白髪があってもVIOの脱毛ってできる?白髪ができる原因と効果的な脱毛方法をチェック

白髪のVIO脱毛

黒い毛の中に1〜2本あるだけで目立つし気になる白髪…見つけた瞬間にすぐ抜くけど気づけば増えてる?なんて方も多いのではないでしょうか。

誰しも白髪くらい生えると思っていても、いざ自分に白髪があるとなんだがショックを受けてしまいますよね。

普段は白髪なんて生えなくてもなせかVIOにだけ生えてくるなんてことも。

そんな白髪は実は一般的な脱毛だと効果がないってご存知でしたか?

「どうせ白髪は脱毛できないから…」と諦めている方におすすめなのが、ニードル脱毛という脱毛方法です!

毛質関係なく高い脱毛効果が得られるニードル脱毛は白髪にこそ最適な脱毛だったんです。

このページでは白髪と脱毛の関係と、気になるVIOの白髪について詳しく解説していきます!

そもそも白髪と脱毛の関係って?

まず最初にお伝えすると、白髪の脱毛は一般的な脱毛方法では処理できません。

白髪が生えるメカニズムから説明すると、通常毛にはメラニンという黒い色素が含まれることで黒く見えます。

メラニンは毛を作り出す毛母細胞の中にあるメラノサイトから生成されますが、このメラニンの生成が少なくなってしまうことで髪が色素を失い結果白髪となってしまうのです。

メラニンが黒いから毛も黒くなり、そのメラニンの量が少なくなれば毛の色も無くなるということですね!

これは元々遺伝的にメラニンが生成しづらい人もいれば、加齢などの後天的な原因もあります。

ではなぜ一般的な脱毛方法では白髪は効果がないのでしょうか?

それはこのメラニンが脱毛方法に大きく関係するからです。

白髪は普通の脱毛だと処理できない理由

一般的な脱毛方法といえば光脱毛やレーザー脱毛が有名ですが、実はこの脱毛方法では白髪に効果はないんです。

そもそも光脱毛やレーザー脱毛はメラニン(黒い毛)にだけ反応する光を肌に当て、それが黒い毛に当たると熱に変わり毛根にダメージを与えることで脱毛を促します。

しかし白髪には光やレーザーが反応するはずのメラニン色素が抜けてしまっている状態なので、毛根にダメージを与えられず脱毛効果は得られません。

そのため毛が黒くないといくらやっても脱毛できないのが前提です。

みなさんが脱毛サロンに通ったりして受けている脱毛はこの光脱毛とレーザー脱毛が主なので、一般的な脱毛では白髪に効果がないのです。

ですが白髪の脱毛が不可能というわけではありません!

実はニードル脱毛という脱毛方法なら白髪でも効果があるんです!

ニードル脱毛なら白髪でも脱毛できる!

ニードル脱毛は針脱毛や電気脱毛とも呼ばれ、毛に光を当てるのではなく毛穴一つ一つに刺激を与えていく脱毛方法です。

一般的な脱毛方法だと脱毛したい箇所に光を当てまとめて脱毛することができますが、ニードル脱毛はムダ毛1本1本処理していくイメージです。

毛穴の奥にある毛根に直接細い針を刺し微弱な電流を流して発毛組織そのものを破壊するので、ムダ毛の色はもちろん肌色も関係ありません。

光やレーザーのようにメラニン色素に反応させて脱毛するわけではないので、ニードル脱毛なら白髪でも確実に効果があります。

ムダ毛を1本1本処理していくニードル脱毛はある意味最強の脱毛といえるでしょう。

ですがそんなニードル脱毛にはメリットはもちろん、デメリットもあるんです。

ニードル脱毛のメリット

元はこのニードル脱毛は生まれつき毛が薄い人のために開発された脱毛方法です。

毛穴一つ一つにアプローチをかけるので、基本的に毛色や肌色に関係なくどんな方でも対応できます。

一般的な脱毛だと地黒の方や肌に濃いしみがある場合は黒い毛以外にも光が反応してしまい、火傷になってしまう恐れがあるので脱毛の施術自体を断られてしまうケースがありますが、ニードル脱毛なら問題ありません。

またニードル脱毛は毛の生え変わりのサイクルとされる毛周期に合わせて施術をするので、毛の再生がほとんどなくなるという仕組みがあります。

光を使った脱毛はあくまでも毛の生成を抑制するだけなので、定期的な処理を行わない限りは毛は生えてしまいます。

ニードル脱毛だと処理した毛はその場で抜けるのでたった1度の施術で永久脱毛レベルの効果が持続します。

この美容電気脱毛はアメリカでは永久脱毛と認められているほどの高い効果なのです。

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛は毛穴一つ一つに針を刺していくことから、施術時間が長くかなりの痛みを伴います。

ニードル脱毛を実際に経験した人で「痛みを感じる時間が長く、すっと耐えなければいけない」といった口コミもありました。

十分な効果が期待できる分、施術時間の長さと痛みは覚悟しなければいけないようです。

効果がある一方で完全ではありません。毛の再生能力がほとんど無くなったからといって、毛の再生を促すホルモンを除去することは出来ません。

男性ホルモン過剰による多毛症やホルモンバランスが崩れたりした場合には毛が再生することがあるようです。

いくら永久脱毛レベルの効果があるとはいえ100%ではないということも理解しましょう。

意外と生えるVIOの白髪について原因と対策

白髪といえば髪の毛に生えているイメージが強いですが、VIOにも何本か白髪が生えているなんて経験ありませんか?

髪には1本も無いのにVIOには生えている!なんて方もいらっしゃるかもしれません。

VIOは脚や腕とは違って毛が密集しているため特に白髪も目立ちやすく、1〜2本程度なら抜いてしまいがちですが、VIOはデリケートゾーンといわれているだけあって刺激を受けやすく敏感な部位です。

VIOであっても白髪の脱毛はニードル脱毛がおすすめですが、特に痛いニードル脱毛を刺激を受けやすいVIOで処理するのは正直怖ですよね…。

「白髪を黒く染めてしまえば光やレーザー脱毛できるのでは?」なんて考える人もいるようです。

ここからはVIOの白髪について原因と正しい処理についてご紹介していきます!

意外と気になるVIOの白髪について原因と正しい処理をご紹介します!

どうしてVIOにも白髪が生えるの?

VIOに白髪が生えるのは髪の毛の白髪と同じで、年齢を重ねたことによる自然な原因であることがほとんどですが、若い人でもVIOに白髪が生えることはあります。

その場合は生活習慣の乱れが大きく関係していることがほとんどです。

20〜30代の若者に影響をあたえるのは食生活、睡眠不足、ストレスの3つが主な原因ではないでしょうか。

このように生活習慣が乱れたり体にストレスが溜まると、細胞の老化が進行して血行が悪くなり白髪が生えやすくなります。

遺伝ではない場合は上記の原因が考えられます。

生活習慣の改善で白髪を防ぐ!

残念ながら一度白髪になってしまった毛は、基本的に一生白髪として生え続けます

いまある白髪を自力で黒くすることは難しいですが、次のようなことを意識すればできる限り白髪が生えないように予防することはできます。

  • 食生活の改善
  • 睡眠不足の解消
  • ストレス解消法を見つける

まず栄養が足りてないと毛根に栄養が届かないので、メラニン色素が働きかけやすいミネラルを多く摂取するのがおすすめです!

よく昔からワカメなどの海藻類は髪に良いって言いますよね!

血行が悪いのも良くありません。寝る間に軽くストレッチをすると血行が良くなり良質な睡眠にも繋がりますよ。

あとはストレスを溜めないことが大切です。なかなか難しいことではありますが、自分なりに楽しめる趣味やリラックスできることを見つけましょう。

白髪を染めれば脱毛できる?

一般的な脱毛が黒い毛に反応するなら、VIOの白髪も黒く染めてしまえば良いのでは?といった意見もありますがそれは間違いです。

白髪染めはあくまでも肌の表面に出ている毛を黒くするだけです。光やレーザーは確かに黒いものに反応しますが実際にダメージを与えるのは毛根です。

白髪を染めたただけでは肌の下に隠れている毛根までは黒くできず、メラニンに反応させる脱毛方法では効果は得られません。

たとえ表面の毛を焼いて処理することはできても、また新しい毛は生えてしまうので意味ありません。

白髪は抜かないで!VIOの自己処理は危険

VIOの白髪は生えても数本がほとんどなので「1本〜2本しか生えてないから抜いてしまおう」と気軽に処理してしまいがちですが、これはNGです。

VIOの毛は他の部位と比べ毛が太く毛根が深いため、たとえ数本でも抜くのは肌がかなりのダメージを受けてしまいます。

剛毛なのに対して皮膚は薄く刺激を受けやすいため、毛穴に炎症を起こしてニキビのような赤いポツポツができたり、毛が皮膚の下に埋まってしまう恐れがあります。

しかもただ毛を抜くだけでは毛はまた生えてくるので、自分で抜くのを繰り返すよりは1度で永久的に無くなるニードル脱毛でしっかりお手入れするのがおすすめです。

白髪の処理にニードル脱毛が良い理由

VIOに生えている毛が全部白髪というよりは、数本生えていることが多いですよね。

ニードル脱毛はそんな数本レベルの脱毛に最適なんです。

一般的な脱毛だとある程度の範囲に一気に光を当てて脱毛するのに対し、ニードル脱毛がムダ毛1本1本処理していきます。

要はたったの1本だけでも脱毛したいと思ったらできるということです!

ニードル脱毛の費用は1本の単価×本数で最終的な総額が決まるので、脱毛する本数が多ければそれだけ費用も高額になります。

1本あたり100円はかかるので2000本脱毛すれば20万円はかかってしまうことになります。

そのためニードル脱毛は広範囲の脱毛には向かず、気になる部分にだけ確実に処理するほうが効率的なのです。

最近増えつつある介護脱毛って知ってる?

最近では将来介護されることを見越して白髪が生えてくる前に脱毛処理をしてしまい、事前に備えておく介護脱毛が増えつつあります。

将来もし自分が介護される立場になった時、お風呂やトイレなどの介助を受ける可能性もありその際にムダ毛処理をしておくことでお手入れが楽になるからです。

特にVIOは女性の介護にとっては重要でオムツをしていると生理中のように蒸れやすく、ムダ毛に汚れがつくと細菌が繁殖して感染症のリスクが高くなります。

このように介護する側の負担も軽減し、清潔さを保つためにもVIOの脱毛は重要なのです。

脱毛はある程度の費用と時間がかかるので、今のうちに処理しておこうという考えが増えてきています。

これは20代の若い人よりは40代〜50代に多い傾向にあります。

ニードル脱毛は白髪でも関係なし!痛いけど効果は抜群

白髪といえば加齢の象徴とされていますが、最近では若い層も部分的に白髪が生えてしまったり悩みは人それぞれです。

髪の毛だと定期的に染めることも多いですが、VIOに白髪が生えていると目立ってしまいますよね。

基本的に白髪は一般的な脱毛では処理することができず、脱毛サロンでも断られてしまうケースがあります。

そんな白髪を脱毛するためにはニードル脱毛が一番効果的です。

よく雑誌やネットの広告にある光を使った脱毛方法とは違い、ニードル脱毛は肌質や毛質に関係なくムダ毛1本1本を処理していくので白髪でも問題なく脱毛できます。

その脱毛効果は間違いなく永久脱毛として認められているほど長い期間効果が持続するのでおすすめです。

効果がある分施術の際はかなりの痛みがありますが、1度の施術で毛が無くなるので定期的にずっと通う必要がありません。

地味に気になっているVIOの数本だけある白髪…ニードル脱毛を賢く使ってしっかりムダ毛を処理しましょう!