女性なのにヒゲが濃い・青い理由は?口周りに産毛が生える原因と今すぐできる処理・対策

女性でもヒゲが濃い原因と対処法・自己処理

「女なのになぜかヒゲが濃い…」「どうすればヒゲを抑えることができるの?」そんなヒゲに悩む女性、実は間違ったお手入れ方法や対策をしているのかも。

このページでは、女性なのにヒゲが生えてくるという原因や、今すぐ実践できるヒゲを抑える処理対策など、女性のヒゲの悩みにまつわる疑問を一気に解消する「女性ヒゲ問題」の基本情報をご紹介したいと思います。

女性にヒゲが生える理由は大きく2つ

女性にとって口ヒゲは致命的な問題ですよね。

お化粧をしても限界があるし、彼氏にすっぴんなんてもってのほか。

鏡を見ては溜息の毎日は本当にしんどい。そもそも、なんで女なのにヒゲが生えてくるの?

まずは、女性なのにヒゲが生えてくるという原因を探ってみましょう。

ヒゲが生えてくる原因は以下の2つが挙げられます。

理由①生まれつきの体質

原因の1つ目は「生まれつきの体質」によるものです。女性でも男性ほどではないですが、ある程度のヒゲは生えてくるもの。

しかし、もともと毛が濃い体質の女性は他の女性よりも、より口周りのヒゲが目立ってしまう傾向にあります。
ヒゲが濃い女性の特徴としては産毛の毛量が多いことと1本1本の毛の長さが長いことにあります。

理由②後天的要因による体質変化

原因の2つ目は「後天的要因による体質の変化」によるものです。

後天的な要因としては過度なストレスや食生活の乱れ、不規則な生活習慣や睡眠不足、タバコやお酒の過剰摂取が挙げられます。

さらには、ホルモンバランスの乱れや冷え性であることも後天的な要因として挙げられます。

女性ホルモンの分泌が少ないことがヒゲの生える根本的な原因

女性にヒゲが生える根本的な原因は、女性ホルモンのバランスが崩れることにあります。

女性ホルモンの分泌は、ストレスや栄養不足、睡眠不足などの悪影響によって低下し、しまいには男性ホルモンの分泌まで促してしまいます。

すると女性ホルモンよりも男性ホルモンの割合が上回ってしまい、本来のホルモンバランスを崩してしまうことになってしまいます。

すると顎や口周りのヒゲだけでなく、すね毛やお腹周りなど体毛全体が濃くなってしまう恐れがあります。

女性ホルモンのバランスが崩れる3つの原因

女性のヒゲが濃くなる根本的な原因は、ホルモンバランスが崩れることにあります。

女性ホルモンのバランスが崩れる理由は様々で、主にストレスや不規則な生活習慣が原因になります。

ここからは、ホルモンバランスが崩れる主な3つの理由を解説していきます。

①友人・恋人・上司などの人間関係によるストレス

あなたは今、周囲の人たちとの関係でストレスを抱えていませんか?

ストレスを過度に抱えてしまうと、ホルモンバランスが崩れてヒゲが濃くなってしまいます。

20代の女性なら連日の残業、主婦の方なら家事・育児に追われる生活だと、ヒゲが濃くなりやすくなります。

②食生活の乱れ

生活や食生活の乱れも、ヒゲが濃くなる原因の一つです。

特に現代の女性はコンビニ弁当や外食の機会が増え、ホルモンバランスを崩しやすくなります。

正しい生活習慣と食生活を心がけましょう。

③睡眠不足

睡眠不足が続くと、交感神経が優位になり、男性ホルモンの分泌が活発になります。

その他にも、緊張を感じる時間の長いキャリアウーマンなども、交感神経が優位になりがちです。

仕事が忙しいのは仕方ないことですが、意識的に休息の日を作っていきましょう。

女性がやってしまいがちなヒゲのNGお手入れ方法

一般的な口ヒゲの処理方法としては、T字カミソリや電動シェーバー、毛抜きで抜くということが挙げられますが、実は全てNG行為として挙げられます。

T字カミソリや電動シェーバーなどの剃毛はNG

カミソリや電気シェーバーで口周りのヒゲを剃ることで、肌の表面も一緒に削ってしまうこともあります。

すると、肌表面のバリア機能が失われてしまい、乾燥肌や敏感肌の原因に繋がってしまいます。

ヒゲを毛抜きで抜くのはNG

毛抜きでヒゲや産毛を抜く対処法も肌トラブルの原因となってしまいます。

さらに、無理やり抜くという行為は、毛を抜く反動が毛穴を広げてたるみを作る原因となってしまい、毛穴内部に与えるダメージによって炎症を起こし、ニキビや吹き出物が出来てしまうこともあります。

さらには、お風呂場で石鹸や洗顔フォームを付けてから剃ることや、毎日剃ることも肌が色素沈着して、鼻の下が青黒くなってしまう原因にもなるのでNG行為として挙げられます。

女性のヒゲはノイセンスクリアセラム(NOISU)という除毛クリームがおすすめ!

ノイセンスクリアセラム

通常価格 8,500円(税別)
容量 22g(1か月分)~
主な原材料・成分
  • イソフラボン
  • 黒大豆エキス
  • エクオール
  • ザクロエキス
  • プエラリアエキス
  • フェリニーブ
  • トリプルヒアルロン酸
  • 水溶性コラーゲン
  • ビタミンC誘導体

現在、女性誌で特集されていたりと話題なのが、ノイセンスクリアセラム(NOISU)というクリームです。

こちらは女性用に開発されたヒゲスキンケアクリームで、累計販売数40万個以上、顧客満足度98%超、リピート率90%超という驚異の実績を残しています。

無着色、無添加で体に悪い成分が入っていないので、敏感肌、乾燥肌でも安心して使うことができます。

敏感肌にお悩みの方は、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか!

家庭用脱毛器「ケノン」でも女性のヒゲ脱毛は可能だが…

ケノン

現在多くの女性が利用しているケノンなどの家庭用脱毛器。

中には顔用マスクなどがついてきて、それを使いながら安全に顔脱毛できるとうたう商品もあります。

ただ、自宅の自己処理で顔脱毛をするのは、万が一のリスクを考えるとやめておいた方が良いでしょう。

特に未成年や妊娠中の方、日焼けしている方などは家庭用脱毛器でのヒゲ処理は控えてください。

女性にヒゲが生えるのを予防する方法

最近は「女性の男性化」などと言われるように、現代人の生活が女性でもヒゲ(産毛)が生えるような内容になっています。

恐ろしい言い方をすれば、現代の女性はみなヒゲが濃くなる可能性があるということ。事前に予防したいですよね?

ここからは、ヒゲが生えるのを予防するのに効果的な方法を紹介します!

軽い運動をおこなう

ヒゲの原因ともなる冷え性を改善し、女性ホルモンを分泌させることで、ヒゲが抑えられることができます。

そのためには、歩くスピードを速くすることや、エレベーターではなく階段を使うなどといった軽い運動をすることがヒゲを薄くする第一歩です。

ビタミンEとイソフラボンを摂る

女性ホルモンの分泌量をアップさせるためには、栄養素としてビタミンEとイソフラボンを摂取することも対策の一つとして挙げられます。

ビタミンEはナッツ類、オイル類。イソフラボンは大豆製品に含まれています。

毎日少量ずつ食べることによって効果が出ると言われているので、手軽に栄養素を摂取することができるサプリメントもおすすめです。

バスタイムをしっかりとってリラックス

ヒゲが生える原因はホルモンバランスが崩れることにありますが、ストレスをため込んで、そのままにしておくとストレスが解消されず、ヒゲが生えやすくなります。

ストレスを解消するためにも、入浴タイムをしっかりとって、リラックスする習慣をつけましょう。

たまには入浴剤を使ってみるのも良いでしょう!

女性のヒゲ予防におすすめの抑毛グッズを紹介

ヒゲが濃くなる前に予防をしたいものですが、仕事の忙しい中、無理に早く帰ろうとして、逆に人間関係のストレスが発生することも…。

そんな人のために今回は、幅広い女性が使える抑毛グッズを紹介します。

継続して使えば、ヒゲが濃くなるのを防ぐことができますよ!

①抑毛ジェル「つるりんと」(コバルト)

抑毛ジェル「つるりんと」(コバルト)

「つるりんと」は、利用者の98%が満足する効果の高い抑毛ジェルです。

あずき粒大のクリームを塗るだけで、特許成分のフラボステロンが産毛を抑制します。

保湿効果・美肌効果もあるので、相乗効果が期待できますよ!

抑毛ローション「パイナップル豆乳ローション」(鈴木ハーブ研究所)

パイナップル豆乳ローション

パイナップル豆乳ローションは13年間売れ続けているロングセラー商品です。

その効能は折り紙付きで、医学誌にも掲載されるほどです。

自然由来のムダ毛ケア成分は肌に浸透し、抑毛効果だけでなく美容効果も期待できます。

肌のハリツヤ、うるおいUPも同時に期待できますよ!

女性のヒゲは脱毛サロンで一気に解決!

脱毛サロンでヒゲを一気に脱毛するという方法もあります。

ヒゲを確実にケアしたいという女性には脱毛サロンを利用することがおすすめです。

脱毛サロンは一番効果が高く、ヒゲがかなり濃い女性でも3~4か月に1度のペースで2年程度通えばほぼヒゲがなくなります。

さらに、脱毛サロンは女性にも嬉しい肌ケアをしてくれることです。

ヒゲの処理をしながら、ツルツルの美肌も手に入れられるといのは女性にとっても嬉しいサービスですよね。

しっかりしたヒゲが生えてきたら多毛症・PCOSの可能性も…病院で診てもらいましょう

一般的に女性のヒゲと呼ばれるのは、産毛ほどの細い毛が口周りに生えることを指します。

もし男性のようなしっかりしたヒゲが生えてきたなら、多毛症や多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という病気である可能性もあります。

もし上のような症状が出る方は、すぐに医師の診察をうけましょう。