりとした保湿性の高いお肌には、脱毛効果はお肌の曲がり角を迎えた大人の女性よりも高いと言われています。

また、毛周期のサイクルが早い為、大人よりも早く脱毛完了するというメリットも。

脱毛は若いうちに!という意見が最近多いのは、このようなムダ毛に対する知識が深まってきた背景があります。

体質によっては高校生でも効果が出ないことがある

体質によっては、脱毛効果が得られない・お肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が高いとしてサロン側からお断りされてしまうケースがあります。

それは、アレルギー体質やケロイド体質などに該当する場合です。

どんなに若く、再生する力の高い成長期の高校生であっても、これらの体質を持っていると脱毛施術をお断り、もしくは効果が得られないなどの可能性が高まります。

程度の差がどこまで大丈夫なのか、サロンごとに異なりますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

脱毛サロンって本当に効果ある?効果が出る回数の目安・注意点

乾燥肌だと脱毛効果が出にくい

体質以外でも、脱毛効果が出にくい状態があります。それはお肌が乾燥している状態の時です。

多くのサロンでは、お肌が正常な状態を前提として施術を行う為、お肌が乾燥していると断られる可能性が高くなります。それはなぜか?

光脱毛では、光を当てるとともにお肌が熱を受けます。冷ます為の冷却ジェルやローションでアフターケアをしますが、それでもお肌に乾燥を呼び込んでしまうのは必至です。

そこで、サロン側で光の出力を下げるなどの措置が取られることがあります。

脱毛効果が「出にくい」というよりも「効果を低くするしかない」といった方が正しいかもしれません。

また、乾燥したお肌は脱毛効果が得にくいだけではなく、施術後にお肌トラブルを引き起こしかねません。

一度お肌トラブルになってしまうと、治るまでの数週間~数か月は施術を受けられなくなるので注意が必要です。

運動部で日焼けしているとレーザーでダメージを受けることも

レーザー脱毛は威力の強い脱毛方法です。医療脱毛では主流のやり方で、痛みがある分、回数や期間が短く済むというメリットがあります。

しかし、そのレーザー脱毛は日焼けしているお肌との相性がとても悪いものです。

黒い色素であるメラニンに反応するレーザーを照射するレーザー脱毛を日焼けしたお肌に対して行うと、本来は黒い毛に対して向かうレーザーが日焼けしたお肌へと向かってしまい、やけど・シミ・そばかすなどの症状を引き起こしてしまう可能性があります。

それだけではなく、そのまま色素沈着してしまう危険もゼロではありません。

レーザーの熱でお肌の乾燥が加速することもあり、レーザー脱毛と日焼けしたお肌は最悪の相性といっても過言ではありません。

何より日焼けしたお肌にレーザーが当たると、とても痛いです。

生理が順調でない人は脱毛後も毛が生えることがある

脱毛サロンの多くが「生理が順調にきている方」と、施術を行える人を限定しています。

それは、ホルモンバランスの変化によって、体そのものが変化しているからです。

生理不順の人の場合、色々な体のサイクルが乱れやすくなっています。気が付いていないだけで、既に乱れたサイクルの中にいる人も。

脱毛で一番気になるのは毛周期です。このサイクルが乱れると、脱毛施術を行っても効果が得にくくなります。

施術は毛周期の内の成長期に対して行います。

毛周期のサイクルが乱れてしまっていると、せっかく施術を行っても、サイクルから外れていた毛が生えてくる状態を目の当たりにすることになってしまうでしょう。

脱毛サロンの料金はどれくらい?高校生でも支払える金額?

一般的な価格帯は、ワキなどの部位単体の回数パックプランで数万円~。全身脱毛ならば数十万円です。

さすがにこのお値段になってくると、高校生では手が出しにくくなりますよね。

たとえ可愛い娘の願いでも、家計を圧迫してしまうのは必至です。少しでもお得にならないか、頭を悩ませる金銭問題ですね。

けれど、キャンペーン期間や学割などを利用することで、大幅に安く抑えることができる場合もあります。

ここからは、全身脱毛の回数パックの平均額、回数パックや月額制のメリットなどをご紹介します。少しでもお金を無駄にすることなく、綺麗を掴んでいきましょう。

全身脱毛6回の料金は総額で10~20万円ほど

全身脱毛が今は主流ですね。顔から脚先までつるつるの綺麗なお肌をまとめて手に入れたいのは、全女性の願いです。

そんな全身脱毛のお値段は、6回の回数パックで約10~20万円。
毛量が少ない人ならば、十分に満足いく脱毛効果を期待できる回数です。

おすすめTOP3の脱毛サロンそれぞれの価格を見てみましょう。

キレイモ 123,120円(税込)
ストラッシュ 103,420円(税込)
ミュゼ 157,500円(税込)~ ※条件付き

TOP3ともほぼ同額のお値段でした。

ただし、サロンごとに契約条件や各パーツについてのお手入れ可能範囲は異なるので、脱毛したい範囲が自分に合っているか、事前の確認をおすすめします。

月額払いにすると月1万円前後でサロンに通える

毛量が多く、回数が増えてしまうことを想定している人には安定の月額制がおすすめです。月々に一定の額を支払うことで、安心して通うことができます。

ほとんどのサロンが1万円前後の価格で競っています。

回数に縛られずに安心して通いたい人には、決まった金額での通いがいいですね。

おすすめTOP3の脱毛サロンそれぞれの価格を見てみましょう。

キレイモ 10,260円(税込)
ストラッシュ 8,618円(税込)
ミュゼ 月額制に未対応

残念ながらミュゼには月額制のプランは導入されていません。しかし、2019年5月末日までのキャンペーンでは、年間パスで390円(税抜)という激安プランを展開していました。

上半身・デリケートゾーン・下半身の内から2つ、好みの部位を選んで、1年間の通い放題です。

このキャンペーンが終了しても、激安キャンペーンを行うミュゼならば、すぐに次のお得なキャンペーンを展開してくれるでしょう。

料金の半分だけを親がサポートするケースが多い

綺麗の為、自信を持つ為とはいえ、脱毛が高額であることに変わりはありません。

親が子供の脱毛をあまり支持しない理由には、金銭面が重く圧し掛かっているということもあります。

子供の為とはいえ、そんな高額を気軽に出してもいいものなのか、高額商品を気軽に手に入ると子供が勘違いしないだろうかなどの悩みがあるようです。

そこで、アルバイトのできる高校生に対して、親が脱毛料金の半分だけを受け持つという家庭が増えています。

お金の大切さを学べる上に、半分でも自分の力で欲しいものを手に入れたという経験は、自立を促すことにもなりますね。

高校生でもサロン通いは可能!親子でしっかり話し合おう

高校生とはいえ未成年です。ある程度は親のサポートがどうしても必要になります。

それでも、サロンに通うこと、契約をすること、勧誘などの誘いを断る経験など全てが子供にとって大きな経験になるでしょう。

親が同伴しなくても、通うことを許可しているサロンは増えてきています。

まずは契約をする前に、脱毛サロンのことをよく知り、料金などの相談をしてからカウンセリングへ一緒に向かってみてはいかがでしょうか?

高校生ともなれば、数年後には社会人です。自立を促す為にも、親子で話し合ってみるといいですね。