顔脱毛当日は化粧をしても問題ない?ノーメイク(すっぴん)で来店すべき?

顔脱毛当日の化粧

顔脱毛は、ムダ毛をなくしてカミソリをで剃る手間と切ってしまうリスクをなくすことが出来るので、たくさんの女性から人気があるサービスです。

ただ、顔を脱毛するということで、気になるのは当日にメイクをしていって良いかどうかですよね。

特に施術の前後に別の予定がある場合は、どうすれば良いのか悩ましいのではないでしょうか?

今回は、顔脱毛当日のメイクについて詳しく解説していきます!

顔脱毛って効果ある?効果が実感できる回数とメリット・実際に通ってみた体験談

顔脱毛当日は化粧をして来店OK!ただし施術前に落とす必要あり

結論から言うと、顔脱毛の当日は化粧をして来店OKです。

施術前は全てのメークを落とす必要がありますが、各サロンでメイク落としの時間はしっかり設けてくれているので安心してください。

施術後にメイク直しが出来る化粧台を設置

施術が終わった後のために、脱毛サロンはメイク直しができる化粧ルームを設置しています。

メイク道具を持ち込めばここで化粧直しができます。

また、大手サロンの中では関連コスメグッズの試供品を利用することもできます。

メイクルームの有無や広さなどはサロン、店舗によって違いがあるので、一度確かめておく必要があります。

顔脱毛当日に日焼け止めは塗らないほうが良い

化粧をする分には問題ないですが、日焼け止めや一部の保湿クリームのように、油分のかなり高い基礎化粧品は、当日には利用しないことをおすすめします。

油分が多いと、直前の簡単な化粧落としでは落ち切らないケースもしばしば。これは、毛穴に油分が入り込んでしまっていることが原因です。
この状態で施術をしても、油分が毛根を防御するような形になってしまい、十分な効果は得られません。

特にクリームタイプの日焼け止めの利用には注意しましょう。

顔脱毛当日に利用すべき基礎化粧品

顔脱毛の当日に利用をおすすめするのは、クリームタイプではなくリキッドやジェル、スプレータイプの基礎化粧品です。

油分が少なくさっぱりしていて直前でも落ちやすく、十分な効果が見込めます。

また、落ちるスピードが速いので、スムーズに施術を完了することができます。

脱毛サロン別に顔脱毛のメイク対応を紹介

ミュゼは専用のクレンジングローションでメイクを落としてくれる!

ミュゼの場合は、専用のクレンジングローションを使って、スタッフがメイクを落としてくれます。

ただ、全ての店舗が一律にこのサービスを実施している訳ではなく、中には自分で落とす店舗もあるようです。

キレイモ・脱毛ラボは施術者がメイク落としをしてくれる

キレイモと脱毛ラボ、ディオーネの3つは、どの店舗でも担当スタッフがメイクを落としてくれます。

しっかり落としてくれるので、脱毛効果にも期待が持てます。

銀座カラーはアイメイクをそのままにしておいてくれる

銀座カラーもスタッフがクレンジングをしてくれますが、アイメイクはそのままの状態にしてくれます。

アイメイクの直しが面倒だという方には、銀座カラーをおすすめします。

エピレ・TBCは自分でメイク落としをする

TBCと、そのグループのエピレはメイク落とし専用ルームがあり、自分で落とすようになります。

メイク落としはルーム内に完備しているので、わざわざ持ち込むことはありません。

顔脱毛に行く時は薄めのメイクがおすすめ!

顔脱毛に行く時は、薄目のメイクにするのがおすすめです。

メイクが濃いということは、すでにその分肌に負担がかかっていますし、メイク落とし、洗顔でかかる負担もノーメイク、薄いメイクよりは大きいです。

顔脱毛では肌に負担がかなりかかるので、直前に負担を加えるようなことは出来るだけ避けたほうが良いです。

前述のように、メイクが毛穴に入り込んでしまうことを防ぐためにも薄めのメイクかノーメイクで行くことをおすすめします。

顔脱毛の直後は化粧をしないのが理想的

脱毛後に予定がある方も多いので、脱毛サロンも顔脱毛後にメイクをすることを強く禁止することはありません。

ただ、脱毛後の顔の肌はかなり敏感になっており、負担がかかりやすくなっています。

特に顔は角質が薄いので、すぐにメイクをすることでほてりや炎症を引き起こす可能性があります。

肌に負担をかけないためにも、直後はなるべくノーメイクで過ごすことをおすすめします。

顔脱毛後の化粧はどこを気を付ければ良い?

顔脱毛をしてからしばらく経てば、一応いつも通りメイクをすることができます。

しかし、顔脱毛の期間中はやはり普段とは肌の負担が異なるので、いつもより注意をしてメイクをすることをおすすめします。

では、一体どこに注意すれば良いのでしょうか?詳しく解説していきます。

化粧水をいつもより多めに使用する

脱毛後で肌が敏感になっているので、いつもより化粧水を多めに利用して、皮膚を守りましょう。

脱毛後は肌の水分も少なくなっているので、水分を補給しておく必要もあります。

特におすすめなのは、ヒアルロン酸を含む化粧水です。ヒアルロン酸は保湿・保水効果が多いので、顔脱毛中の利用をおすすめします。

化粧水を使った後にクリームや乳液を使い、水分を逃さないようにしましょう。

部屋の保湿に気を配る

乾燥する冬場などに、部屋をそのままにしていると、皮膚が痛み出すことがあります。

特に顔脱毛後は水分が少なくなっているので、より痛みを感じやすいです。

顔脱毛の期間中は特に気を配り、加湿器などを利用していきましょう。

顔の産毛処理は最低限に抑える・毛抜きを使わない

顔脱毛は即効性があるものではないので、最初のうちは今まで通り口元やほほにムダ毛が生えてくることがあります。

ただ、毛は生えてきても肌が敏感になっているので、今まで通りカミソリを使ったりするのは出来るだけ控えましょう。

特に利用がNGなのは、毛抜き(ピンセット)を使った脱毛処理です。

脱毛は毛根を弱らせて自然に抜ける状態にする意味があるので、毛抜きを使ってしまったら意味がなくなってしまいます。

毛抜きやカミソリは出来るだけ利用せず、専用の電気シェーバーを弱い出力で使うようにしましょう。

顔脱毛前後の化粧は肌ダメージに気をつけて慎重に!

顔脱毛前後の化粧は特に禁止されている訳ではないですが、肌へのダメージを考えて慎重におこなう必要があります。

一番危険なのが、自己流で化粧やアフターケアをしてしまうことです。

しっかりとスタッフに相談をして、最適な方法を教えてもらうようにしましょう。