VIO脱毛に除毛クリームは使える?クリームによるデリケートゾーン脱毛の正しい方法

除毛クリームを知っていますか?自宅で誰にも見られずに、簡単にムダ毛を取り除けるクリームのことです。

脱毛サロンとは異なる方法でムダ毛を処理するので、知識のない人でも安心して使うことができる便利さが人気を高めています。

けれど、そんな除毛クリームも使い方を間違えたら大変なことに!本当は手軽に除毛できるクリームの正しい使い方を覚えなおしませんか?

除毛クリームのおすすめランキングとともに、正しい除毛クリームの使い方の流れ、そして使う時に間違えやすい注意点を解説していきます。

VIO脱毛で後悔した人の体験談を公開!アンダーヘアの恥ずかしい失敗まとめ

VIO脱毛におすすめの除毛クリームランキング

自宅でできるムダ毛ケアとして、とても簡単な除毛クリーム。数あるクリームの内、おすすめ8つをランキングにしました。

選定基準は、使いやすさ・お肌への優しさ・価格の安さの3つを選びました。

第1位 鈴木ハーブ研究所 パイナップル豆乳ローションプレミアム

パイナップル豆乳ローション

金額 3,800円
内容量 100ml
使い方 お風呂上りに化粧水代わりに塗る。

堂々の第1位は、パイナップル豆乳ローションプレミアムです。これはただの除毛クリームではありません。パイナップル由来のたんぱく質分解酵素が配合された化粧水です。

お風呂上りの清潔なお肌に塗るだけで、除毛成分がお肌の置くに隠された毛根まで届き、徐々にムダ毛を減らしていきます。

他の除毛クリームに比べれば、即効性は確かにありませんが、その分お肌にも優しく、敏感肌な人やお子様にも使える優しい仕様です。

ムダ毛だけではなく、古い角質・角栓まで落とせるため、全身くまなくツルツルに!

第2位 CECILE MAIA インバスリムーバー

CECILE MAIA インバスリムーバー

金額 2,980円
内容量 200g
使い方 除毛したい部分に塗り、5~10分待って洗い流す。

たんぱく質を溶かす成分がムダ毛を取り除くのですが、それではクリームを塗る手や爪先まで溶かされてしまう危険があります。

このインバスリムーバーは、本体にスポンジヘッドが装着されている為、手にクリームが触れることなく使用できる安心設計です。

独自の配合バランスで、クリームを塗った部分が少々濡れても問題ありません。水に強いですが、拭き取りは必要なく、シャワーでよく洗い流すだけの簡単お手入れという点も嬉しいですね。

美容成分を多量に配合し、除毛してもお肌を傷めないようにつくられています。

除毛クリーム特有の香りを10分の1に抑え、スイートフローラルな香りを配合し、除毛中も嫌な香りに悩まされることがありません。

第3位 HMENZ 除毛クリーム

HMENZ 除毛クリーム

金額 2,980円
内容量 210g
使い方 除毛したい部分に塗り、10分待って拭き取り、洗い流す。

メーカーの名前のとおり、メンズ商品です。しかし「女性にも使える」と公式ホームページのQ&Aで回答されています!

男性の剛毛にも対応できる除毛力が、女性のデリケートな部分にもしっかりと効果あり!もちろん肌荒れ防止成分を配合し、お肌を守ることも忘れてはいません。

除毛クリームは使用中の液だれが心配になりますが、こちらの除毛クリームはやや硬めのテクスチャーで液だれしにくい仕様になっています。部屋で使っても床を汚す心配がありません。

第4位 イビサ ヘアーリムーバルクリーム

イビサ ヘアーリムーバルクリーム

金額 5,800円
内容量 135g
使い方 除毛したい部分に塗り、5~10分待って拭き取市、洗い流す。

除毛クリームは定期的に自己処理を繰り返します。ヘアーリムーバルクリームは、1本=約1か月分と分量をわかりやすくしている為、再購入のタイミングが掴みやすいのが特徴です。

日本国内工場で生産しているので、使う方としても安心感が増しますね。

金額は少々高めですが、まとめ買いや定期購入を選ぶと30~40%も安く購入することができます。

特に初回限定の値引きサービスは69%OFFの1,790円!これを見逃すことはできませんね。

第5位 Veet バスタイム除毛クリーム敏感肌用

Veet バスタイム除毛クリーム敏感肌用

金額 788円
内容量 150g
使い方 除毛したい部分に塗り、5分待って専用スポンジで拭き取り、洗い流す。

Veetは女性用カミソリで有名なメーカーですね。そんなVeetから除毛クリームが出ています。

お風呂で使える仕様になっているので、自己処理のためにわざわざ時間を割かなくても大丈夫!専用スポンジは柔らかさの異なる二面があり、デリケートな部位には柔らかい面を使って拭き取ります。

アロエエキス、尿素などの代表的な保湿成分が配合され、除毛後のお肌を優しく包み込んでくれるのが嬉しいですね。

第6位 MOOMO ヘアリムーバルクリーム

MOOMO ヘアリムーバルクリーム

金額 7,128円
内容量 120g
使い方 除毛したい部分に塗り、5分待って拭き取り、洗い流す。

除毛クリームは、基本的に皮膚の上側に出ている部分の毛だけを取り去り、毛根は残ったままという脱毛方法です。

しかし、このヘアリムーバルクリームは毛根まで浸透し、根本から除毛してくれるクリームです。

それだけ強い効果のある除毛クリームでは、お肌への負担が心配なところですが、ボディクリームにも使われる高級シアバターを配合し、お肌を守りながら除毛できるようにつくられています。

香りにもこだわり、フランス産のラベンダーを水蒸気蒸留法で精製。除毛タイムを癒しのアロマタイムに変えてくれる商品です。

第7位 WHITH WHITE 除毛クリーム

WHITH WHITE 除毛クリーム

金額 2,950円
内容量 150g
使い方 除毛したい部分に塗り、5~10分待って拭き取り、洗い流す。

企画・製造・販売までのすべてが日本人・日本法人で行われ、ISO9001品質管理の生産管理の中で、品質にこだわってつくられた除毛クリームです。

剛毛なムダ毛もツルツル美肌へと変身させてくれる優れもの!サクラ葉、甘草、アロエなどの保湿成分を配合し、除毛しながらお肌をしっとりと守ります。

第8位 maina 除毛クリーム

maina 除毛クリーム

金額 2,980円
内容量 150g
使い方 除毛したい部分に塗り、5~10分待って拭き取り、洗い流す。

毛根から溶かして除毛するタイプのクリームです。サクラ葉、アロエ、葛根エキスなどの保湿成分を多く配合し、お肌の保護もしっかり!

安心の日本製品で、デリケートな部位にも使えます。

公式ホームページでは割引等は行われていません。注文ごとに送料1,000円がかかってしまうところが残念です。

除毛クリームで陰毛が抜ける仕組みとは?

自宅で簡単に脱毛できる方法として、除毛クリームがあります。言葉のとおり、これは「ムダ毛を取り除く」という方法です。

見た目はただのクリームが、どうしてムダ毛を取り除けるのか知っていますか?

ムダ毛の主成分はたんぱく質です。そこで、このたんぱく質を溶かすための成分を配合したクリームが除毛クリームとなります。

肝心な除毛クリームの主成分は、チオグリコール酸カルシウムと呼ばれる成分です。ほとんどの除毛クリームが、この成分を主体としています。

チオグリコール酸カルシウムは、皮膚に塗布し、5~10分ほどで体表の毛を溶かします。

ムダ毛が溶けたところで拭き取ると、綺麗にムダ毛が無くなった状態になります。

チオグリコール酸カルシウムは毛根まで浸透しない為、毛根はそのまま生きている状態です。しばらく経つと、再び毛が生えはじめるので、定期的な自己処理が必要となります。

再び生えはじめた毛の先端にも違いが現れます。

除毛クリームで処理した毛の先端は、カミソリや電気シェーバーで剃ったものよりも丸みを帯びていて、伸びてきてもチクチクした感じが弱いという事が特徴です。

生えはじめの不快感を減らす脱毛方法としては、優秀ですよね。

除毛クリームでVIO脱毛をおこなう流れ

除毛クリームでVIO脱毛する時、どこまでの厚さでクリームを塗ったらいいのでしょうか?いきなり塗ってもいいのでしょうか?

実は商品によって、クリームの分量や待ち時間や注意事項は様々です。

除毛クリームを使用する基本の流れを、ステップごとの注意点を含めて解説していきます。

1.パッチテストを行う

除毛クリームを使う前に、必ず二の腕の内側でパッチテストを行います。

過去に除毛クリームを使っていた人も、新しいクリームを使う場合には必ず行ってください。クリームによって成分の量や配合が異なります。その商品が自分に合うかどうか、必ず使用前に確認しましょう。

10円玉くらいの量を二の腕の内側に塗り、10分ほど待ってから洗い流します。

1~2日待ってみて、赤みや痛みなどの異常が起きていないかを確認します。何かしらの異常が起きていたら、自分には合わない商品だということです。

2.説明書をよく読む

商品によって、拭き取りタイプや洗い流しタイプなど様々です。

必要なものが必要な時に手元にある状態にする為、除毛クリームを使用する前に説明書で使用の流れを確認し、必要となるティッシュやタオルなどを手元に準備しておきましょう。

3.除毛部分を洗う、水分を拭き取る

除毛クリームの効果を正しく得るために、クリームの成分を阻害する汚れは綺麗に落としておきます。

汚れを洗い落したら、乾いた清潔なタオルで水分を綺麗に拭き取ります。

4.除毛クリームを塗って待つ

商品の説明書にあるとおりの分量を、説明書とおりの時間塗布して待ちます。

毛が多い・濃いからと、勝手にクリームの使用する分量を増やしたり、塗布時間を延長したりしてはいけません。必ず用法用量を守りましょう。

5.クリームを拭き取る、洗い流す

塗布時間が経過したら、すぐにクリームを拭き取ります。

お肌も多少の影響を受けているはずなので、力をこめすぎずに優しく拭き取り、シャワーなどで丁寧に洗い流します。

拭き取るか洗い流すかは商品によって異なるので、説明書をよく読んでおきましょう。

除毛クリームの多くはクリームを洗い流す時に石鹸の使用を禁止しています。お肌が敏感になっている時に、石鹸などの「汚れを落とそうとする成分」がお肌に入り込むと危険だからです。

水かぬるま湯だけですが、除毛クリームが残らないように隅々まで丁寧に洗い流します。

6.アフターケアローションでお肌を保護

除毛クリームを使用した後は、お肌がとても敏感になっています。低刺激のローションなどで、しっかりとお肌を保湿します。

この時にお肌の異常に気が付くことが多いです。何かしらの異常に気が付いたら、早めに医療機関を受診しましょう。

ローションを塗る時は、いつも以上に力の入れすぎに注意します。敏感なお肌にはより優しいタッチでローションを塗ります。

VIO脱毛で除毛クリームを使う際の注意点

一見、手軽で危険性の少ない脱毛方法に思える除毛クリームですが、注意を守らなければとんでもないお肌トラブルなどを引き起こす可能性があります。

どんな行為が危険なのか、除毛クリームを使う上での注意点をいくつか見ていきましょう。

塗布時間を延長してはいけない

一番やってはいけない事は「塗布時間を延長する」ことです。

除毛クリームの主成分は、たんぱく質を溶かすチオグリコール酸カルシウムです。体の中でたんぱく質は体毛だけでしょうか?違いますね。お肌や爪にもたんぱく質は存在しています。

除毛クリームの効果が感じにくいから塗布時間を延長すると、ムダ毛だけではなくお肌を溶かしはじめてしまいます。

お肌が溶けはじめると、ヒリヒリとした痛みを感じたり、赤いぽつぽつとした炎症が現れたりします。そうなると脱毛どころではありません。

ボディ用をデリケートゾーンに使用しない

次に多い間違いは「ボディ用をデリケートゾーンに使用する」ことです。

除毛クリームは医薬部外品なので、医療知識のない一般人が多少誤った使い方をしても、大きな問題は起きない程度の効果しかありません。

しかし、それでも確実に体に影響のあるものです。

お肌にも影響のある除毛クリームのボディ用をデリケートなVIOに使用してしまうと、お肌のトラブルどころか、そこから感染症を引き起こしてしまうことにもなりかねません。

VIOにはVIO専用の除毛クリームがあるので、専用のものを使用しましょう。

肌トラブルが起きている状態で使わない

綺麗のために我慢はつきもの!と、何事にも我慢してしまおうという人がいますが、これは大変危険な行為です。

誰でもちょっとしたケガなら放置することは多いですよね。けれど、それがこれから除毛クリームを使用するというVIOにはあってはならない我慢です。

VIOはただでさえデリケートな部位。そこに何かしらのお肌トラブルが起きていると知っていて除毛クリームを塗るなんて、傷口に塩を塗りこむようなもの!

何もないように見えても、クリームを塗布して痛みや熱などの異常を感じたら、すぐに洗い流して、必要ならば医療機関を受診しましょう。

我慢は美徳と言われる日本ですが、我慢のしすぎは体を壊してしまうだけです。

VIO専用クリームはIライン・Oラインには使えない

実は、VIO専用除毛クリームと謳っていても、Iライン、Oラインには使えません。それは、粘膜に近いからです。

粘膜は腕などの皮膚よりも更にデリケートです。そんな部位にたんぱく質を溶かす成分の入ったクリームを塗るなんて…想像しただけでも痛そうですよね。

お肌は強いから大丈夫!と考えてはいけません。Iライン、Oラインへの除毛クリームの使用は避けましょう。

除毛クリームはVIO脱毛に便利!ただし使い方に注意

使い方を間違えるととんでもない事になってしまう除毛クリームですが、正しく使えば自己処理が簡単になること間違いなしです。

脱毛サロンに通わずに、自宅で除毛クリームのみで自己処理するという人もいるほど、除毛クリームは人気があります。

最近の商品はお肌の保護成分や保湿成分が多く配合されているものがたくさんあります。自宅で簡単にムダ毛を処理できる方法として、除毛クリームはこれからも増えていきそうですね。

けれど、定期的に自己処理を繰り返す必要があるので、お肌への負担を考えて、なるべくお肌に合うもの、保湿成分に満足いくものを選びたいですね。